排除 類語。 「危惧」の意味とは?類語「懸念」との違いと対義語・例文も解説

「排除」の意味から「類語」を解説!

あまり見かける機会はありませんが、行事への参加に招待されるときに丁寧な言い回しで誘われています。 「淘汰」の意味は、• 誰かまたは何かを追い出す行為 の意• 環境、条件などに適応する物が残存し、そうでないものが死滅する現象。 ただ、文脈によっては選択と淘汰を区別しなければならないこともあるので注意しましょう。 丁寧語を加えた「危惧しています」よりも丁寧な表現であるため、言い換えてみましょう。 能力の低い人が消えて、能力の高い人が生き残る などとなります。

>

「背徳」の意味とは?言い換えの類語・対義語や花言葉も紹介

本来社会の構成員が等しく享受できる公共のサービスを社会の差別的待遇、無知、言語能力不足、貧困、家族の問題(援助を必要とする親族や若い母親)、住宅事情などの理由で受けられないことが原因である。 ものや人に対して、いらないものを取り除く、いらない人を追い出すことを表します。 完成を防ぐ の意• しかし気をつけたいのが、「万難を排してご参加ください」という参加を呼び掛ける意味で使った場合、目上の人に対しては失礼になる場合もあるということです。 「排」は「押しのける。 とり捨てる• 「没倫」は「倫理を没する」人道から外れることを表す言葉です。 取りさる• 取りのぞく• 「淘」は音読みだと「トウ」、訓読みだと「よなげる」と読みます。

>

廃止(はいし)の類語・言い換え

取りはらう• 「背徳」の意味2「後ろめたく思うさま」 「背徳」には「後ろめたく思うさま」という意味も持ち合わせています。 「背徳」は悪い意味だけで使われるのではなく、教えや悟りのシーンでも役に立つ表現なのです。 「冗員淘汰」の意味は 「必要のない人員を減らして整えること」です。 「淘汰」は <とうた>と読みます。 「万難を排して」の意味とは? 「万難を排して」の意味としてまず「万難」から見ていきます。 万難を排してご参加ください ちょっと大げさですが、なにがなんでも、ぜがひでも参加して欲しいといった場合にこのように「万難を排してご参加ください」といった言葉で参加を誘われることがあります。

>

「排除」の類義語や言い換え

裁ち截る• 排除する の意• そのくらい、ちょっと時代がかった古い大げさな言い回しになっています。 「除」は音読みで「ジョ・ジ」、訓読みで「のぞく」と読みます。 危惧していたことが現実に起こった• 「万障お繰り合わせ」の場合は、そういったように参加して欲しいといった参加を要請する言葉です。 「危惧」の意味とは? 「危惧」の意味は「あやぶみ恐れる」 「危惧(きぐ)」とは「悪い結果になるのではないかと、あやぶみ恐れること」を意味します。 「万難を排して馳せ参じます」は、家が滅亡し家臣たちがちりぢりになってしまうとき、別れる元の主君に対して「お家の再興のときには万難を排して馳せ参じます」というように使っていました。

>

「淘汰」の意味と使い方、類語、「排除」との違い

「排除」の意味は 「おしのけ取りのぞくこと」です。 このように元々社会的排除とは失業者が定職を得るための障害を指し、社会的排除対策とは職業訓練を軸とする就労対策を意味していた。 生物学における「淘汰」と「選択」 生物学における「選択」は、 「進化において、生物個体や形質などが世代を経ることによってその数や集団内での割合を増していくこと」を意味します。 このようなことが起こって、 結果的に良いもの・勢いの良いものが残ったという場合に「淘汰」を使います。 取りさる• 「人為」は「人の力で何かを行うこと」「自然の状態に人が手を加えること」を意味します。

>

「除去」の類語・意味や別の表現方法(言い換え・言い回し):類語・類義語(同義語)辞典

例えば、 「今回は特殊なので除外します」 などと使います。 「淘汰」の意味は、 1. 撥除ける• 現代で使うには、あまりにも大げさであり、大仰でものものしすぎると受け取られる可能性が高いです。 不必要な要素を取り除く の意• どちらかと言えば、言葉では表現しがたい複雑な思いや後悔の念が深く根付いていることが多く、心から後ろめたく思う時に使われる表現となります。 意味的にも、「淘汰する」というよりも「淘汰される」と受け身の形で使うことが多いです。 何かを拒絶する行為 の意• 「危惧」を使った例文• 奪い去る• 不適当の者を排除すること• 奪取る• 引退ける• 人の手によって優秀な個体を育成し、より良い個体へと育て上げることを表します。

>