テクニクス サスペンション。 セロー250 自分でサスペンション交換 リンクオーバーホール セッティング リア編 テクニクス

サスペンション専門ショップテクニクスが提案するブランド『TGR』に迫る |バイクブロス

10 recent comment. ) 左がノーペンション、右が TGR TEC-1. サスペンションに迷いが出たら、ぜひ一度ご相談ください。 最後に作動が正常かチェックしたうえ、作業に取りかかる前に計測、記録していたセッティングに戻して納品する。 サスペンション専門ショップ テクニクスとは 埼玉県春日部市に今年(2013年)移転、新たに広く美しい店舗を構えたテクニクスは、クロスカントリー、エンデューロライダーの間では知らぬ者のいないほど有名なサスペンションチューニングブランドだ。 サスペンションのみの持ち込みだけでなく、車両そのものを預かっても作業出来るよう、広い屋内駐車スペースも持つ。 窒素ガス充填。

>

茨城の新コース「イワイモトクロスコース」に行ってみた、走ってみた!

ロードレース選手からのオーバーホール依頼で、トレーニングに使用し乗りっぱなしにしてしまい オイル漏れしてるから、との事です 😅 車両はHONDA RTL260F フロントは片側カートリッジダンパー、片側スプリングのタイプです。 その名も「イワイモトクロスコース」です。 アルミ削りだしのハブにD. 自ら本場の地でライディングし数々のレーシングフィールドで蓄積したノウハウは、どこにも引けはとりません。 サスペンションの分解、清掃を行うブース。 フロントは、家の近所で乗った感じと同じく、もう少しオイル粘度を下げても良さそうなので、次回オイル交換時はオイル粘度を落としてみようと思う。

>

セロー250 自分でサスペンション交換 リンクオーバーホール セッティング リア編 テクニクス

(結構自分でなんでもするのに、なぜかトルクレンチを持っていない、そのうち買おうと思っているが、今まで特に問題が起きたことがないため、なかなか購入できていない。 に隣接しているので、すぐ横には文字通りサーキットがあります。 リバルビング時に合わせて使うと効果的だろう。 これで前後とも本来の性能を発揮してくれると思います。 フロントアップ、リヤホップ等のアクションが、ノーマルと比べ格段にやりやすくなった。 これがなければ始まらない、 WP用各種シム・ブッシュ等、消耗品ももちろん豊富に取り揃えています。 新品同様の滑らかな表面に仕上げていく。

>

茨城の新コース「イワイモトクロスコース」に行ってみた、走ってみた!

アウターチューブ内部の摺動抵抗を減らすだけでなく、外観もカスタム感あふれる ブロンズ(カシマコート)かブラック(黒カシマコート)になります! ルックス向上と共にサスペンションの動きも良くなります! フロントフォークアウターチューブ1本分:15,000円~(税抜き) (正立フォークで鋳物表面の場合、表面研磨(税抜き10,000円~)をしてからのコーティングとなります。 分解に入っていくと。 メーカー規定値に油面を合わせ、作業完了です。 そして2013年、3度目の移転を行い、同じ春日部市内にショールームを兼ねるファクトリーをオープンした。 サスペンション専門店を立ち上げた井上さんは2003年にアメリカに渡り、モトクロッサーのサスペンションチューンで知られるMX-TECHと技術提携。

>

セロー250やCRF250Lはサスペンションで「化ける」。上手くなくてもいいサスに乗るべきワケ (4/5)

昔ながらの『整備工場』とは一線を画したイメージの新社屋。 。 これらの要素を伺えば、なにしろこれまでの作業データが膨大なので、求める性能を提供する事が出来ます。 また、リアショックには『NITRON R3』ショックを装着してのテスト・開発を行っております。 「油面を上げる」、「スプリングにもう少しプリロードをかける」等、もう少し試してみようと思う。 セッティング は、とりあえずライダー体重60〜75kgの推奨セッティング で、送られてきた状態そのままで組んでみた、サグ調整はサスペンションを取り外して調整する必要がある。 (スイングアームは、リンク部分とスイングアームの先端がボルトナットで締まっているだけなので、そのボルトを外せば簡単に外すことができる。

>

MONDO MOTO サスペンションオーバーホール&リバルビング

正しい方法で正しく組み上げられたフォークの動きは別物です。 テクニクスでは、空気がわずかでも混入しないように、真空状態を作ってからオイルを充填する専用充填機を使用する。 今回は、スイングアーム、リンク周りも全て外す。 作動性の要となるショックロッドは旋盤で研磨。 現在ラインアップされている商品は、スーパーモタード用、モトクロス用に用意されたTGRレーシングホイールと、テクニクスのノウハウを注ぎ込んだTGRスプリングだ。

>

セロー250やCRF250Lはサスペンションで「化ける」。上手くなくてもいいサスに乗るべきワケ (4/5)

車体にまたがり、上下に揺らしてみると、スムーズに前後サスペンションが同じようにする。 前後バランスもバッチリで、山遊びが楽しみだ。 エンジンの場合は、オイルやフィルターの交換をまめに行わないと「エンジンが壊れるのでは」という恐怖感がはたらくからだろうが、実はサスペンションもエンジンと同じように……いや、それ以上に定期的なメンテナンスが必要とされる部品である。 (ホースを手でよければこのままボックスレンチが入る) 右サイドカバーを外すとこの矢印の部分にサスペンション上部のボルトが見える。 リバウンドアジャスターは組み付けたままでも調整可能なため、簡単に変更できるが、これもとりあえず推奨セッティング のまま。

>

セロー250やCRF250Lはサスペンションで「化ける」。上手くなくてもいいサスに乗るべきワケ (4/5)

リバルビング例 2008 KTM125EXC フロントは2003-2004用アウターチューブとインナーチューブを使用し、剛性感を出しています。 手際よく、リアショックを分解可能な状態まで完全に分解する。 「バイク屋さんじゃないんですか?」と驚かれる事もあるという美しいショールーム。 これからご紹介するコーティングは見た目だけでなく、 しっかりと 性能向上する一石二鳥のカスタムです。 オイルシールなどの頻繁に交換される部品は常時在庫され、製品ごとに整理整頓されている。

>