春 ひさぎ 歌詞。 ヨルシカ《春ひさぎ》考察してみました。(ちょっと)|暗ラ|note

ヨルシカ 春ひさぎ 歌詞

suis氏の裏で聞こえるのは n-buna氏らしき声だ 3月に公開された『夜行』以来。 そんなにリンゴ登場させられたらなんかあるんかなって思うやん・・・ていうくらい。 とあり、音楽活動においてタブーといえる盗作をテーマにした興味深く、奥深い作品となっていることが期待されます。 でも曲の後奏も初めと大きく変わることなく鼻歌をしながら歩いているような印象なので、正しい方向へとがらりと変わったというよりも、主人公が投げやりに変化したというように感じます。 ここまで来ると『春ひさぎ』という楽曲の特徴は、楽曲の製作者が音楽というものの存在価値について、視聴者に語っているような印象を受けます。 さらに蜻蛉と関連のある 「陽炎」も連想しました。

>

ヨルシカ「春ひさぎ」の歌詞は音楽活動を売春に例えている?

春をひさぐ、は売春の隠語である。 彼女が後ではなく 「悔」を求めているのはどうしてでしょうか。 しばらくありません。 骨董品宝石その他価値ある美術の類にも、とんと興味が無い。 この矢が射ようとするのは、 現代における音楽という的である。

>

ヨルシカ

しかし、自分らしさではなく自分が生み出す商業音楽を愛していることを痛感し傷ついたのでしょう。 儚く純愛が消えてしまうたびに彼女は傷ついてきたことでしょう。 ただその分、「人々に受ける」音楽性、雰囲気、アーティスト名やバンド構成、そのような「こうしたら売れる」というある程度のセオリーが出来上がろうとしているのは紛れもない事実だ。 音楽にどこまでも純粋だからこそ出来る、ヨルシカの現代への訴え。 歌詞解釈なるものをやっていこう、てな感じです。

>

愛と大衆とアーティスト──ヨルシカ「春ひさぎ」|むすたんぐ|note

で、改めて(1)~(4)を見てみると、これもまた「詮の無いこと……」の歌詞と同じく、恋愛に対する姿勢の変化が現れているように思います。 そのような危険な欲望にあふれた道を歩いている場面からスタートしており、まさに、音自身もそのような状況の中で活動しているという意味にも捉えられます。 『春ひさぎ』歌詞の意味 考えなければ過ぎ行く 大丈夫だよ大丈夫 寝てれば何とかなるし どうしたんだいそんな顔してさぁ 別にどうともないよ 駅前で愛を待ち惚け 他にすることもないし 不誠実の価値も教えてほしいわ 1番A,Bメロでは主人公の心境が、遊女と客のやり取りで例証されています。 ヨルシカの今後の活動と次回作に期待し注目したいと思います。 個人ではなく、事務所に所属するアーティストたちの共通の悩みと言えるかもしれません。

>

春ひさぎ 歌詞『ヨルシカ』

(3)、(4)では踏ん切りがついたのか、恋愛に積極的な姿勢になっています。 先程の説明文を踏まえるならば、ことなかれは「どうでもいい」愛は「音楽」とそれぞれ歌詞を読み取ることができます。 初めは性行為に抵抗があった遊女も 「寝てれば何とかなるし」と自分に言い聞かせています。 今作では 「商売としての音楽」のメタファーとして機能しているようです。 2番の出だし「言葉は言い足りないし」というのは、どれだけ歌っても本当に伝えたいメッセージが伝わらない、という製作者の苦悩が描かれます。

>

ヨルシカ《春ひさぎ》考察してみました。(ちょっと)|暗ラ|note

そのため 「別にどうともないよ」と、自らの葛藤から目を逸らして生きていく、、、 ここから 「商売としての音楽」に魂を売った男の物語が綴られていきます。 」という文章。 現実の売春よりもっと馬鹿らしい。 ヨルシカはまさに今日の音楽シーンを語るうえで欠かせない存在と言っても良いだろう。 楽曲だけ聴けば、挑発的に余裕を見せながら叶わぬ運命への切なさを募らせる、遊女を主人公とした曲と捉えられるのだが、n-buna氏はそれすらも メタファーとして『盗作』のテーマに絡めてきたのである。 さらに、2番の最初に、キーボードを食べて苦しむ姿が描かれていることからも、 盗んだ音楽に対して気持ち悪さを感じていると考えられます。

>

春ひさぎ

ここで何が成す術がないのかというと、 愛を成就させる術がない、みたいなことだと感じました。 そんな 伝えきれない悲しみなんて、あんた=視聴者にはわかりきらないだろうといっている気がします。 歌詞の中でも 遊女と客のやり取りが見られます。 自身が歌にしたいことも歌にできない。 コメントにあったプライドには、アーティストの譲れない訴え方や表現方法が含まれるのでしょう。

>

【ヨルシカ/春ひさぎ】歌詞とMVから意味を解釈・考察してみた

儚いもの、そしてこの歌詞の流れで行くと、「蜻蛉」「陽炎」とは 「愛」のことを指しているのかと思います。 それを決して強調せずさりげなく表現する歌声は『ルットゥルルットゥル』という鼻歌に変わり、暴走する楽器たちに飲み込まれていってしまう。 この時点では恋愛に対して否定的な態度でいます。 現代社会ではどんな職業であろうと侮蔑することがあってはならないのですが、物語で描かれるイメージとしては少なくともそうだと思います。 (2)では「知りたくないわ」とは言っているものの、「忘れられないわ」という歌詞が……ん?ってなります。 自分の望む音楽が提供されればそれで満足なのです。 それでもアーティストは愛の味を知り、いつの間にか 音楽より評価を追い求める体になってしまう。

>