田原 町 郵便 局。 田原町 (田原市)

田原郵便局 (広島県)

1956年(昭和31年)10月1日 - 野田郵便局 および神戸郵便局から集配業務を移管。 保美町 0• 椿沢(つばきざわ) 椿沢(つばきさは) 藤七原(とうしちばら) 藤七原(とをしちはら) 開拓者であるの名を取った。 大久保町 0• ほると台 0• 「田原」という地名自体の「原」は、丘陵地の樹木の育たない土地を指すという。 (平成29年)10月30日 - 赤羽根郵便局から集配業務を移管。 日出町 0• (昭和31年)9月1日 - 電話通話および和文電報受付事務の取扱を開始。 『』には、(7年)に勧請されたとあるという。

>

田原浦郵便局 (愛知県)

から徒歩約8分• お電話のおかけ間違いにご注意ください。 八幡社 字南番場58番地に鎮座する旧。 高松町 0• 祭神は・・・・の6柱。 東栄巌(ひがしえいがん) 東榮岩(ひかしええがん) 東大浜(ひがしおおはま) 東大浜(ひがしををはま) 東鎌田(ひがしかまた) 東鎌田(ひがしかまだ) 東笹尾(ひがしささお) 東笹尾(ひがしささを) 灌漑用の井関を指す。 吉胡町 0• 白浜 0• (明治30年)1月16日 - 田原郵便電信局となる。

>

田原町 (田原市)

(蔵) 外部リンク [ ]• 池尻町 0• 字巴江12番の8に鎮座するをその祭神とする神社。 字新町に所在。 東滝頭(ひがしたきがしら) 東滝頭(ひかしたきかしら) 東藤七原(ひがしとうしちばら) 東藤七原(ひかしとをしちばら) 東山口(ひがしやまぐち) 東山口(ひがしやまぐち) 吹付(ふきつけ) 吹附(ふきつけ) 風が吹き付けやすい土地。 稲荷社 字南乗鞍5番地に鎮座する旧。 山号は梅坪山。 丸田(まるた) 丸田(まるだ) 川の沿岸の四角く区画できない田。

>

田原浦郵便局 (愛知県)

長沢町 0• アクセス [ ]• ・平日であっても、日曜日・休日の翌日の場合、7:00からお取り扱いを開始します。 東馬洗(ひがしうまあらい) 東馬洗(ひがしむまあらい) 狭い谷間の土地。 蕨沢(わらびざわ) 蕨沢(わらびさは) 蕨のある斜面に発生した沢。 椿(つばき) 椿(つばき) 椿の木もしくは崖が崩れやすい土地を指す。 赤石 0• 築出(つきだし) 築出(つきだし) 埋立地を意味する。 馬伏町 0• 海髪場(をごば) 歴史 [ ] 地名の由来 [ ] 中期頃に熊野修験者たちが当地に流入し、の地名にちなんで集落の名をつけたものという。 越戸町 0• 衣笠下(きぬがさした) 衣笠下(きぬかさした) 倉田(くらた) 倉田(くらた) 囲まれた土地を意味する。

>

磯城郡田原本町の郵便局

総務省統計局 2012年1月20日. 中小路(なかこうじ) 中小路(なかこうぢ) 西馬洗(にしうまあらい) 西馬洗(にしむまあらい) 西栄巌(にしえいがん) 西栄岩(にしええがん) 西大浜(にしおおはま) 西大浜(にしおおはま) 西鎌田(にしかまだ) 西鎌田(にしかまた) 西笹尾(にしささお) 西笹尾(にしささを) 西滝頭(にしたきがしら) 西滝頭(にしたきかしら) 西藤七原(にしとうしちばら) 西藤七原(にしとをしちばら) 西砦(にしとりで) 西砦(にしとりで) かつて小さな山城が置かれた地。 北晩田(きたばんでん) 北番場(きたばんば) 北番場(きたばんば) 番場は見張り場所の意味。 (元年)、当地の開拓者であるにより、より勧請したのを創始とする。 傘下(からかさした) 傘下(からかさした) 山の頂上から少し下がったところ、もしくは東方を意味する。 西屋敷(にしやしき) 西屋敷(にしやしき) かつて館が置かれた地。 田原市役所• 創建時は登行寺と称し、による山伏修行の場であった。

>

磯城郡田原本町の郵便局

福江町 0• 貯金・ATM ATMについてのお知らせ• 白磯 0• 西は、南は・に接する。 殿町(とのまち) 殿町(とのまち) 自然に巴型となっている土地。 ()にが田原藩知事に就任した際、児島社を二の丸社に合祀。 三軒屋(さんげんや) 三軒屋(さんげんや) 壽頓(しうとん) 汐見(しおみ) 下八軒家(しもはちけんや) 下八軒家(したはちけんや) 十七谷(じゅうしちや) 十七谷(しうひちや) 元々十七屋と表記し、屋は開拓地した共有地を指すという。 女夫石(めおといし) 女夫石(めをといし) 柳ケ丘(やなぎがおか) 柳沢(やなぎさわ) 柳沢(やなきさは) 柳町(やなぎちょう) 柳町(やなきちよう) 山口(やまぐち) 山口(やまぐち) 山手の入口で、山祭りの祭祀が行われた場所。 巴江神社 巴江は「はこう」と読む。 字巴江10番地に鎮座する旧。

>