処女 を 捧げ た 彼氏 に 言 われ て av に 出る デカパイ 娘 が アヘ 顔 で イキ 狂い。 萌えた体験談 <寝盗り鬼>

萌えた体験談 <寝盗り鬼>

千枝は弾かれたかのように身を震わせ、上体を右手だけで支えて踏ん張り、左手を自らの開いた股の間から出し、千枝の尻を這い回っている新井のペニスを掴んだようだった。 「ほらぁ… こんなにエッチな汁が滲み出て来てる…んっ… どんな…はぁ…味してるのかなぁ…?」 千枝は、そのガマン汁の付着した指を… 俺の口に運んだ… 「ハイ…味見。 これは、あんまりイイ感触じゃない…断ってくれるかも…そう思い、一瞬安堵した。 そして口を離し、新井に向かって、大きく口を開けた。 思いました、思いました。

>

萌えた体験談 <寝盗り鬼>

フリーターで、今はアパレル関係のショップスタッフをしています」 しばらくは、マリについてのどーでもイイ質問が続いた。 そして、俺にだけ聞こえる声で、 「今、飲ませたジュースなぁ、即効性の媚薬入りなんだ。 しかし、この沙織と出逢った瞬間、過去の恋愛が、一気に色褪せたモノになった様な気がしたのだ… 沙織は、芸能人に例えると、新垣結衣を少し大人っぽくした感じで、綺麗な黒髪にキメの細かい白い肌に、極薄めのナチュラルメイク、赤いセルフレームの眼鏡とはにかんで桜色のほっぺたが印象的だった。 その美人の千枝先輩が、なんで新井みたいなチャラ男と付き合っているのだろう…と陰では噂されていたりもした様だ。 「アタシが話して引き付けとくから、隙見てベランダから逃げて」 その指示に従い、ベランダに出ようとしたら… ガチャガチャ… 玄関のドアノブを回す音が… ガチャガチャ… ガンガン! 「お~い! 千枝ちゃ~ん! 今観た映画の話、学校の話、趣味の話、家族の話… 初めて出逢った人とは思えないくらい、色んな話ができた。 その亀頭と柔らかな皮の間にヌルヌルの指を無遠慮に滑り込ませ、カリのミゾに沿ってクニュクニュと這わせて行く。 とにかく、今まで、男に興味が無かったわけではないのだが、興味を持てる男に出逢えなかった…そんな事を言っていた。

>

萌えた体験談 <寝盗り鬼>

それに何より、バイト代が破格の金額で、沙織との旅行資金の為、短期の高収入バイトを探していた俺は、結局、覚悟を決めて、その仕事をすることにした。 それは、まだ尿道に残っている精子をも、千枝のヴァギナを使い搾り出そうかという行為だったのだろう。 「もしもし…ナニ?」 『あ~、千枝ぇ? 今、もー家なんだろぉ~?」 新井の能天気な声が漏れて来た。 ……」 千枝は、その新井の腰使いの前に呆気なく陥落し、この日何度目かの絶頂を迎えた。 それと同時に、千枝の喘ぎ声…悲鳴が上がる… 快感というより苦痛を連想させる声だった。 お願いしますぅぅ…ア゛ア゛ア゛… イカせ…イカせて下さいィ…」 「ヨシ、じゃあもう一回訊いとく。

>

萌えた体験談 <寝盗り鬼>

何言ってんの? ダメよ」 『はぁあ? 何で? イーじゃんイーじゃん。 」 よりヒステリックにブリーフ越しにシゴく手を速める千枝。 俺が答えようとするのを制し、監督が言う。 パチーン! 「電話だよって言ってんの! 」 マリはそう言い、焦ってペニスの皮を元に戻した。 初めてのセックスは、彼女の二十歳の誕生日だった。

>

萌えた体験談 <寝盗り鬼>

だが、千枝の顔は、その屈辱的な行為を、口を半開きにし、恍惚の表情で受け入れていた。 …否、それは二人の間には存在しているのかもしれない… だが少なくとも、千枝の部屋の外、ベランダから覗き視ている俺には感じ取るコトはできなかった… 「千枝ちゃん? どう? キモチイイの?」 「ア゛ンッ… サイゴォッ(最高)ですっ! 性器だけでなく肛門まで丸見えであった。 しゃぶるのはダメ」 「えっ! 見たとこ、旅行資金を稼ぐ為、バイトを探してんじゃネェの? ちょーどイイタイミングだろ。 んじゃ、ヨロシクー」 そう言われ、打ち合わせは散会となった。 あぁ~…めちゃめちゃキモチイイ… 飲み会の後に、ちょっとした運動 千枝を背負った をした為、酔いがまわってきたのに加え、学校でも評判の美人の部屋で、その温もり、柔らかさを直接感じているという、一種異常な環境が、感度を…興奮を倍増させていたのかもしれない… 俺はいつの間にか、その快楽に無抵抗に身を委ねていた。 千枝にとっても、あの事を新井に話すのは、なんのメリットもないことだから話すとは思えなかったし、新井も気付きすらしなかったのだろう。

>

萌えた体験談 <寝盗り鬼>

「んで、負けたら罰ゲームな。 きゃはは…」 「次は下から見て見ましょうか」 監督の指示に従い、マリは、今度は足の付け根部分の布地を引っ張り、下から俺のペニスを観察した。 時に激しく、時に優しく 緩急をつけ… 舌先で裏スジや尿道口、恐ろしく張り出したカリ首などをチロチロチロチロと… 陰茎や亀頭は、頬をすぼめて唇で締め付ける様にジュポジュポと吸い上げた。 「あー、まー、別に気にしてないから、いーッスよ。 「コツっつっても、相手もその時々で違うし、俺らにもそれぞれキャラがあるじゃん? ま、そのキャラ活かして行くしかネェんじゃないの?」 「キャラっスかぁ…」 「お前、何か女の子騙して連れて来ようとしてない? さっき蔭で見てたら、そんな気がしたんだわ。

>

萌えた体験談 <寝盗り鬼>

「あっ!ちょ、待っ…」 「オープン! だがマリは、その額に付着した、ネバッこい液体を、右手の小指で拭い、また妖艶に微笑みながら言った。 「よかったぁ~ ありがとうございます! それじゃ、お詫びにコーラを買ってお返しさせて下さい。 でも千枝は、そんな風に思われて… どーなんだ?」 「……んっ…んっ…」 「どーなの! 新井はその体勢のまま、脱いであったパンツから器用にタバコとライターを取り出し、タバコをくわえ火を着けた。 新井は、全裸になった千枝を、またいやらしい目で舐めるように見つめると、その手を引っ張り、まるで我が家の様に、千枝の部屋の狭いバスルームに入っていった。 あの新井まで、遅刻せずに来ていたのが正直驚きだった。

>

萌えた体験談 <寝盗り鬼>

「ホラ… チンコ、窮屈そうだよ… 可哀想だよ… 可哀想なチンコだね」 そう言うと、ブリーフのウェスト部分に引っ掛かり、今にも飛び出しそうな勃起したペニスの裏筋に沿って、薄布越しに右手の中指の爪と左手の中指の爪を交互にツーーッとなぞらせ続けた。 「ちょっ…ちょっとぉ…んン… フザケないでよぉ…んっ…」 驚いたコトに、千枝はそんな新井の行為に感じてしまっているようだ。 この通り…」 新井は今度はうってかわって頭を下げて来た。 「君がクニ(新井)の後輩君かい? えーっと木下耕平君ね。 ナンパだよ」 「はぁ…」 「何だよ、その気の抜けた反応は… いやな、今回、ウチの会社でナンパモノを撮るコトになってよ。

>