伊藤 美 誠 試合。 がんばれ伊藤美誠、石川佳純...8か月ぶり中国で卓球国際大会。ホテル隔離にもめげす「楽しんでいろんな選手と試合したい」: J

【動画】卓球・伊藤美誠 8ヶ月ぶりの国際大会“命懸け”中国遠征の舞台裏に密着/Humanウォッチャー

- (中国語). 7月 ITTFジュニアサーキット・チャイニーズタイペイオープン• 女子ダブルス: 優勝(石川佳純)• 『卓球ぴあ みうみまひな・女子高生トリオ』 (ぴあMOOK 2017年 )• [ ]• カデット女子団体: 優勝(平野美宇・早田ひな)• 伊藤選手は、台湾選手に勝ってベスト4進出。 『』 テレビ東京 79(2015年4月25日)• それだけライバル意識が強かった。 しかし、2020年は女子ワールドカップの出場を果たし、日本人の中では世界ランキングがトップ!メキメキ実力をつけて、中国選手にも勝てる,恐れられる存在になりました。 ダブルス最年少優勝 13歳160日• 石川佳純選手は昨年より良い結果、準決勝進出以上,優勝を目指しているだろうし、伊藤美誠選手も優勝を狙っていることでしょう。 女子ダブルス: 優勝(早田ひな)• 『』 11(2014年6月15日)• 女子団体:準優勝(・加藤美優・平野美宇) 2014年 [ ]• カデット女子シングルス: 優勝• U21女子シングルス:準優勝• 6月、ではシングルスとダブルスに出場。 女子団体:3位(・・・) 2010年 [ ]• 6-2 その他の主要な選手• 女子ダブルス:準優勝(桑原穂実)• 2月 ITTFワールドツアー・ドイツオープン• 『』 (2015年3月22日)• 大会情報が直前まで二転三転していたが、五輪のシード争いにも直結するだけに、出発前の取材では「命がけで行くみたいなもの」と覚悟を明かしていた。 また、同大会では決勝で( )を4-1で破り同年のツアー初優勝を果たした。

>

試合結果 2019年

ワールドカップ で銅メダル、ITTFファイナルズで3位だった伊藤美誠は、前回より1つ落として3位。 2歳で卓球を始め、その時には既に「卓球で世界チャンピオンになる」と口にしていた、自宅のリビングには卓球台を置き、4歳から12歳迄母がコーチで4歳から8歳まで1日8時間の練習を積んだ、練習はマンネリしないために試合に勝った時の新聞の切り抜き等を貼った。 タフな気持ちを持ってこの試合に参加して、自分自身新しい経験を東京五輪へつなげられれば. 12月にはITTFワールドツアー・グランドファイナル女子ダブルスで優勝。 その内決勝が5回、勝った方が優勝が12回である。 「足を使って打つことができなかった。

>

伊藤美誠「すごくうれしい」8カ月ぶり国際大会で笑顔の快勝発進/スポーツ/デイリースポーツ online

: 大阪スポーツ大賞• その舞台裏にカメラが迫った。 優勝(2018、2019) 女子ダブルス [ ]• 22 LIONカップ 第24回卓球ジャパントップ12 SENDAI シングルス 優勝 12. 今回の大会は感染対策が厳しく、空港は上海浦東国際空港だけで、関係者全員が指定のホテルで14日間隔離。 また、12月に行われたには日本史上最年少となる小6で出場し 、女子団体で銀メダルを獲得した。 20歳初戦の女子W杯には世界ランキング1位陳夢(ちんむ)、3位孫穎莎も出てくる。 2-1• - 元静岡のLEDの検査装置を開発製造する会社の社員で豊田町卓球スポーツ少年団に入団した頃から指導を受けている。 最年少メダリスト 15歳300日• 女子シングルス:準優勝• - 卓球王国WEB、2016年10月17日閲覧• ぬまたくクラブ• 4月の第23回( ・)では女子団体で2大会連続となる銀メダルを獲得した。 6月 ITTFワールドツアー・中国オープン• 女子ダブルス: 優勝(早田ひな)• 4ゲーム目もデュースにもつれ込む。

>

【卓球】伊藤美誠 前回Vの早田ひなと同ブロック 全日本選手権スーパーシード選手を発表 (2020年12月3日)

女子シングルス: 優勝• 第4ゲーム終盤、3連続ポイント奪うと最後は強烈なフォアハンドで第4ゲームを取る。 ユ・モンユには6月にも再度勝利を挙げている。 優勝8回(ドイツ2015、ベラルーシ2015、オーストリア2016、チェコ2017、日本2018、スウェーデン2018、オーストリア2019、ハンガリー2020)• また、女子ダブルスでも日本勢12年振りとなる銀メダルを獲得した。 両親は元卓球選手で、母は中学1年から卓球を始め、に出場経験があり、結婚後もクラブチームで活動した。 「今回は命懸けで中国に来た」完全隔離や1000kmのバス移動。

>

試合結果 2019年

10月 ITTFチャレンジ・ポーランドオープン• 10月 ITTFワールドツアー・スウェーデンオープン• 女子シングルス: 優勝• ロンドン五輪団体銀メダリストの平野早矢香さんは、「命がけ」の出場の意味について「身体のことでも、手先の感覚や打球感を失いたくないことを考えても、ボールを打つ感覚は失いたくないからでしょう」と言う。 11月 全日本選手権• 2016• 「はっちゃけたいじゃないけど、楽しみたい」。 【大会概要】 2年に一度、奇数年に行われる団体世界一を決める大会。 女子シングルス最年少ベスト8 14歳192日• ライバル [ ] この節のが望まれています。 ジュニア女子シングルス: 優勝• 混合ダブルス:準優勝(森薗政崇)• 卓球王国2018年4月号、P79、P110 2017年8月にキョヒョウターボオレンジからG-1に戻したとのこと• 12月、グランドファイナルのダブルスでは決勝で敗れ2連覇を逃した が、ITTFスターアワードではその年に最も躍進した選手に贈られる「ブレークスルー・スター」を受賞した。 男女それぞれ、12チームが参加。

>

伊藤美誠「すごくうれしい」8カ月ぶり国際大会で笑顔の快勝発進/スポーツ/デイリースポーツ online

東京体育館にて。 女子シングルス:準優勝• 2016-2019 昇陽高等学校 所属歴 歴• シングルスではベスト16で朱雨玲( )に2-4で敗れ2大会連続のベスト8とはならなかったが、早田ひなと組んだダブルスで銅メダルを獲得した。 女子団体:3位(福原愛・石川佳純)• 中学生での全日本ジュニア優勝はに次いで6人目。 12月 第14回世界ジュニア選手権• 2015年シングルスでもワールドツアーで最年少優勝。 2017年8月25日時点の [ ]よりアーカイブ。 女子ダブルス:準優勝(早田ひな)• 2012-2014,2016• ITTF(国際卓球連盟)は2日、最新の世界ランクを発表した。 女子シングルス:準優勝• 1月 全日本選手権 (史上最年少の3冠)• 10月 ワールドカデットチャレンジ• 全日本選手権女子シングルス 勝利 10歳189日• 11月のスウェーデンOPでは、( )、( )に連勝して勝ち上がると、決勝では世界ランク1位の( )を4-0で圧倒して優勝した。

>

伊藤美誠、トップ12初優勝

女子シングルス: 優勝• みうみま [ ] 詳細は「」を参照 同じ歳のとは幼少時よりダブルスペアを組んで国際大会で結果を残しており、2013年2月に史上最年少での表彰台に、2014年3月にドイツオープンで優勝し13歳160日の伊藤は2002年に13歳224日で優勝したの記録を抜く史上最年少記録を作り、13歳350日の平野は3番目の記録となった。 『2020年躍動する君たちへ 篇』• 2009-2012• 2020年 [ ] 1月2日発表の世界ランキングで男女を通じて日本勢歴代最高タイの3位に浮上した。 準決勝ではドイツに敗れ2大会連続の銀メダルを逃したが、3位決定戦のシンガポール戦では第4試合で世界ランク4位の馮天薇をストレートで破り銅メダル獲得を決めた。 幼い頃からダブルスも組み、2014年のワールドツアーグランドファイナルでは史上最年少優勝も成し遂げている。 準決勝で北朝鮮のエースの( )に逆転勝利して決勝進出を決めた際には歓喜の涙を流した。 アジア選手権 準優勝(2017)• 一球の強さもそうだけど、何本も強い球を打てるというか。 女子ダブルス: 優勝( 何卓佳)• テレビ東京 独自の取材、現役選手・監督の貴重なインタビューなども随時掲載。

>

【卓球女子W杯】伊藤美誠 W杯で初のメダル獲得!「私らしいプレーがやっとできた」|テレビ東京スポーツ:テレビ東京

色んな選手と試合ができるようにしたい」と意気込んでいた。 ソルヤ(ドイツ) 20(18)何 卓佳(中国) 21(23)ソ ヒョウォン(韓国) 21(25)ハン・イン(ドイツ) 23(22)加藤 美優(日本) 24(21)銭 天一(中国) 25(26)陳 思羽(台湾) 26(24)セーチ(ルーマニア) 27(30)エーラント(オランダ) 28(28)蘇 慧音(香港) 29(29)早田 ひな(日本) 30(27)チャン リリー 以下 100位以内の日本選手 36位(36)橋本 帆乃香 37位(37)芝田 沙季 49位(49)木原 美悠 56位(56)長崎美柚 65位(65)森 さくら 82位(82)安藤 みなみ 88位(88)小塩 遥菜 90位(90)塩見 真希. 女子シングルス: 優勝• 伊藤美乃り 著『子どもが夢を現実に叶える方法』( 2016年 )• 10月 第22回• チームは1-3で中国に敗れ銀メダルであったが、伊藤自身は8戦全勝で大会を終えた。 ITTFワールドツアー 優勝10回(ドイツ2014、スペイン2014、韓国2015、ブルガリア2017、チェコ2017、スウェーデン2017、ドイツ2018、オーストラリア2018、ブルガリア2018、オーストリア2018)• 女子団体:準優勝(平野美宇・早田ひな・加藤美優・佐藤瞳)• U21女子シングルス: 優勝• 8月 ITTFワールドツアー・チェコオープン• 9月末に開催された( ・)では女子団体の中心選手として出場し日本女子33年振りの銀メダルに貢献した。 オリンピック特別賞 2016 記録• 18日に現地入りし、中国で女子W杯(11月8~10日)、ITTFファイナル(同19~22日)の2戦に出場する伊藤は胸を躍らせる。 2007-2013 磐田北小学校• 1月 全日本選手権 (女子では史上初の2大会連続の3冠)• 『』 (2016年8月22日)• 女子団体: 優勝(加藤美優・平野美宇・早田ひな) 2017年 [ ]• 世界選手権 準優勝(2019)• 全日本選手権 3冠 17歳92日 ギネス世界記録 [ ]• きょうの試合はすごく楽しかったので、あすも楽しんで、思い切って自分らしくプレーしたい」と話していました。 2014年10月4日時点の [ ]よりアーカイブ。

>