尊属 殺人 罪。 『栃木実父殺し事件』尊属殺人(親殺し)重罰規定が違憲となった理由とは?

殺人罪の逮捕者に与えられる刑罰|裁判までの流れと罪の軽減について|あなたの弁護士

すでに、このことが、刑法200条の規定の根底にある尊属殺重罰の思想ないし多数意見がその合理的根拠として述べる尊属に対する尊重報恩なる道徳観念が、必ずしも普遍性を有するものではなく、特定の歴史的社会的状況のもとに存立するものであることを窺わしめるに足りるのである。 そして、この規定が法の下の平等を規定する憲法14条に反するのではないかと問われ、昭和25年の最高裁大法廷判決は尊属殺人罪の重罰規定を合憲とした。 これだけ読めば親子喧嘩のなれの果て、と思うだろう。 この裁判の対象となったは、1968年にで当時29歳の女性が、自身に対してを強いた当時53歳の実父を殺害した事件で、「 栃木実父殺し事件」「 栃木実父殺害事件」などと呼ばれる。 本件の被告人の行為は正当防衛または緊急避難である—。 現在では考えられないことですが、貧しい親子からの支払いはお金ではなくジャガイモであったとも言われています。

>

卑属殺人罪

大貫氏と大八氏の第2の戦いが始まった。 1 尊属と卑属(以下概括して親と子と略称する。 [10] 量刑の実状をみても、尊属殺の罪のみにより法定刑を科せられる事例はほとんどなく、その大部分が減軽を加えられており、なかでも現行法上許される2回の減軽を加えられる例が少なくないのみか、その処断刑の下限である懲役3年6月の刑の宣告される場合も決して稀ではない。 年賀状を私宛に書くたびに、あなたは事件のことを思い出している。 そう考えた大八氏は主張した。

>

尊属殺人とは

本人の口から細かく事件のあらましを聞いた。 大貫大八弁護士と、同席した息子で、のちに訴訟を引き継ぐ大貫正一弁護士は、栃木実父殺し事件の背景を聞き、母や娘の心理状態を思い涙を流します。 差別的取扱いが合理的な理由に基づくものとして許容されることがあることは、すでに幾多の最高裁判所の判決の承認するところである。 これに対して、裁判は法を忠実に、冷静に、公正に、解釈・適用することが使命であり、道徳意識の過剰を牽制する意見もあった。 ・1995年になって刑法から尊属殺人罪が削除された。

>

栃木

[4] つぎに、 2 で説かれる諸点は、いずれも正当であり、わたくしも、刑法200条が、往時の「家」の制度におけるがごとき尊属卑属間の権威服従関係を極めて重視する思想を背景とし、これに基づく家族間の倫理および社会的秩序の維持存続をはかるものたる性格を有することを認めるにやぶさかでない。 女だから変わってしまう評価、逃げなかったのは逃げる気がなかったからじゃないの?というセカンドレイプ、合憲派のものいいまで十年一日どころじゃなく未だに似たようなことを言うやつがいるのがやりきれない。 かっては日本にも刑法200条の条文で尊属殺人罪は「死刑又は無期懲役」の重罰規定が存在しました。 因みに、既に削除されたのにも関わらず、現在もその条文番号と削除された事実は残されています。 刑法第200条は違憲であるという憲法論争をせざるを得ない。 そして、1995年に刑法が改正(平成7年法律第91号)された際に、からに変更されると同時に、傷害罪等他の尊属加重刑罰と共に、同条は削除された。

>

殺人罪とは

そういう次第で、今後法学部あるいは法科大学院における憲法教育の充実が痛感されるところである。 [2] 一、まず、多数意見に従つて、刑法199条の普通殺の規定のほかに、尊属殺に関する刑法200条をおくことが、憲法14条1項の意味における差別的取扱いにあたると解した場合、同意見がかかる取扱いをもつてあながち合理的な根拠を欠くものと断ずることはできないとし、したがつて尊属殺に関する刑法200条は、このゆえをもつてしてはただちに違憲であるとはいえないとする点は、相当と思料されるのであるが、多数意見がさらに進んで、同条はその法定刑が極端に重きに失するから、もはや合理的根拠に基づく差別的取扱いとしてこれを正当化することができないとし、このゆえをもつて同条は憲法14条1項に違反して無効であるとする結論に対しては、わたくしは、とうてい同調することができないのである。 尊属殺規定は道徳の乱れの歯止めとして機能している。 問題は、この規定に基づき、自ら浮気する等の不貞行為をしておいて、それが原因で夫婦の仲が破綻したという理由で、離婚が認められるかという場合である。 しかし、そもそも 直系尊属に関しての殺人を別の条項で規定した必要性とはなんだったのでしょうか? スポンサーリンク それは、昔の日本の家族のあり方とその人間観、 「子は親をうやまうべき」 「親は子をいつくしむべき」などというような道徳的な考えが反映されていたからです。

>

殺人罪の逮捕者に与えられる刑罰|裁判までの流れと罪の軽減について|あなたの弁護士

この裁判の対象となったは、1968年にで当時29歳の女性が、自身に対してを強いた当時53歳の実父を殺害した事件で、「 栃木実父殺し事件 」「 栃木実父殺害事件」などと呼ばれる。 また、人類の1人を犠牲にして、多くの人が助かるような医療技術が開発されたとすると、誰かを犠牲にすることは許されるのだろうか? その犠牲者が自分であったらどうなのだろうか? 功利主義に基づく倫理の考え方(論理)には問題が多く存在する。 新聞などでもこの判決は大々的に扱われ、 主要な新聞ははかつて尊属加重規定を巡って法廷で大論争(を繰り広げた斉藤悠輔前最高裁判事(合憲説)と真野毅前最高裁判事(違憲説)を紙面に登場させて激しい論戦を戦わせた。 PDF p. 」と規定されていますが、 尊属殺人はそれとは別に刑法200条の条文で次のように重罰規定されていました。 [6] 1 刑法200条の尊属殺人に関する規定が設けられるに至つた思想的背景には、封建時代の尊属殺人重罰の思想があるものと解されるのみならず、同条が卑属たる本人のほか、配偶者の尊属殺人をも同列に規定している点からみても、同条は、わが国において旧憲法時代に特に重視されたいわゆる「家族制度」との深い関連をもつていることを示している。

>