カッティング ボード おしゃれ。 カッティングボードはどう使いこなすべき?選び方やお手入れ方法も紹介

【簡単DIY】おしゃれなカッティングボードの作り方!木材を削ってまな板を作る Vol.42

おしゃれなカッティングボード・まな板はDIYで簡単に作れる 1枚板から自分好みのデザインに加工してカッティングボードを作ってみましたがいかがでしたでしょうか。 木材によって色合いや固さなどの特徴があるので詳しく解説していきます。 今回あ12mmと21mmを使いましたが、ショートビットは8mmや24mmなど、もっと小さいサイズや大きいサイズもあるので好みの大きさを使ってください。 手軽にカフェ気分を味わいたいならコレ!• まな板は包丁が使いやすいようにヒノキやイチョウなどの柔らかい素材で作られています。 カッティングボードをしっかり洗います。 この上でピザやパンを作ることもできるちょうど良い大きさです。 カッティングボードは食卓の上に置き、パンやチーズなどを切るときに使うのが一般的です。

>

木製カッティングボードのおすすめ人気ランキング9選【ワンプレートランチに!】

木目はもちろん、色なども時期や場所によって個体差があるため、同じものは存在しません。 吸引穴があるので木屑を吸ってくれて助かります。 シンプルなラウンド型なので、テーブルなどにも置きやすく、チーズやフルーツなどのサーブボードとしても使えます。 1300円 税込• 名古屋城の本丸御殿の建築材としても使用されている東濃桧を贅沢に使った商品。 アカシア• カフェ風キッチンなどのディスプレイとしても楽しめます。 参考価格 3,800円• みんながこのカッティングボードに注目すること間違いないでしょう。 ご家庭で鉄板などを置くことはないでしょうけれど、カットした具材とソース類をいくつか置いても安定するので、食卓に出しても重宝しそうですね。

>

カッティングボードはどう使いこなすべき?選び方やお手入れ方法も紹介

楓(メープル)• 乾いた布で手早くふき取り、乾燥させます。 子供がいる家庭でも安心ですね。 特に、彫りがある面を木のお皿として使うと、食卓が一気におしゃれな雰囲気に変わるでしょう。 カッティングボードの上にキッチンペーパーを敷きます。 片側にみみが付いていて、オーソドックスなカッティングボードでも味が出せそうと思い選びました。 大きなカッティングボードに沢山の食材を乗せて、その場で少しずつシェアしながら食べる使い方はカッティングボードならではですね。

>

おしゃれなまな板19選。木製のかわいいデザインもおすすめ

1680円 税込• 特徴はリバーシブル設計になっているというところで、トレイとしてはもちろん、まな板としても使用することができます。 洗い物を減らすことができます。 サイズは小さめなので、テーブルの上に置いてもかさばらず、サーブボードとして使いやすいのも嬉しいですね。 1555円 税込• 木目デザインのカッティングボードが多いなか、一味違うカッティングボードがこのmarimekko(マリメッコ)の『Puutarhurin Parhaat チョッピングボード』です。 オイル仕上げのカッティングボードは、使っていくうちにオイルが抜けて白っぽくなってきます。 今回選んだ木材の中でも一番軽くてカラカラの見た目から、程よくツヤがでてミミの部分との対比が良いです。 5,940円(税込)• 豊富な形で揃えたくなっちゃう• 樹齢200~300年のオリーブウッドのみを使用して作られたカッティングボードなので、ナイフやフォークなどの傷が付きにくく、長く使用することができます。

>

おしゃれなまな板19選。木製のかわいいデザインもおすすめ

米国東部から産出されるハードメープルは、目が詰まっており清潔感を感じさせます。 また、厚みがあり、しっかりとした作りなので鍋敷きとしても使えます。 ボードには穴が開いているのでそのまま壁面などに吊るして収納するのもおすすめです。 プラスチック(樹脂) プラスチック製のまな板は軽く持ち運びしやすいのが特徴です。 3430円 税込• 11,500円 税抜• 作っている時に気づきましたが、確かに木材によって柔らかさが違うので、包丁を傷つけない「イチョウ」や硬さが必要なカッティングボードには「オリーブ」などが適しているのかなと思いました。 サイズ 20x14x1. また、汁気のあるものを乗せたいと考えている場合には、大きめのものを選ぶことをおすすめします。

>

オリーブやアカシア木製カッティングボードおすすめ10選まとめ!|シンジル LIFE!

「オーク材」の特徴は! 竹が一番なじみが深い材木だと思います。 参考価格 1,000円• 48kgと重めですが、底に滑り止めのラバーが取り付けてあるため安定感があります。 サイズは少し大きめで、まな板としてだけでなく、サーブボードとしても使えます。 カッティングボードC ハードメープル• 白木と黒いプレートの間に溝が作られていて、食材から出る汁などでキッチンを汚さないのもおすすめの理由です。 気を付けたいのは、洗ったあとは水気をしっかりきって立てて乾かすこと。 クルミを木材を削った感じはこんな感じです。

>