小林 もみじ 園。 植木屋さんが創り出す絶景!埼玉・小林もみじ園の紅葉|さんぽのしるべ

小林もみじ園、400種類の紅葉の穴場で販売も 埼玉県川口市

一方の敷地には「ロウバイ」が咲いていました。 おわりに もみじ専門の植木屋さんに紅葉の名所というは、ちょっと珍しいですよねー。 そのため目線が近くて見ごたえがるんです! ですから全員スマホやカメラを構えてているといっても過言ではありません(笑)確かに撮りやすいです。 (代表、石井久雄) 記 1. もう「ダ埼玉」なんて言わせないんだから!w 参考までに小林もみじ園の近くには興禅院や花と緑の振興センターもあり、これらをはしごしながら紅葉撮影を楽しむのも一興です。 したがって、現在はもみじ専門の植木屋です。 あるいは、戸塚安行駅から路線バスの西川口駅行(JR京浜東北線西川口駅とJR武蔵野線東川口駅を結ぶ国際興業バス。

>

小林もみじ園 クチコミ・アクセス・営業時間|川口・戸田・蕨【フォートラベル】

こんな光景が、東京からたった30kmぐらいのところで見られるのですから驚きです。 それでも、落ちてしまった葉も結構ありました。 もみじを折るなどの行為は、絶対にやめてください。 専門店というだけあって、いろんな種類のもみじやかえでがあります。 「植木の町」として有名な川口市の安行地区。 もうこの時点で、驚かされてしまいました。

>

安行 小林もみじ園に行ってきました

もみじのじゅうたん 小林もみじ園の敷地の中にはたくさんのもみじが植えられています。 最寄り駅は、埼玉高速鉄道(埼玉スタジアム線)戸塚安行駅で、駅からは徒歩約20分。 もみじの葉の色で写真を撮るのを楽しんでもみました。 いずれのバス路線も、小林もみじ園が営業している時間帯は1時間に1本程度の運行です。 もみじの近くまで寄れるので、自分が意図する構図までカメラ位置を持って行くことができます。 でも、それぞれの季節の見どころの時期は、あっと言う間に過ぎ去ってしまうので、天候などでチャンスを逃してしまうこともよくあります。

>

小林もみじ園の紅葉2020!見頃や現在の状況・アクセスなど紹介!

ご好意で園内を一般開放されていますので、見学される方はマナーを守って観賞するように気をつけてください。 ゴミのポイ捨てや大声で騒いだり、植木を傷つけたりするようなことは絶対にしないでください。 自転車では無理ですが。 生きているうちに、もう一度ぐらい見られるかなー?w アクセス 鉄道・バス• 同地区にある 「小林もみじ園」はもみじ専門の植木屋さんです! 3000坪の敷地の一部を一般開放 無料 されていて、自由に散策することができます。 小林もみじ園 入園料 入場は無料 営業時間 営業時間は、午前9時から日没まで 小林もみじ園 アクセス 〒334-0058 埼玉県川口市大字安行領家325 電話 048-295-1491 お天気検定の主な紹介スポット. 山などと違って、上り下りや段差がほとんどありませんので、お年寄りの方などにはとても見やすい紅葉スポットだと思います。 一部のもみじは真っ赤に紅葉していましたが、まだまだ緑が多く残っていました。

>

小林もみじ園、400種類の紅葉の穴場で販売も 埼玉県川口市

全国的に有名な紅葉スポットではありませんが、訪問してほしいスポットです。 東川口駅南口より国際興業バス 西川04系統に乗車し、「花と緑の振興センター」にて下車。 昨年より1週間早い時期に来ました。 この場所はもみじの緑のトンネルで、むしろすがすがしさを感じました。 いつものようにカメラを持っていきましたが、今回は紅葉の一部分を切り取って写真にする作業という感覚でちょっと面白みに欠けました。 入口から真っ赤に染まった木々に囲まれた道を歩いて行きます。

>

小林もみじ園 クチコミ・アクセス・営業時間|川口・戸田・蕨【フォートラベル】

敷地の一部は紅葉の木々の間に入ることもできます。 カメラのレンズでボケを楽しみながら、写真を撮っていきました。 小林もみじ園は個人の園芸業の方のお宅です。 山モミジ、イロハモミジなどが紅葉します。 春に芽吹く時は緑色をしているのですが、10月になりますとふちが赤くなりまして、最終的には黄色の葉に赤い縁どりがつくという珍しいものです。

>