重ねる ハザード マップ 福岡。 住所検索ハザードマップ

ハザードマップポータルサイト

数値地図 国土地理院 自由にご利用いただけます。 PDF 107KB• 距離が近い順に番号表示されますので、最寄りの避難施設を確認しましょう。 大雨に備える 大雨が続くと、河川の水位が高くなり、洪水が発生する場合があります。 画像引用:. 河川や高潮により水があふれて堤防が決壊して発生する水害を 外水氾濫(がいすいはんらん)と言い、いわゆる洪水は外水氾濫のことを指します。 災害発生時にはアクセスが集中して正常に観れるかどうか分かりませんので今のうちに一度ご覧頂ければと思います。 【土砂災害特別警戒区域とは】 土砂災害警戒区域のうち土砂災害が発生した場合、建築物に損壊が生じ、住民の生命または身体に著しい危害が生じるおそれがある区域です。 黄色は1. 地域の状況に合わせて必要な災害種別にチェックを入れてください。

>

福岡市 福岡市洪水ハザードマップ

大田区側に何も色がついていないということは安全と言うことではなく、調査した凡例がないだけだと推測します。 注意:土砂災害防止法は、土砂災害から国民の生命・身体を保護するために、土砂災害の発生する恐れがある区域を明らかにし、警戒避難体制の整備などを進めることを目的に作られた法律です。 これでデスクトップに国土交通省ハザードマップポータルアイコンが出てきます。 つまり、調査方法や主目的によって多少の見解や調査結果の違いが生じています。 まず「洪水」を選択してみます。 これでデスクトップに国土交通省ハザードマップポータルアイコンが出てきます。

>

福岡市 高潮ハザードマップ

商標登録表示 「住所検索ハザードマップ」は登録商標第6292818号です。 複合的な視点から作成されており、例えば洪水に関しては、「洪水浸水想定区域(想定最大規模)」は「水害ハザードマップ作成の手引き」(平成28年4月)に基づく凡例によるもの、「洪水浸水想定区域(計画規模)」は「浸水想定区域図作成マニュアル」(平成17年6月) に基づく凡例によるもの、「津波浸水想定」は「津波浸水想定の設定の手引き(Ver. 2020年3月17日 洪水浸水想定区域(想定最大規模)について、新たに県管理河川のデータ(北海道の38河川・栃木県の2河川・鹿児島県の4河川)を追加し、栃木県の荒川を更新しました。 本当は下町と言われる地域の方が危険度は高いのですが、区の意識が低いと言わざるを得ません。 前者と比較してもだいたい同じですな。 ご利用にあたって. これは洪水浸水想定区域(想定最大規模)です。 ちょっと縮小してみるとこんな感じ。

>

太宰府市ハザードマップ/太宰府市

そして安全でないと判断された場合は,耐震改修工事を行いましょう。 そもそも「ハザードマップ」とは、洪水や高潮、氾濫による浸水などの水害や土砂災害などで被害が想定されるエリアや避難する場所等を表示した地図のことで、基本的に区市町村ごとに作成されているものです。 配布を行う際には、下記の背景地図毎の利用可能範囲を確認の上で、ご利用ください。 これでデスクトップに国土交通省ハザードマップポータルアイコンが出てきます。 その場合はお手数ですが、からご連絡ください。 福岡市では,河川の水位や監視カメラの画像を公開しておりますので,大雨の際には,近くの河川の状況を確認していただき,避難行動を開始する目安にしましょう。

>

福岡市 揺れやすさマップ各区版パンフレット

0mの浸水となります。 このマップは、大雨時の浸水状況と避難行動に役立つ情報を、市民のみなさんに提供し、防災の意識や避難の心構えをやしなっていただくために作成したものです。 航空写真 NTT空間情報株式会社 地形図 福岡市 自由にご利用いただけます。 対象河川:多々良川,宇美川,御笠川,那珂川,樋井川,室見川,瑞梅寺川,雷山川(糸島市)• 身の回りで首都直下型巨大地震などで土砂崩れや河川決壊が起きる恐れは充分にあります。 営利目的など特定の目的で利用することはできません。 この「揺れやすさマップ」の目的は,警固断層帯南東部で地震が発生した場合,あなたのお住まいの地域の震度を確認し,あなたの建物の耐震性能を確認していただくものです。 洪水ハザードマップは,平成30年4月に福岡県が指定・公表した想定し得る最大規模の降雨を前提とした下記河川の洪水浸水想定区域図を基に作成しています。

>

飯塚市/いいづか防災

日頃からこのマップを活用して,地域や家庭で浸水想定区域や避難場所,防災情報の入手方法・内容などを確認するとともに,避難経路をマップに書き込んでいただき,いざという時は,「早めの避難」を心がけましょう。 したがって,着色されていないことをもって,浸水の可能性が否定されるものではありません。 避難所の情報を知る 地図上で、避難施設のアイコンをクリックすると、どの災害に対応した避難施設であるかを確認できます。 高潮ハザードマップは、高潮発生時の浸水状況と避難行動に役立つ情報を、市民のみなさんに提供し、防災の意識や避難の心構えをやしなっていただくために新たに作成したものです。 これまで皆さまにご利用いただいておりました平成23年作成の浸水ハザードマップを,令和2年6月に洪水ハザードマップとして新たに作成しました。 地震に備える 地震は、強い揺れを伴い、建造物の倒壊やインフラの遮断、土砂災害も発生します。

>

福岡市総合ハザードマップ

地図名 著作権者 利用可能範囲 案内地図 インクリメントP株式会社 株式会社パスコ 私的利用の範囲でご利用いただけます。 更新日:2019年7月3日 いいづか防災 災害はいつ・どこで発生するかはわかりません。 あらかじめ、避難や災害に関するアイコンが登録されていますので、簡単にハザードマップを作ることができます。 これでデスクトップに国土交通省ハザードマップポータルアイコンが出てきます。 そこで今回は意外と分かりやすかった「 国土交通省 重ねるハザードマップポータルサイト」を紹介したいと思います。

>