ラプソディ イン ブルー。 ガーシュウィン「ラプソディ・イン・ブルー」の解説とオススメ名盤

DA PUMP Rhapsody in Blue 歌詞

その名の通り「ポール・ホワイトマン楽団」の指揮者をされていた方でした。 を作曲したのはですが、当時のはオーケストレーションが得意ではなく、カの編曲家 ファーディ・グローフェがを担当しました。 いずれにしてもオーケストレーションに関しては第3者の手による作品となったわけですが、この作品をきっかけにオーケストレーションを学び、著名な作曲家たちの門戸も叩いたガーシュウィンはその後 「パリのアメリカ人」「ポーギーとベス」などの作品を書き上げていくことになります。 公演日は2月12日。 ひとりはクラリネット奏者のロス・ゴーマン。 見本の画像は春や秋に開花した時の写真になります。

>

ラプソディ・イン・ブルー

そういうホワイトマンだったからこそ、ガーシュウィンの音楽をより魅力的に感じたのかもしれません。 デビットカード決済のお客様は必ずご確認ください デビットカードの仕様上、ご購入日からお届け日までの期間が長い予約苗に関しまして一時的に二重の引き落とし状態になる場合がございます。 終わらない夏 君が変わった Rhapsody in Blue なびく髪が 触れるたび ユレる la la la la Body'n 愛情 ああ また暑い季節 焼け付いた アスファルトの街抜け出し 誰かとアバンチュールなんちゃって ああ 毎年同じ 恋人じゃないけれどやっぱり今年も 君とバイトなんかするのだろう 気温上昇 道路情報 じゃどこも渋滞中 俺の気持ちまんまそんな感じ 息も絶え絶え 今年もピンチ 頬にアイス! 現在、オーケストラでの演奏にあたってはこの稿が使用されることが多い。 Yahoo! これについては、納品までの期限が短く、多忙なガーシュウィンに時間的な余裕がなかったこともあるだろうし、ホワイトマン楽団向けの楽曲として同楽団の演奏スタイルや特徴を十分に発揮させるため、同楽団の事情に精通した楽団員に直接アレンジさせたかったという本音もあったように見受けられる。 プレヴィンは音楽監督を務めたロンドン交響楽団ともこの作品を録音していますが、今回ご紹介するのはその後に音楽監督を務めたピッツバーグ交響楽団と共演した作品です。

>

ガーシュウィン「ラプソディ・イン・ブルー」の解説とオススメ名盤

【意味も解説】ガーシュウィン :ラプソディ・イン・ブルー この曲は、ピアノを必要とするところにひとつの特徴がある。 ・その他:、(独奏とは別)、独奏ピアノ• ご注文時に必ず別の決済方法をお選びください。 そのため公式の出版はなされず、グローフェの手書きの楽譜のみが残されている。 突然の強引な作曲依頼でしたが、予定されていたコンサートが2月12日と目前に迫っていたこともあり、ガーシュウィンはごく短期間でこの作品を書き上げます。 この稿はに、がガーシュウィンの遺した(後述)からオーケストラ・パートを削除しソロ・パート部分のみにしたものをソロに用い、コロンビア・ジャズ・バンドを指揮してレコーディングを行い、その後世界的に知られるようになった。

>

ガーシュウィン「ラプソディ・イン・ブルー」【解説と名盤】

伝統的なクラシック寄りでいくか? 先進的なジャズ寄りでいくか? 様々な指揮者の性格で解釈が変わってきますよね。 なお、グローフェは同様にピアノなしで演奏可能にした吹奏楽のための編曲も残している(1937年)。 しかし、お目当てのCDが、売られていないという目に合うこともありました(泣) そんなこともあり、CD購入は、 大変な「お金と時間」のかかる「大きなコスト」でした。 この作品のオーケストレーションを担当したのは初演をした ポール・ ホワイトマン・ オーケストラのアレンジャーを担当していたピアニストの ファーディ・グローフェ 1892-1972 でした。 木管楽器:2、オーボエ2、クラリネット2、1、ファゴット2、サクソフォーン3(アルト2、テナー1)• 金管楽器がこれに柔らかい響きで呼応した後、2回目のクラリネットソロから引き継がれるトランペットのソロも大変印象的です。 元は『アメリカン・ラプソディ』という題名だったが、兄のが現在の題名を提案して変更した。

>

ラプソディー・イン・ブルーとガーシュウィン

記事の内容は 「キング・オブ・ジャズ」の異名をとるアメリカのジャズ・バンドリーダー、 ポール・ホワイトマン 1890-1967 が開催予定の 「An Experiment in Modern Music」(現代音楽の実験)と題されたコンサートに際し、ガーシュウィンもジャズ風の協奏曲を作曲中であると言うようなものでした。 』 今回は、以上になります。 (11:17) ドラマティックに高揚したこのメロディを独奏ピアノが引き継ぎ、即興的に発展していくと再びオーケストラが登場し、掛け合いながら冒頭の旋律を壮大に奏でクライマックスを迎えます。 【名盤を解説】ガーシュウィン :ラプソディ・イン・ブルー とてもノリがよく聞きやすい楽曲のためかアルバムは多く存在します。 ガーシュウィンはピアノが達者で、初演のときのピアノも自分で担当したほどである。 実際、『ラプソディー・イン・ブルー』のオリジナルの楽譜では、木管楽器の頻繁な持ち替えがあるなど特異なアレンジが散見され、公式の出版もなされなかった。

>

ラプソディー・イン・ブルー ガーシュウィン 解説と試聴

ただ、当時のガーシュウィンはまだに精通しているとはいえなかった上に、作曲の期間が限定されているという事情も加わり、代わってがオーケストレーションを行なった。 そのために行ったことが新聞で「ホワイトマンがガーシュウィンに作曲を依頼」というウソの記事を書かせるということでした。 次回を聴くときにはや作曲期間などエピソードを思い出しながら聞いてみてください! グローフェののことばかり話しているので、の有名な作品のは全てグローフェが担当したのでしょうか? はその後を独学で学びました 『パリのカ人』 や『序曲』など他にもオーケストラの名作を残したは自分でをおこなっています。 複数に分かれたご注文の場合、各注文ごとに送料が発生します。 この人物は自身も作曲家として活躍し、後年はジュリアード音楽院で教鞭も取っています。

>

ラプソディー・イン・ブルーとガーシュウィン

打楽器・その他:ティンパニ、ベル、銅鑼、小太鼓、シンバル、トライアングル、独奏ピアノ• 1920年代のアメリカはジャズが爆発的に流行しており、この曲もポール・ホワイトマン(Paul Whiteman)率いるジャズバンド向けに作曲された。 お客様からいただいた個人情報は商品の発送とご連絡以外には一切使用致しません。 そんな話は寝耳に水で全く身に覚えのないガーシュウィンは翌1月4日にホワイトマンに真偽を確かめるべく電話をかけますが、既に新聞記事になって広く知られてしまったから後戻りはできないと半ば強引にこの依頼を押し切られてしまいます。 おそらくグローフェが編曲の時に追加したのです。 ホワイトマン楽団によるオーケストレーション ロシア系移民としてニューヨークのブルックリンで生まれ育ったガーシュウィン。

>

ガーシュウィン「ラプソディ・イン・ブルー」の解説とオススメ名盤

複数商品をまとめて配送をご希望の場合、同じ買い物かごに入れ同時に決済してください。 時間がない。 映画『』の挿入曲。 奏者に好まれて演奏されている。 前奏部分にはが使用された。 選手、が1998年長野オリンピックでフリープログラムに使用。

>