休日 おでかけ パス。 休日お出かけパス 端っこ旅

休日おでかけパスでお出かけしませんか?概要、おトクになるか否かの調べ方、購入方法、利用開始方法をご紹介

週末などを利用した首都圏各地へのお出かけに便利なきっぷです。 ですので あらかじめ出発前に駅の指定席券売機で乗り越し区間の乗車券を買っておくのがスムーズでしょう。 115系、211系や富士急を見る事が目的ですが、高尾から先は私の知る中央線(通勤路線)とは全く違う風景が広がり旅気分も味わえました。 次のような指定席券売機から購入する必要があります。 休日おでかけパスで行ける範囲や区間は? 東京近郊フリーエリア内の快速を含む普通列車普通車自由席、東京臨海高速鉄道線全線(りんかい線)、東京モノレール線全線が乗り放題になります。

>

休日おでかけパスとのんびりホリデーSuicaパス:JR東日本

SuicaやPASMOを定期券として利用している場合、紙の「休日おでかけパス」を使うことになります。 小田原と書かれた大きな提灯が目立ちますが、たたむと黒い枠の中に全て収まってしまうのが特徴(携帯用)な小田原提灯ですね! 横須賀線・久里浜駅(2013年11月撮影) 端っこを意識していったのはこの駅が最初です。 週末に日帰り旅をしてみてはいかがでしょうか?• 「休日おでかけパス」は、利用日当日に、JR線の駅の券売機で購入できます。 でも遠くに行くのはなんかめんどくさいんですよね…[…]• ただ、子供とのおでかけを考えている場合、子供が体調を崩したりして予定が変わることもあると思うので、 当日に購入することをおすすめします。 首都圏では東海道線、横須賀・総武線、高崎線、宇都宮線、常磐線、湘南新宿ライン、上野東京ラインの普通列車に連結されています。

>

休日おでかけパスでお出かけしませんか?概要、おトクになるか否かの調べ方、購入方法、利用開始方法をご紹介

おでかけパスで乗り越しする方法 おでかけパスで乗り越しをする場合 その計算方法は 「運賃打ち切り方式」を採用します。 広告 元が取れるのは? 「休日おでかけパス」の価格はおとな2,670円。 休日おでかけパス JR東日本が発売している企画乗車券、「お得きっぷ」の一つに「休日おでかけパス」があります。 今日はここまでご覧いただき、ありがとうございました!. 休日おでかけパスが活用できないか、ぜひ調べてみてくださいね。 両毛線・足利駅(2017年7月撮影) 上毛電鉄に行くため小山から桐生に115系で向かう途中(2014年5月)、下車してしまうと後の予定がキツくなるので止むを得ず通過した駅。

>

休日おでかけパスでお出かけしませんか?概要、おトクになるか否かの調べ方、購入方法、利用開始方法をご紹介

(車では40分程度) この旅を初めてから、たとえ数分の待ち時間でもいろんな駅に降りるようになりました。 乗越料金を払えばエリア外に行くことも可能 です。 しかも停車本数が少なく行きにくい駅かも・・・ 高崎線本庄駅まで歩いて30分弱でした。 鶴見線・大川駅(2018年5月撮影) 鶴見線に残った3駅をまとめて訪問したかったのですが、この大川駅に電車が来るのは朝夕だけ! 何かのタイミングで、その時刻を狙って乗らなければ無理そうなので、近隣の武蔵白石駅より歩いてみました。 購入には、Suicaやクレジットカードも使えます。 平日のラッシュ時を除けば、これらの路線のグリーン車は座れることが多いので、席の心配をせずに利用できます。 2019. 最初にJRを利用する駅から、最終目的地までの区間の分を買わないといけない。

>

「休日おでかけパス」のメリット・デメリットと買い方

南関東に住む者にとっては、誠に有効な切符であることがお分かりいただけるでしょう。 以外にも正面から見る事が少なく・・・ 休日おでかけパスMapの端っこ駅(何度も行った駅は最新の画像・地域順に変更) 水戸線・下館駅(2017年7月撮影) 小山を挟む三つの駅をまとめて訪問。 もくじ• 有効期限は、 その日1日限りです。 (右の方にEF60が鎮座、反対側の出入り口前は学校でした) 高崎線・神保原駅(2016年9月撮影) 2013年に上毛電鉄まで足を延ばした際、車内からホームを撮影したこの駅。 休日おでかけパスが活用できないか、ぜひ調べてみてくださいね。 駅舎入り口横のアーチに咲く赤いバラがきれいでした。

>

JR東日本の休日おでかけパスを使って両毛線日帰り旅をした旅行記

エリア内で下車してさらに別の場所に行く 場合に利用するとお得になるパターンとなります。 でも、それってどこなの?って言う疑問が湧きますよね。 新幹線・特急のきっぷを買うのによく使われるが、実はどこの区間の乗車券でも買えるので、たとえば東京駅の券売機で「土浦~水戸」の乗車券を買うことも可能 帰りは、普通に水戸駅で土浦までのきっぷを買えばオーケーです(あらかじめ指定席券売機で往復で買っておいても大丈夫) この精算方法は、どの駅へ向かう場合でも同一です。 購入時、切符が2枚か3枚出てきますが、実際に使用するのは、< 休日おでかけパス(普通乗車券)>と書かれているもののみです。 前日にJR東海の休日乗り放題きっぷを使って甲府まで来たので、甲府スタートです! 甲府まで「」を参照ください。

>

JR東日本の休日おでかけパスを使って両毛線日帰り旅をした旅行記

JR東日本の主な駅の指定席券売機• 改札を出て街を眺めるとみんな違う街なんですよ!(当たり前の意味では無く・・・解っていただけますよね) 2018年10月現在の残り・・・ 端っこ旅を達成できていない駅・・・「茂原」「成東(端っこではなく角っこですが)」「成田空港」の3駅。 宇都宮・高崎へ向かう場合も基本は同じなのですが、ちょっとひとクセあるようで・・・。 だいたい「休日おでかけパス」のエリアぎりぎりいっぱいに近い地点です。 『ホリデー・パス』と比べると価格が高くなったのは微妙ですが、新たな区間も追加されたのは嬉しいポイントです。 この切符、「りんかい線」と「東京モノレール」にも乗れるんです! 常磐線・土浦駅(2015年5月撮影) 昭和の時代に特急「ひばり」で「常磐ハワイアンセンター」に行った時一度だけ乗った常磐線、それ以来の遠征です。

>