マクロス δ ss。 マクロスΔ (まくろすでるた)とは【ピクシブ百科事典】

完全新作『劇場版マクロスΔ』2021年公開決定!『ワルキューレ LIVE TOUR』のプロジェクトも解禁

ウィンダミア王国の最大の支援者である イプシロン財団は、兵器から食料・医療品にいたるまで多彩な事業を展開する銀河規模の巨大財閥。 カラーリングは赤。 その直後、惑星ヴォルドールのプロトカルチャーシステムを用いて行われた「風の歌」の実験に居合わせたことで、老化が急速に進行する副作用を受ける。 艦艇 新統合軍の宇宙空母。 音楽 - 、 ()、• 10月31日 土 からイベント『未開の世界 ~いけないボーダーライン~』が開催されます!楽曲は『いけないボーダーライン【Another ver. 関連作品 - 『』、『超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか』、『マクロス7』、『マクロスF』 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 階級は大尉。

>

マクロスΔスクランブル攻略 解放条件、SS取得のコツ、資金稼ぎのお勧めミッションなど

- マクロスF ポータルサイト。 「」に属する。 関連作品 - 『マクロスF』シリーズ、『マクロス・ザ・ライド』 OTEC(オーテック) 地球に落下した宇宙船()のを研究する国際機関。 - 移民船団の航路調査、護衛などを目的に建造されたマクロスの同型艦。 自然とともに素朴な暮らしを営んでおり、地球人の大地を汚す行為を許しがたく思っている。 おもな武装は両腕部肘下側のミニガンポッド、格闘用のアサルトナイフ、各型式で搭載数の異なる頭部機銃。

>

【歌マクロスイベントまとめ&攻略】チケットイベント『未開の世界 ~いけないボーダーライン~』開催中!イベントに参加して★5プレートなど豪華報酬をゲットだ!《マクロスΔ屈指の人気曲のAnother ver.が実装!》

惑星間の文明については 移民船団で生活していた人間の文明によるものだと推測される。 父グラミアの死後、正式な国王に即位する。 50万年前、滅亡に瀕したプロトカルチャーが最後にたどり着いた地とみられ、軍の破壊を逃れた遺跡が星々に残されている。 ケイオスによってヴァールに対処するために結成された戦術音楽ユニット「 ワルキューレ」は、歌声に含まれる生体フォールド波の作用により、ヴァールの沈静化や予防を任務とする。 価値の分からない奇品・珍品を収集する癖があり、赴任先で手に入れた品を簡潔な手紙を添えてハヤテに贈っていた。 1月10日生まれ。 劇場版第2作については「」をご覧ください。

>

マクロスシリーズの用語一覧

パイロットとしても優秀だが、応用力に欠けることから教科書どおりと言われ、祖父母の名声へのプレッシャーを抱えている。 惑星ヴォルドールのプロトカルチャーシステム防衛任務中にフレイアと遭遇し、故郷が隣同士かつ同じリンゴ農家出身という共通点から、敵味方の立場を越えて意気投合する。 「だから…もっと…ギュッと!」 「ウッ…本当に…そこ…」 「ふえええっ!?」 宇宙船の修理作業中、ハヤテと合体するミラージュ。 宇宙船としての機能は健在で、ウィンダミア軍の侵攻後、ラグナを放棄して避難民を乗せ飛び立つ。 TV本編のキャラクターに加え、として、名前が変更可能な主人公がケイオス、ウィンダミアに2名ずつ、オペレーターが1名ずつ計6名と、ゲスト参戦キャラクターとして、シリーズ歴代の主人公やヒロインが登場する。 関連作品 - 『超時空要塞マクロス』、『マクロスF』シリーズ、『』 このほか、劇中には登場しないが、兵器のスペック表にはその開発企業として ストンウェル、 ベルコム(VF-0、VF-1、VF-4など)、 ビガース、 クラウラー、 センチネンタル、 クランスマン(いずれもデストロイド)、 マウラー(VFの頭部レーザー機銃)、 ハワード(ガンポッド)、 ビフォーズ(ミサイル)などの名前が登場する。

>

マクロスΔ考察!前作のマクロスFとの繋がりを時間軸で解説

関連作品 - シリーズ全作 マクロスのオーバーテクノロジー解明によって実現した、を利用した推進エンジン。 空中騎士団のキースを主人公にしたサイドストーリー。 小隊の指揮官としてみずから隊員のスカウトも行っているが、集めてくるメンバーはいずれもが曲者ぞろいとなっている。 関連作品 - 『』 『』において、男の巨人ゼントラーディと敵対する女の巨人たち。 統合政府に宣戦布告すると共にその戦略の中心に据えられた。

>

完全新作『劇場版マクロスΔ』2021年公開決定!『ワルキューレ LIVE TOUR』のプロジェクトも解禁

2059年には監督作として映画化。 惑星ラグナの遺跡に出現したシステムを掌握し、制風圏の確立を成し遂げるも、洋上でマクロス・エリシオンと互いに主砲を撃ち合い、シグル=バレンス艦橋の誘爆に巻き込まれたのちに死亡する。 自由に飛ぶことを信条にし、操縦支援のアシストを嫌い、緊急脱出時以外はヘルメットを着けないまま機体に搭乗する。 兄に比べ好戦的な性格の持ち主。 レディ・Mの正体を示唆する言葉も口にするが 、物語中においてその真相は最後まで明らかにされることはない。 プロトカルチャーが最後にたどり着いた地とされ、海洋惑星 や、雪に覆われた惑星 をはじめとする各惑星に遺跡が存在し、プロトカルチャーが創造した人類種が暮らしている。

>

マクロスΔスクランブル攻略 解放条件、SS取得のコツ、資金稼ぎのお勧めミッションなど

2067年を舞台とする『』第19話でも、同名のドラマが銀河ネットワークで放映されていることに言及される。 新統合政府側に「 カーライルの黒い嵐」と称されるこの惨劇を機に、新統合軍は撤退し、事実上の休戦状態が続くことになる。 ウィンダミアのイメージはや、で、建造物は鳥や木をモチーフとしている。 『』においてはゼントラーディ艦を4隻接合した巨大兵器の名称。 ルンを凝視されたり触られたりするのは恥ずかしく、大人がみだりに光らせるのも、はしたないこととされている。

>

マクロスΔスクランブル|バンダイナムコエンターテインメント公式サイト

- 第4話 - 第13話。 プロフィール 誕生日 身長 154㎝ 好きなもの 故郷名産の・歌うこと 苦手なもの 銀河サバ CV 人物像 戦術音楽ユニット「」に憧れる14歳の少女。 過去のゲーム作品『』や『』のなかで、ララミス星系の主星セフィーラの名が出る。 『マクロスF』においてはが放つ「重量子反応砲」の通称。 による『マクロスF』の小説版では、PlayStation用ゲーム『』におけるビンディランスルートに沿った諸事件の影響で、政治体制が中央集権制から地方自治制へ移行したとされている。

>