ダグラス カイエン。 ダグラス・カイエン(FSS)

第182回FSS考察「カイエンの空白の百年」

そしてカイエンは、クーンを母と知らずパートナーにし、愛してしまいます。 その後、後を追ってやってきたイマラにマドラから引き出された人格、ピッキングの近況を尋ねている。 ダムド・ストローク(連弾衝撃波) 瞬時に数発から数十発の衝撃波(おそらくショックブレード)を放つ剣聖剣技。 ただし、実際は「片手武器13本」ではなく「盾13個」の「13盾」運用のために13本も手を生やすことが多い。 この時、息子デプレのただならぬ才能を確認して、ヤーボからMH(GTM)とファティマ・を受け継ぐよう指示し、彼に天位を授けた。 また、アルルへの好意と配慮は尋常ではなく、国家の危機に際し大切な部下二人を護衛につけるなど重要視している。

>

ファイブスター物語のカイエンて本当に強いの?女・子供と戦って...

プロミネンスのマドラをおちょくりながら戦えるくらいですから、今は超帝国剣聖と同等かそれ以上の設定なんでしょうね。 またミラージュの魔導士「ズーム」の母親であり、フロートテンプルで再会した時には彼女が自ら止めていた成長を促進させてしまった。 DESIGNS 4』でその地位が明かされることになった。 欠点として攻撃動作が大振りであるがゆえに隙が生じることが挙げられるものの、そもそも「超帝國剣聖」級の能力を持つ騎士でなければ使えないため、同等以上の能力を持つ者が相手でなければ全く問題にならない。 若年時はハスハ連合共和国統一に貢献し、時のアトール女皇帝ボルサより剣聖の称号を受ける。 ギエロ・スガスコーニチ(- 2989) ノイエ・シルチスの騎士。 -- 名無しさん 2018-05-06 23:37:18• 星団暦2946年、自身の養父であり出自に関わっていたバランシェを暗殺しようとするも、に阻まれて、死闘の末に相討ちとなり、彼女の放った「カルバリィ・ブレード」で致命傷を負って危うく死にかける。

>

ダグラス・カイエン (だくらすかいえん)とは【ピクシブ百科事典】

ドヌーブらラーン支隊と合流しフンフトからの伝言を聞きハスハントに戻ろうとするが、途中でブーレイ傭兵騎士団と青銅騎士団の戦闘に巻き込まれる。 3007年、ハイランダー称号授与式の日にママドア・ユーゾッタと共にダグラス・カイエンに「試され」、カイエンの小指一本で右腕を肩から吹き飛ばされるも、カイエンの「攻撃に耐えられたなら天位をやろう」という言葉を受けた太后宮慧茄によって天位を授与される。 以降、孤立無援状態のベラ国の防御に心血を注いでいたが、3031年にソープやツバンツヒと出会い、後のベラ国攻防戦で星団史に残る活躍を見せる。 魔導大戦によって次々と要人たちが死亡し、皆がそれぞれの責務に奔走せざるを得ない混迷する情勢の最中、彼の死に涙を流せたのは過去の恋人の一人であったファティマスーツデザイナーのシアン夫人だけであった。 劇中、あの女たらしカイエンがセクハラも揶揄もしなかった女性。

>

ボスヤスフォート (ぼすやすふぉーと)とは【ピクシブ百科事典】

『プロムナード』では、第1話の最後に空港でチェックインを待つ乗客の一人として登場。 皇帝アマテラス(実は影武者のユーパンドラ)のナイト・オブ・ゴールド・A-Tと相討ちになるも彼自身は生還、真のアマテラスによりその出自を証明され、星団を解放する。 ウェイ・ルース ミッションの子孫でラベル・ジューダ(コーラス26世)の戦友。 からの追討から逃れるために偽名を名乗っている。 錆黒鍵【全刀流】 []• ミフネの戦闘ちょっと見直してきたけど無限一刀流って言う割に複数の刀を同時使用すること多かったからここに入れてもいいと思うんだけど -- 名無しさん 2018-05-09 19:25:30• 前剣聖に師事して全ての剣技、MH MH を受け継ぐ。 フルネームは 天照・メル・グランド・グリース・エイダス・ドライス(天照家第83代のグリース女帝)。 強力なダイバーパワーを持ち、ナインの正体を一目で見抜いた。

>

騎士 (ファイブスター物語)

パートナーAFはプレインス。 メル・クール・リトラ・天照(1969 - 2122) 「 リトラー(第1巻口絵など)」とも。 「純血の騎士の家系」に繋がる人物であり、始祖であるナッカンドラ・スバースので慧那・ダイ・グ・フィルモアは伯母に当たり、ママドアは姪に当たる。 アトロポスや他のファテァマも似たように死に対する恐怖などは全く持ってませんね。 作者のコメントによると、この人物は絶対に何があっても生き永らえてこの人物なりの幸せな人生を全うするとのこと。

>

多刀流

フィルモアやハスハの列強による後ろ盾を得てそそのかされ、大国コーラスに侵攻する。 ピチカート公国 [ ] アイリーン・ジョル ピチカート公国国家防衛騎士団シェン・ラン騎士団団長。 ハスハント王宮攻防戦で、ムグミカとダグラス・カイエンの命の代償により復活したナ・イ・ンの命令を受けてマグダルと共に王宮を脱出(ムグミカの死の時点でミカレスではなくなった )。 剣聖は騎士として最も優れた者に与えられ、天位の中でもより優れた者には、各時代一人ずつ強天位(ごうてんい)と小天位という称号が与えられる。 ハスハでのクバルカンの行動に関しては、次期法王と目されるミューズに一切の責任を負わせないことを固く決意している。

>

ファイブスター物語のカイエンて本当に強いの?女・子供と戦って...

その後、戦いを経験しないまま皇帝代理騎士(ハイランダー)として魔導大戦の壮絶な戦闘に身を投じることになる。 ナルミ・アイデルマ 第10支隊・ツラック支隊の支隊長。 魔導大戦を引き起こした目的については、正当な超帝國の血筋でないものが星団においてのさばっているのを不愉快に感じていたからと言われているが、まだその真相については明かされてはいない。 人物 普段はおちゃらけた態度で人を煙に巻き、で節操がなく、相手がヒロインだろうとアトール皇帝(詩女)だろうと平気でめいたことをしでかし、面倒くさくなったりになりそうになるとすぐ逃げてしまう、とにかく無責任で情けない男。 勢力を率いた。 ナッカンドラ・スバースからアルセニック・バランスを通じて懐園剣を託されたことやタイフォンのその後など謎が多い。 後に「薔薇の剣聖」として知られるの力試しの際はマドラの実力を見抜いて「人生で一度は本気を出してみたくなった」と言い、『 残像ミラーの連弾衝撃破十字架手刀トリプルヘキサグラムのついでにMBTの本体ミラー48分身光速スカートまくり』という究極の超絶エロ妙技を披露して防がれてしまっているが、これでもまだ本当の本気ではなかった模様。

>

剣聖技

2121年に最初にAKDに現れた時にはで若者らしい傲慢さと野心に溢れる人物だったが、命の水で復活しバッハトマ皇帝の座についてからは、たとえ敵であっても他人に対して礼節は欠かさず、無名であっても実力のある人材を多く登用するなど王としての品格と器量を備えた人物へと変化していた。 デコースが後に天位クラスの腕を持つと作中で明かされたのに比べ、トローラは並程度の騎士と思われがちだが、その死にデコースが憤激したことやボード・ヴュラードがソープに二人まとめて「腕が立つ」と注意したこと、彼を倒した相手がソープ(アマテラス)+ラキシス+K. 4代目 (ハリコン・メロディ) 2619~2620 …コーラス王朝の分家・メロディ公家王子。 ギーレルを「もとより詩女様を中心とした国家」とし、旧ハスハ連合とは当初から距離をおいていた。 詩女フンフトとの間に「フォルテシモ」「シング」の2子をもうけている。 弟子ハイアラキは従弟。 その当時、レスターの飛び道具にひっかかったり、アトロポスにやられたりと、そこそこな強さくらいな設定だったのでしょうかね。 ディス・ヒフツェン・ボスヤスフォート(星団暦〜2121,2992〜)。

>