セレクト セール 2020 速報。 セレクトセール2020速報

開催概要|SELECT SALE| JAPAN RACING HORSE ASSOCIATION 一般社団法人日本競走馬協会

牡 牡 DMMは2頭の牝馬を購入。 マイラプソディーの半妹ですね。 トーセンカンビーナ&ファルコニアの全弟で、2頭のお兄さんはまだ重賞勝ちはありませんが、トーセンカンビーナは阪神大賞典2着、ファルコニアは京都新聞杯3着と、それぞれ着実に実績をあげています。 しかしながら、この当歳世代が初年度産駒となる新種牡馬の産駒たちが、今年のセールでも軒並み高評価を集めた。 しかも、当歳馬の上場はなく、1歳馬13頭のみ。 現1歳世代が初年度となる新種牡馬産駒は、やや意外なところでサトノアラジンが好まれ、続いてイスラボニータ、シルバーステート、ドレフォンの産駒が値をつけた一方、キタサンブラックは目立たなかった(ただし、当歳部門で良血馬の高額落札が相次いだ)。

>

【セレクトセール2020】ディープ産駒シーヴ19が1歳セリ史上最高5億1000万円

また、次代のリーディングサイアー候補たちにも、活発な取引の声がかかっていた。 その中には長谷川牧場生産で今年の牝馬2冠 の全妹である も含まれております。 次位は1歳セッションのみの上場となった。 平均価格は7100万円。 19 10月19日 月 、HBA日高軽種馬農業協同組合が主催する オータムセール2020の 第1日目が開催 ・・・ 10. セレクトセール2020速報• 馬主をあと何年続けられるか分からないですからね」とコメントした。 。

>

【セレクトセール2020】ディープ産駒シーヴ19が1歳セリ史上最高5億1000万円

社台Fの生産馬が、初日の落札価格トップ5に2頭も入ったのは、2015年以来5年ぶりですね。 それでも、昨年を上回る購買登録者数があったように、コロナの影響を感じさせないほどの盛況となった。 初年度産駒の好調を受けて、エピファネイア産駒やキズナ産駒もまずまずの善戦でしたが、予想外だったのは、ロードカナロア産駒の伸び悩み。 今年の「八戸市場」は、「セレクトセール2020」と同様に、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防ぐべく、入場制限をはじめとする様々な対策が取られていた。 。 国本オーナーは、「10億までは引かないつもりでした」とコメントされています。

>

総括|セレクトセール 2020|競馬情報ならJRA

2日間に渡って行われた「セレクトセール2020」は、13日の1歳セッションに続き、14日の当歳セッションをもって終了した。 2頭ともノーザンからの落札になりますが、そこの関係がよく分からないんですけどね。 落札したのは、ダノックスでした。 そしてこの勢いは、まだこれからも止まることはなさそうだ。 最高額は ナンの国本哲秀氏が落札した です。 最も高額だった産駒が7600万円ということで、このままでは、ポスト・ディープどころか、ポスト・キングカメハメハの座も確実とは言えなくなってくるかもしれません。

>

セール結果|SELECT SALE|JAPAN RACING HORSE ASSOCIATION 一般社団法人日本競走馬協会

1億円超えの落札馬は18頭。 売上は104億2800万円で、過去最高を記録した昨年の107億3200万円は下回ったものの、これに次ぐ過去2位の売り上げを記録したそうです。 23年目のセレクトセールは、その歴史において1つの転機を迎えた。 今年のPOGでも人気のあったサトノスカイターフの全弟で、ケンタッキーオークス馬キャスリンソフィアの半弟。 23 HBA日高軽種馬農業協同組合が主催する 北海道市場 Hokkaido Sale の 2020年度総合成績をご紹介・・・ 10. 父馬名にリンクが付いている場合はクリックすると、父馬のウォーキングムービー(常歩)がご覧いただけます。

>

セレクトセール2020特集|競馬情報ならJRA

1億超えの4頭の中では、個人的には、に最も惹かれました。 こちらの弟のほうも抜群の好馬体で、ノーザンF産なら、3億の大台も狙えたのではないでしょうか。 249頭が上場され229頭が落札。 。 27 10月27日 火 、ノーザンホースパークが主催する ノーザンファーム繁殖牝馬セール2020が開催されました ・・・ 10. あしからず、ご容赦くださいませ。 30 11月30日 月 午前9時30分、NHKマイルCを制したラウダシオンなどを送り出している リアルインパクト Real Impact が・・・ 11. セレクトセール出身で僕が出資できそうな は居なさそうですね。

>