井上 マロニー。 井上尚弥 VS ジェイソン・マロニー 試合結果速報

「井上…彼は本当のモンスターだ!」井上尚弥vsマロニー戦での海外の評価が凄いことに

言い訳の余地なく、あの夜、より優秀な男だった。 3,187• 検索: 最近の投稿• 後半、接近して井上尚弥の左フック、マロニーのボディ。 だが尚弥打っては離れてワンツーから左フックのダブルを放つ。 それでも井上を非難することはないのは、井上の目はドネア戦で重傷を負わされたからだ。 それにしてもマロニーはガードが堅いね・・ どうやってこじ開けるか。

>

井上尚弥の新たな出発! マロニーを右一撃KOしラスベガス初陣飾る

レベルが違いすぎる。 - 2,617 views 最近のコメント• 3R 井上がガンガン目に出る、マロニーは足を使いディフェンスで手がいっぱい、ただ上手いデフェンスは特に上手い。 そして、その試合で負けた。 マロニーのパンチはバックステップで回避。 解説西岡さんはモロニーにつける。

>

井上尚弥に敗北したジェイソン・マロニーがこぼした”耳を疑う一言”に一同驚愕” モロニーがノーコメントを貫く理由と敗北後の控室での様子が…

ただ待っているだけではなく積極的に手を出していってのカウンターなので、マロニー詰められたかな・・ だがマロニーはタフです。 マロニーは距離を詰めて左フックを返すが、井上もすぐさまフックで反撃。 試合前の舌戦もいいですが、こういう紳士的なやり取りをする選手同士の戦いも素晴らしいですね。 それでも、マロニーは負けるだろうね ・そうだね。 - 6,082 views• - 13,938 views• クロフォード、フューリーと同じくらい素晴らしく、さらに井上尚弥は戦略的に完璧なファイターだ。

>

井上尚弥vsマロニーの結果詳細速報【更新中】パンチ数分析・海外の反応「病院送りだって」「途中足つってたらしい」

6R 井上の左フックがカウンターでヒット、遂にダウン、モロニー足を使って逃げる。 マロニーお疲れ様でした。 井上の戦績は20戦20勝(17KO)。 ノニト・ドネア(フィリピン)元5階級王者のレジェンド。 そしてラウンド後半、 尚弥上半身のフェイントからの右ストレートがマロニーにクリーンヒット!!マロニーグラつく!!脳が揺れたか? 力を込めるのではなく、タイミングでうまく入った感じ、そこから尚弥接近戦に持ち込みたいが、マロニーが「ヘッドロック」気味のクリンチでその場を収める。 そんな中、尚弥は潜り込んで右アッパー!マロニーのパンチは完全に見切ったか・・ 尚弥左右の腕を上下に動かして攪乱作戦か、そこからジャブ、ジャブ、ストレート、距離を詰める。

>

井上尚弥vsマロニーの結果詳細速報【更新中】パンチ数分析・海外の反応「病院送りだって」「途中足つってたらしい」

スポーツライターの杉浦大介さんがコチラの動画でジェイソンマロニーさんの試合後の様子について語られています。 井上尚弥がいきなりの左フック。 5ラウンド 尚弥丁寧に攻めて言っています。 左フックカウンターでマロニーダウン。 ・眼窩骨折からの復帰戦である今回は対戦相手にとって最高のタイミングだ。 11:32 セミが判定に。

>

マロニー井上戦コメント【自分が今どこに居るかわからない】病院に緊急搬送

ラスベガスでの第2戦を、またしてもKOで終えた平岡 井上尚弥同様、トップランク・プロモーションと契約する長身サウスポーの平岡アンディ(24歳=大橋)は、リッキー・エドワーズ(30歳=アメリカ)と昨年11月30日に続くラスベガス第2戦(スーパーライト級8回戦)。 井上尚弥さんが軽く打ったように見えた右ストレートですが、タイミングがバッチリでかなりのダメージがあったようです。 エドワーズの戦績は17戦12勝(3KO)5敗。 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が31日(日本時間11月1日)、米ラスベガスのMGMグランドでWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)に7回2分59秒KO勝ちした。 土曜日の彼は私にとって強すぎました」と複雑ながらも率直な感想を語っている。 海外の名無しさん 井上にとっては2020年の試合はもうなさそうだな。

>