ディープ ステイト と は。 トランプ大統領を追い込むディープ・ステートとは? 高嶋ひでたけのあさラジ!

トランプ大統領が敵視する「ディープ・ステート」とは何か(前):【公式】データ・マックス NETIB

Me tooというのは、セクハラ被害にあった女優が実名で告発をし始めたSNS上のキャンペーンのことです。 コメントは、彼はまた、大統領と彼の同盟国によって煽られている "部族 "の傾向にそれを非難し、コロナウイルスのパンデミックへの対応を鋭く批判した長いチャットの間に来た。 どうやったら武装できるかとか言っているのだから、銃に関してはおかしな国だなと思いますよ。 ちなみに、 MMTを批判している人達は、 IMFそして日本の財務省を含めたディープステート側の人々です。 ユダヤ人とか出てくると「陰謀論だ~~」となる人が多いのですが、それこそが彼らが作ってきた隠れ蓑だととうさんは思います。 そして鈍化しているとはいえ GDP成長率が 6%を超える状況。

>

ディープ・ステイトの真実 日本人が絶対知らない!アメリカ大統領選の闇

4-5を要約) ディープステートとは「深く潜伏して見えない国家」のことであり、普段目にしている「表の国家」を背後から操ってきた「影の支配者」のこと。 大統領再選後に、マイケル・フリン氏を政権中枢に再び迎え入れて、ディープステートをまとめて叩きのめすのか?• 戦後の価値観(戦勝国史観)を絶対の価値観としているようだ。 に より. マイケル・フリン氏 オバマ政権時代のマイケル・フリン オバマ政権時代に、 アメリカ国防情報局長官を務めていました。 まずはトランプ大統領の立場 民主党のヒラリーを破って大統領となりましたが、 ディープステートたちは、民主党に多大なる影響を及ぼしていると言われています。 彼の価値観に合致するから。

>

世界はディープステートに支配されていたんだ・・・

その正体はグローバルユダヤを中心とする「国際金融資本家」です。 私は彼が日本の 希望の光だと信じたいと思っています。 During the transition, Obama even — advice that Trump ignored. それから行政府の中で、これが最大に近い問題なんですが、皆さん気づいていないのは司法を握っているということなんですよ。 以前からグーグルのCEOシュミット氏が北朝鮮に行くなどしていることから、現在の金正恩体制はディープステートに完全にコントロールされていると考えられています。 その言説によれば、クリントン元大統領夫妻やオバマ前大統領ら民主党重鎮、FBI、CIAや伝統メディア、政府官僚たちが国家内国家をつくって世界的な児童誘拐や売春を展開しており、ユダヤ系財閥も背後にいる、という』 ユダヤ系財閥 も ではないんだなー・・・ユダヤ系財閥こそ、だ。 まとめ ディープステートとは何か。

>

楽天ブックス: ディープ・ステイトの真実 日本人が絶対知らない!アメリカ大統領選の闇

マイノリティーをことさら擁護し、光を当てすぎることは社会の分断につながるのです。 我々はそれを、アメリカという国だと思っているんだけども、そうじゃないんです。 そして 国家のさらに上の権力を持つ ことになり、アメリカでは 1913年に FRBを創設、二度の世界大戦で 戦争ビジネスで儲け、アメリカ国家内でも CIAを創設、 大統領をも監視、支配コントロールするようになりました。 実際移民を大勢受け入れてきたヨーロッパでは社会の分断が始まっています。 私に言わせればね。 出鱈目な管理で自分が感染してしまうというのは、単なる公人失格であり、きわめて恥ずかしい話というべきだ。 まずこの「ディープ・ステート」というのはどういう意味なのですか? 宮家)簡単に言うと「闇の政府」みたいなイメージです。

>

123456789012345678901234567890

左派のジャーナリストの間では、トランプの出馬よりかなり前に軍産複合体を「ディープ・ステート」と呼ぶようになっていた。 ロシアゲートに見られるように、司法界の要所を押さえ、政敵を沈黙させてきた。 そして新首相になった ボリスジョンソン氏。 それを日本の学者は99. この段階では、 ディープステートと戦うトランプと言っておきたいと思います。 そして消費税増税&緊縮財政です。 理解してもらえたでしょうか。

>

「ディープ・ステイトの真実」西森マリー著|日刊ゲンダイDIGITAL

既存メディアの論調 ほぼ、陰謀論と断定する。 大統領選に向けた世論調査で、民主党のバイデン氏がトランプ氏をリードしていることを尋ねると、 世論調査の数字はうそだ。 高嶋)今日お聞きしたいのは、宮家さんもお書きになっていましたけれども、アメリカの「ディープ・ステート」。 その人気の理由のひとつが、冒頭にあげた「ディープステートと戦っている」という主張である。 「自国ファースト」を標榜するユダヤ人たちがいるのです。 クリントンが敗北し、トランプが勝利したため、ロシア関連調査を「デッチあげです。 2017年2月にトランプ大統領は、マイケル・フリン氏を解任します。

>