ありがたく 頂戴 いたし ます。 ありがたく頂戴致します。

頂戴する /文例・敬語の使い方・意味

いつもお気遣いいただき、本当にありがとうございます。 早速、主人と娘と3人で賞味させていただきました。 自分が「もらう」ことではなく、目上の人が何かを「もらう」時に尊敬語で表します。 「頂戴いたします」という言葉は、二重敬語です。 メールやお礼状に使う書き言葉としてもよく使われる表現です。

>

ありがたく頂戴致します。

お中元(お歳暮)のご挨拶ならびに結構なお品を頂戴いたしまして、本当にありがとうございました。 素敵なお土産をいただき、恐縮しています。 めったに口にできないものをいただき、ありがとうございます。 たいへん重宝しております。 先だっては、結構なものをお送りいただき、ありがとうございました。 「重宝します」 「重宝」(ちょうほう)の意味は「便利なもの」のこと。

>

「頂戴する」の意味とは?ビジネスで使える?幼く聞こえる?使い方を解説

ご丁寧なお餞別[センベツ]をいただき、本当にありがとうございました。 アンジュー公は同じくラテン語で、この名誉をありがたく頂戴すると答えたが、抑えようとしても声の震えがとまらなかった。 ただし、単に感謝やお礼を表現したいときに使うと、おおげさな印象を与えます。 例を挙げますと、 「お越しいただく」 「ご覧いただく」 「教えていただく」 などです。 まだそのほかに、八幡宮のお札の降ったところが二か所もある。 気を使っていただいたお礼の気持ちを伝えましょう。 「こないだもらったお礼が多すぎて俺ビビッちゃたよ~~」とか 「サビシイからあんまり他人行儀にしないでくれよな」 くらいに言っておけばいいのではないでしょうか。

>

過分な御礼を頂戴してしまった時

お誕生日、覚えていてくださったのね。 興行が不入りである、恥をこうむる• ありがとうございます。 … アレクサンドル・デュマ/鹿島茂『編訳 王妃マルゴ(下)』 より引用• 例えば、「お菓子頂戴」「それ安く売って頂戴」は元々は丁寧な表現でしたが、現代ではとてもカジュアルなニュアンスがあり、目上の人に使うのは不適切です。 【ちようだい】 樋口一葉「十三夜」 再ふたゝび言いひそびれて御馳走の栗枝豆ありがたく頂戴(ちようだい)をなしぬ。 でも、ありがたく。 頂戴しました 上記の読み方は、夏目漱石や樋口一葉、宮沢賢治、新美南吉、三遊亭円朝、幸田露伴、江見水蔭など、とても有名な著名者の作品の中でも使用されています。

>

過分な御礼を頂戴してしまった時

せっかくですから、ありがたく頂戴[チョウダイ]いたします。 また、他の方にもお手伝いを頼んでいる場合、いらないと言われたからといって1人だけお礼なしとはいかないこともあるでしょうし。 (名刺を受け取るときに添えるフレーズ). 平素よりお引き立ていただき、誠にありがたく存じます• … 島崎藤村『夜明け前』 より引用• 家族一同大喜びで、早速美味しくいただきました。 お名前を伺ってもよろしいですか• この度は、私たちの結婚お祝いを頂きありがとうございました。 「頂戴」には、「頭の上に物をいただきささげること」という意味もありますが、目上の人に何かをもらった場合や食べ物を与えてもらった場合などに主に使用する言葉と覚えておきましょう。 家族で美味しくいただきました。 ただし、尊敬語は目上の言動を表す時、謙譲語は自分の言動を表す時に用いることは忘れないようにしましょう。

>

覚えておきたい「ありがたく存じます」の正しい使い方|@DIME アットダイム

崇めて大切に扱う、敬い仕える• 日常的にはないような『珍しく良いこと』に対して感謝する言葉のため、そのくらい『感謝の気持ちを持っています』と伝えるのにも役立ちます。 何かしてもらったことに対して感謝したときや、相手の実力に圧倒されたとき、自分に非があることを知り謝罪するときなどに使用する、さまざまな意味のある敬語です。 今日はお土産まで頂戴[チョウダイ]して、本当にありがとうございました。 先般は小生の就職祝いのため、過分のご馳走を頂戴いたしまして、心から御礼申し上げます。 「頂戴」は文末で「ください」の意味にも 「頂戴」は、上記以外にも、文末で使用することで「ください」の意味で使うことができます。 たとえば、メールで資料を送ってもらった場合などに「拝受しました」と使うことができます。 子供達も大変喜び、家族みんなで美味しくいただきました。

>

「頂戴」の意味とは?敬語の使い方と類語表現も解説【例文つき】

「暮らしに役立ち、ありがたく思います」の気持ちを伝える言葉です。 特に、ビジネスシーンでは、目上の人や他社から評価されたことに対して、謙虚にお礼の意味を表す場合に用いられます。 この度は、結構なお祝いの品をいただき、恐縮です。 また、 自分よりも目上の人から食べ物や飲み物を勧められたときに「ありがとうございます。 お心遣い、誠に恐縮に存じます。 かわいい贈物をありがとうございます。

>

頂戴するの敬語や使い方・言い換え・いただくとの違い|謙譲語

「もらう」の謙譲語である頂く(いただく)は、目上の方から品物や恩恵などをもらうことを意味します。 謙譲語というのは、敬語の一種です。 … 東海林さだお『東京ブチブチ日記』 より引用• 目上の人にはややカジュアルな印象になります。 肌身離さず、大切にします。 苦労もなく、手に入れる• ただし、「頂戴したします」は本来なら間違った使い方でありますが、現在のビジネスシーンでは「頂戴します」の丁寧な表現として広く使われているのが現状。 ずっと大事にします。

>