往復 切符 有効 期限。 【早見表あり】往復乗車券の有効期間を調べるのは少し面倒

往復乗車券は片道乗車券2枚とは違います

そこまでは良いんですが、帰省を終えて、帰りの特急券を買う時に一応確認しようと思い、駅で復路の切符を見せ「これは乗車券のみですよね?」と駅員さんに尋ねると「乗車券の期限が昨日で切れてます」と。 ただし、みどりの窓口は混雑している傾向があるため スピーディーに購入したいなら他の方法がベストな買い方となっています。 私は学生なのですが、年末年始に帰省しようと思い、大学生協のトラベルセンターで新幹線の切符を購入しました。 ただし、先に述べたように、在来線と新幹線は新下関~博多間を除いて経路が選択できます。 指定席券売機でも同様です。

>

往復割引切符で新幹線の途中下車は可能か?

ところで、有効期間が8日ですから片道で4日相当。 往復乗車券 それでは往復乗車券とは具体的にどんなものなのでしょうか。 新幹線のうち、大都市近郊区間に含まれるのは、東海道新幹線の米原~新大阪間と、山陽新幹線の姫路~相生間だけです(いずれも大阪近郊区間)。 ただし、注意が必要なこととして、クレジットカードで買ったきっぷは 購入した駅でしか払い戻しができません 現金で購入した乗車券であれば、東京駅で買ったきっぷを大宮駅で払い戻すなんてことも可能ですが、なぜクレジットカードだけこんな扱いになっているのかというと、不正利用対策です。 800キロまでの5日と、1,000キロまでは6日が当てはまります。

>

豊橋往復きっぷ/往復・カルテットきっぷ専用新幹線変更券|お得なきっぷ詳細情報|JR東海

往復乗車券のメリット 往復乗車をするとき、片道乗車券と往復乗車券でどういう違いがあるのでしょうか。 ところで、有効期間が8日ですから片道で4日相当。 関連する規則• ただし、JRの乗車券には有効期間がありますので、注意が必要です。 必ずしも行きの分と帰りの分を同時に(まとめて)買う必要はありません。 片道の営業キロが601km以上で適用され、往復のきっぷをセットで買った場合、「ゆき」、「かえり」の運賃がそれぞれ1割引になります。 山手線内発着となる乗車券も同じです。 片道だと3日間有効の区間であれば、往復で6日間有効となりますから、行きに5日間かけ、帰りは1日で帰ってくる、なんていう使い方もできます。

>

新幹線きっぷの有効期限

行きは指定席にしようと思っていたので、日時を指定して特急券を取ったのですが、帰りはまだ時間が未定だったので何も言いませんでしたし、聞かれませんでした。 片道601km〜800km 10日• ・ANAカードの切り替え・再発行などで新しいカードがお手元に届いていない場合は、お手数ですがANA予約・案内センターまたはANA国内線空港カウンターにてご購入ください(ANAウェブサイトでは承れません)。 年末年始・お盆・GWなどの期間にも利用できますが、事前の会員登録は必須です。 ただし、近郊区間内だけを通る乗車券は片道は当日限り、往復は2日間有効となります。 つまり、541~600キロの距離を往復するときは、600キロを越えた駅までの往復乗車券を買ったほうが安く済むのです。 片道乗車券を発売できる区間であって• ・お一人でANAカードを複数枚お持ちで、予約に登録されたANAカードとは異なるANAカードでの決済をご希望の場合は、ANA予約・案内センターまたはANA国内線空港カウンターにてご購入ください。 みどりの窓口は時刻表の索引地図で緑色の点で示された駅にあります。

>

JR東日本ジパング倶楽部についてよくある質問:JR東日本

同じ経路なのに方向により成立したりしなかったりする例ですね。 540~600キロの場合の裏技 往復割引がきくのは600キロを超える場合だけですが、実は裏技があります。 そのため、学割証はできるだけ節約して使いたいものです。 現地での滞在が長引く場合は、帰りの日が有効期間内に間に合わないこともあります。 また、「トクだ値」などのインターネット専用割引きっぷなどとの割引の二重適用はありません。 大都市近郊では列車の本数が多いから、その日のうちにたどり着かないわけ無いでしょ、ってことなんだろうけど。

>

JRの運賃・料金 ~乗車券・原則編~

現地での滞在が長引く場合は、帰りの日が有効期間内に間に合わないこともあります。 つまり、乗車券の途中の駅で一旦改札を出ることができます。 払い戻し手数料 もしもの急用などで旅行を中止しなければならなくなった場合、払い戻すことになるわけですが、片道乗車券をバラバラに購入していた場合、片道乗車券1枚につき220円を支払う必要がありますが、連続乗車券ならば全体で220円で済みます。 料金券は特急券やグリーン券のことで、輸送サービスに上乗せしてアップグレードするためのものです。 どの買い方でも往復切符を購入することができ問題ありません。

>