麻雀 戦術。 麻雀が無料で上達 ネット麻雀戦術書ビギナーズラック

鳴いて放銃率を下げる?NAGAの戦術を実戦に取り入れてわかったこと【麻雀】★★|zeRo|note

特に何も分からないなら忘れる。 でも、役がない時は当然リーチを打ちましょう。 筋(スジ)とは スジとは両面待ちで対になる関係の事で、スジとフリテンの考え方を組み合わせて、より具体的に どの 数牌が危険牌なのか、または安全牌なのかを読み取る考え方をスジ読みと言います。 例:東場の親で4巡目に場に0枚切れの北待ちのチートイ赤ドラをテンパイ この条件で リーチをするべきかどうかを判断してみます。 この完全安全牌は何時捨てても安全が保証されるので、合わせ打ちなどで安全牌や現物が捨てられる場合は、そちらを優先して捨てましょう。

>

三人打麻雀とメンバー戦術①

よく 「コバゴーはよく鳴くのに放銃率が低い!素敵!抱いて!」 と言っている人を見るが、 よく鳴くからこそ放銃率が低いとも考えられる。 そもそも初心者の人がちょっと勉強しただけで強くなれるでしょうか? 初心者の人は勉強したら勉強しただけ強くなります。 さらにこの点数に裏ドラや一発が加わります。 また自由に使える牌が減るために安全牌の確保が難しくオリにくくなること、手牌の構造の変更が困難になると言う弱点もある。 だから、後手でもたくさんリーチを打ってみてください。 ポーカーフェイス 麻雀がお互いの手牌を隠して行うゲームである以上、いささかなりとも手牌を他プレイヤーに読まれてしまうことは不利である。

>

おすすめ麻雀戦術書38冊をまとめてみた

全6章からなり、1〜4章で手組みの考え方、5章でリーチ、6章で鳴きについて解説しています。 、 、 は上か、下のスジが通っていませんので、25、47などのスジを0. より深く麻雀を理解したいという方にオススメの本となっています。 むすび 良い場合と悪い場合などは主観だけで、調査結果が書かれていない戦術書はあてにならない。 被自摸 他家の自摸和了による得点の支出。 そんなケースと遭遇出来るということは、1つ成長したということだと思います。

>

ちょっとした麻雀戦術

個人的な感想としてはなるほどと思えるものもありますし、それは少し決めつけすぎでは?と思える部分もあります。 これは様々な場合が考えられますが、基本的には、どのプレイヤーもドラに絡む牌をなるべく手牌に残すであろうという考えからドラスジを危険な牌とします。 例えば、 リーチを掛けているプレイヤー以外の他家が を打牌した場合、その 表スジ である と を安全牌と推測し、 リーチのプレイヤーに対して または を切るという具合です。 )ロン9600か、ツモ12000の収入となります。 打点がどの程度あるか。 この語呂で3スジをしっかりと覚えると、スジを考える時に迷うことがなくなるので、しっかりと覚えましょう! スジ読みとは 前述した通り、スジとフリテンの考え方を組み合わせて、より具体的に どの 数牌が危険牌なのか、または安全牌なのかを読み取る考え方をスジ読みと言います。 現物(ゲンブツ) 現物とは、他家の捨牌にあるのと同じ種類の牌のことを言います。

>

麻雀の戦術・考え方は、1周回り終えたと思われますか?

それに対し、この本は「牌効率」という 正解が決まっているものを解説する事に主眼が置かれています。 と、前置きが長くなりましたが、シャンポン待ちを作るなということではありません。 ですので、初級者の人は打点や期待値に関する部分は、 「ふーん、打点も考えなきゃいけないんだな」 くらいに思って読み飛ばしてしまってOKです。 一見オカルトに見えても正当性はともかくそれなりの理由付けがなされている場合もあり、定義は曖昧である。 牌効率とは、 「テンパイやアガリまで、最も効率の良い選択を行う理論」です。 タンヤオの出現頻度はかなり高く、初心者からプロ級までみんな使える王道中の王道の役です。

>

壁(ノーチャンス)の考え方

山読み に残っている牌を推測する読み。 鳴いて不利なめくり合いを避けてオリる。 なぜなら、 精度を明記していないことや、期待収支の差を考慮していないものがほとんどであり、 参考にすべきところと、そうでないところの区別がつかないからです。 しかし現代では、卑怯な手段やマナー違反といった否定的な意見はごくごく少数で、通常の戦術の一つと捉えられています。 カッパギリーチやレート別の打ち方など、フリー雀荘で徹底的に稼ぐための内容であることも前著と変わりありません。

>

麻雀のスジ『振り込まないための7つの読みと実践防御方法』

ケイテン取り、ブラフ、邪魔ポンとここまで考えるのかとも思えるほど勝つための徹底的な鳴きテクニックを網羅しています。 リーチをかけた後に相手の危険牌をツモった時でも、捨てるしかないのですね。 むすび 読みは基本、分かっているもの(晒された牌の枚数など)を読む。 私も気になってレビューを読んでみました。 中スジ ナカスジ• 捨て牌のセオリー 最初に牌が配られたら、目指すアガりの形を考えて、不要な牌を捨てるのが最初の一手。 鳴かれた牌も対象 現物は鳴かれた牌も対象となります。

>

ちょっとした麻雀戦術

1度で全て理解しようと思って読むのは、難しいと思います。 仮にまったく同じ状況をダマで100回、リーチで100回打ったとします。 もちろん実力的には指名されてもなにもおかしくはないが他にも有力な選手がいたような気はする また、全員が連盟で固められているのはやはり森山会長の根回しを感じる 実力は内川プロと沢崎プロがかなり強いため問題ないだろう。 字牌が絡むケース、19牌が絡むケース。 そう考えると、この は序盤で早々に切られる可能性が高いわけです。

>