河川 法 第 24 条。 河川法の許可等について

申請様式ダウンロード

なお,当所管理の河川については,で確認できます。 指定・廃止の基準 河川管理者が河川として管理が必要とした三号地については、法律上指定が必要となります。 申請を行うみなさまの立場で手続きを進め、懇切・丁寧な応対をするとともに地域事業の早期着手を支援し、地域に貢献することを目的としています。 etc 【申請書及び添付書類】• 実測平面図(1/500程度で,河川区域,河川保全区域,官民境界線を入れる。 許可が必要な行為 ・河川の流水を使用する場合(河川法第23条) ・土地の占用をする場合(河川法第24条) ・土石等の採取をする場合(河川法第25条) ・工作物の新築・改築・除却をする場合(河川法第26条) ・河川の形状を変更する場合(河川法第27条) など 県が河川管理者の場合、具体的な手続等については、お近くの土木センター・土木事務所にお尋ねください。 実測縦断図• 採草地などとして使用したい。

>

河川区域にかかる手続き(河川法第24条等)について

etc 【申請書及び添付書類】• 許可を受けないで行おうとしても、建物の建築確認もできませんし、又、罰則もありますので十分注意して下さい。 その他事務所長が必要と認めた書類 また、既に境界を確定しているが、境界確定書の紛失等により、原本証明を受けようとするときは、河川敷地境界確定書原本証明書交付申請書を提出してください。 公益上又は慣行等から占用料を徴収することが不適当であると認められるもの。 公共のものである河川に工作物を設置することや、必要以上に土地を占用し、流水を取水し、砂利を採取してはいけないのです。 以下この項において同じ。

>

河川区域にかかる手続き(河川法第24条等)について

実測横断図• )並びに平成元年度及び平成2年度における事務又は事業の実施により平成3年度 (平成元年度の特例に係るものにあっては、平成2年度。 河川法第27条 ・河川の水を取水する場合。 )による改正後の法律の平成3年度及び平成4年度の特例に係る規定並びに平成3年度の特例に係る規定は、平成3年度及び平成4年度 (平成3年度の特例に係るものにあっては平成3年度とする。 申請書• )、第78条第1項、第89条第1項から第3項まで、第6項及び第8項、第91条第1項、第92条、第95条並びに第99条第2項の規定により、二級河川に関して都道府県又は指定都市が処理することとされている事務 3 国は、当分の間、地方公共団体に対し、第60条第2項後段、第62条、第65条の2第1項後段又は第96条の規定により国がその費用について負担する改良工事で日本電信電話株式会社の株式の売払収入の活用による社会資本の整備の促進に関する特別措置法 (昭和62年法律第86号。 標準処理期間は,申請書を受理してから2~4週間程度です。 )に関する工事の実施体制その他の地域の実情を勘案して、当該都道府県知事等が管理の一部を行う指定区間内の一級河川若しくは管理する二級河川に係る政令で定める改良工事等又はこれらの河川に係る災害復旧事業に関する工事 (いずれも高度の技術を要するもの又は高度の機械力を使用して実施することが適当であると認められるものに限る。

>

河川に関する手続き(占用許可,行為の許可等)

etc 【申請書及び添付書類】• 面積計算図• 各種申請・届出の添付書類や手続きの流れについては,各手続きの項目を参照してください。 河川の効用に影響を及ぼすおそれのある行為(工作物の設置、土石の採取など)を といい、 河川が有している財産的価値の取得(水利使用、土地(国有地)の占用、土石等の採取)を といい、 それぞれ河川法の許可を受けなければなりません。 代理人により申請を行う場合は、委任状及び私有地等の所有者の印鑑登録証明書 7. 河川を使用する際の注意 河川は公共の空間です。 )又はこの法律の施行の際現に改正前のそれぞれの法律の規定によりされている許可等の申請その他の行為 (以下この条において 「申請等の行為」という。 第21条 土地収用法 (昭和26年法律第219号)第93条第1項の規定による場合を除き、河川工事の施行により、当該河川に面する土地について、通路、みぞ、かき、さくその他の施設若しくは工作物を新築し、増築し、修繕し、若しくは移転し、又は盛土若しくは切土をするやむを得ない必要があると認められる場合においては、河川管理者 (当該河川工事が河川管理者以外の者が行なうものであるときは、その者。

>

河川の使用に関する許可申請書|国土交通省北陸地方整備局 信濃川河川事務所

河川空間を占用する場合は許可が必要です。 2 この法律 (第11条、第12条及び第34条の規定を除く。 河川法第23条 ・河川の砂、ヨシなどを採取する場合。 代理人により協議を行う場合は、委任状及び私有地等の所有者の印鑑登録証明書 8. 事業計画概要書(必要あらば図面添付)• )、第16条の2第1項、同条第3項から第6項まで (同条第7項においてこれらの規定を準用する場合を含む。 2 前項の申請書には、次に掲げる図書を添付しなければならない。

>

河川法施行令

面積計算図• )による改正後の法律の規定は、平成5年度以降の年度の予算に係る国の負担 (当該国の負担に係る都道府県又は市町村の負担を含む。 なお、申請にあたっては、事前に にご相談ください。 (許可後に変更が生じた場合)• 河川法第26条 河川区域内の工作物の新築等 河川区域内の土地(河川用地に限りません)において、工作物を新築、改築又は除却する場合に必要な許可です。 学校教育法の一部を改正する法律の施行に伴う関係政令の整備に関する政令• 事業計画書(事業の場合は,計画の概要を記載した図書。 )による改正後の法律の昭和61年度から昭和63年度までの各年度の特例に係る規定並びに昭和61年度及び昭和62年度の特例に係る規定は、昭和61年度から昭和63年度までの各年度 (昭和61年度及び昭和62年度の特例に係るものにあつては、昭和61年度及び昭和62年度。

>