日本 エヌ ユー エス 株式 会社。 会社概要・沿革|企業情報|日本運行システム株式会社

日本エヌ・ユー・エス株式会社 求人情報(東京都/技術コンサルタント(海洋ごみ)/正社員)[80758097]|転職エージェントのパソナキャリア

なお、上記特別利益を含む今期の当社連結業績の見通しにつきましては、現在精査中であり、業績予想の修正が必要な場合には速やかに公表します。 登録番号・・・I414• 代表者の役職・氏名代表取締役社長 廣瀬 秀德• 関連当事者への該当状況 当該会社は、当社の関連当事者には該当しません。 本ガス田における CCSプロジェクトを実証フェーズに移行させるため、我が国の先進的な技術の適用可能性および JCM 二国間クレジット 方法論を検討し、次年度以降の実証事業を着実に進めることを目的としています。 また、当該会社の関係者および関係会社は、当社の関連当事者には該当しません。 1 インドネシア共和国:「富山市・バリ州・スマラン市による都市間連携事業を活用した SDGs未来都市構築支援事業」• 当社と当該会社の関係• 譲渡株式数、譲渡価額および譲渡前後の所有株式の状況要• 日揮ホールディングス株式会社(代表取締役会長CEO 佐藤雅之)は、日揮グループのエネルギー・環境コンサルティング事業会社である日本エヌ・ユー・エス株式会社(代表取締役社長:近本一彦)が、富山市及び富山市内企業と共同提案した次の3案件について、今般、環境省事業「令和 2年度脱炭素社会実現のための都市間連携事業」に採択されましたので、お知らせします。 測量業者登録• 共同提案者である富山市は、公共交通を軸とした拠点集中型のコンパクトなまちづくりを政策の基本として、持続可能な都市経営を目指す「環境未来都市」、「 SDGs未来都市」として選定されている環境先進都市のひとつです。

>

日本エヌ・ユー・エスがインドネシア国でのCCS実証プロジェクトに向けた 二国間クレジット(JCM)調査事業を開始

設立・資本金 1971年(昭和46年)6月3日創立 資本金5,000万円 株主 88. 国土交通省 関東地方整備局長 建29第5949号•。 資本金315百万円• 再生可能エネルギー事業の事業組成・技術支援、事業の技術審査、バイオ燃料製造支援、LCAを用いた二酸化炭素削減評価を行っています。 異動する子会社の概要• 詳細については、日本エヌ・ユー・エス株式会社の電源開発株式会社との共同ニュースリリース()をご参照下さい。 日揮グループは、今後も、これら環境分野への積極的な取り組みを通じて、持続可能な「環境調和型社会」の実現に向けて貢献していく所存です。 MARTチェーン展開開始 1999年 9月 百円コンビニユーエスマート株式会社へ社名変更 2000年 7月 US. 設立年月日昭和31年10月6日• プラントのコンサルティングからAI作成・導入までを一括サポートします。

>

(株)エヌユーエスほか1社 : 東京商工リサーチ

核燃料サイクル施設の操業、原子力施設の廃止措置及び放射性廃棄物の処分事業を支援するため、国内外の最新動向の調査分析や解析評価等を実施しています。 欧米を中心に原子力規制、安全問題、運転経験、保全、高経年化対策等の様々な分野の情報を、海外提携先との連携により、タイムリーに提供しています。 特に、原子力発電に関する技術コンサルティングサービスは、1971年の創立以来継続して提供しています。 国土交通省 関東地方整備局長 第(5)-22235号• 原子力発電所を初めとして施設の確率論的リスク評価 PRA やリスクベースマネジメントを支援します。• えるぼし認定• 詳細については、日本エヌ・ユー・エス株式会社のニュースリリース()をご参照下さい。 名称寺田倉庫株式会社• JANUSは、エネルギー分野の豊富な経験と確かな技術に基づいた幅広いコンサルティング業務を通じて、我が国のエネルギーと資源に関わる問題の解決に取り組んでいます。 本調査では、富山市及び富山市内の優れた脱炭素技術を有する企業と協力し、インドネシア、モルディブ、マレーシアの 3ヶ国 5都市において、脱炭素技術の適用可能性に関する調査を実施します。

>

(株)エヌユーエスほか1社 : 東京商工リサーチ

また、当社の関係者および関係会社と当該会社の関係者および関係会社の間には、特筆すべき人的関係はありません。 プルームモデルから3次元モデルまで、様々な分野に適用できるコードを整備し、大気移流拡散や環境影響評価などの解析業務を実施しています。 情報セキュリティマネジメントシステム登録(本社および全事業所)• 会社概要 会社特徴 日揮ホールディングス株式会社のエネルギー・環境分野の専門コンサルティング企業として国内最大級の規模を誇っております! 事業内容BPO事業、トランクルーム事業および不動産事業• 株式譲渡の理由日本ユニシス・サプライは、メインフレーム全盛期を中心に、当社グループにおける印刷関連事業を長年に亘り担ってきましたが、IT事業モデルの変遷もあり、最近では当社とのシナジーを生み出すことが難しくなってきています。 建設コンサルタント登録• その他、石油・ガス・鉱物資源などエネルギー資源の問題や再生可能エネルギーの分野においても同様のサービスの提供が可能です。 認証・登録番号・・・0009201• 登録範囲・・・エネルギーに関するコンサルティング(調査業務、解析評価業務、システム開発業務)• 取引関係 当社と当該会社との間には、記載すべき取引関係はありません。 また、当社の関係者および関係会社と当該会社の関係者および関係会社の間には、特筆すべき取引関係はありません。

>

日本エヌ・ユー・エス株式会社 求人情報(東京都/技術コンサルタント(海洋ごみ)/正社員)[80758097]|転職エージェントのパソナキャリア

その他の関連会社については検討中としている。 人的関係 当社と当該会社との間には、記載すべき人的関係はありません。 一方で、不透明な資金操作なども指摘されるなかで27年12月には代表が交代するなどして動向が注目され、28年1月に入り資金ショートを起こした。 登録対象・・・・・・・・・本社、青森事業所、福島浜通り事業所、新潟事業所、名古屋事業所、沖縄事業所、福島事務所• 登録番号・・・5096• ご登録いただいた内容をもとに、業界専任のキャリアアドバイザーが、求人状況についてお調べいたします. 名称日本ユニシス・サプライ株式会社 (株式会社エヌ・ユー・エスに社名変更の予定)• 当社と当該会社の関係• 所在地東京都世田谷区桜新町二丁目19番5号• その業務内容は、海外情報調査、施設あるいは環境の安全解析・評価、シミュレーションなど多岐に亘っており、この分野で豊富な知識と経験を有しています。 認定段階・・・3. さらに、日本エヌ・ユー・エスでは、エネルギー・環境分野の幅広いテーマを対象に、各種調査、解析・評価、シミュレーション、リスク評価といった多様な手法を組み合わせた技術コンサルティングの提供も行っております。 25年10月、当社株式が新株主に譲渡され、実質的に新体制での経営に移行したが、26年3月期は売上高55億4400万円に対して組織再編に伴う多額の損失などから6億9600万円の最終赤字を計上し財務内容が悪化。 国土交通省 関東地方整備局長 補29第1419号• 代表者の役職・氏名代表取締役社長 丹羽 喜一(社長継続予定)• 日揮ホールディングス株式会社(代表取締役会長 CEO 佐藤雅之)は、日揮グループのエネルギー・環境コンサルティング事業会社である日本エヌ・ユー・エス株式会社(代表取締役社長:近本一彦、本社:東京都新宿区)が、電源開発株式会社(代表取締役社長:渡部肇史、本社:東京都中央区)と共同提案した「尼国 Gundihガス田における CCSプロジェクトの JCM実証に向けた調査」が、経済産業省事業「令和 2年度二国間クレジット取得等のためのインフラ整備調査事業(国際貢献定量化及び JCM実現可能性調査( CCUS含む)、人材育成事業支援事務局及び CEFIA国内事務局業務)のうち CCUS国際連携事業」に採択されましたので、お知らせします。

>

エネルギー・資源分野のサービス:エネルギーと環境を考える 日本エヌ・ユー・エス株式会社(JANUS)

日程平成23年2月25日 取締役会決議 平成23年3月31日 株式譲渡(予定)• 登録範囲に含まれるその他の事業所:横浜オフィス(エネルギーに関するコンサルティング業務)• 業績に与える影響平成23年3月期連結決算では、日本ユニシス・サプライは連結対象から外れることになります。 当社は、平成23年2月25日開催の取締役会において、以下のとおり、当社の連結子会社である日本ユニシス・サプライ株式会社(以下、日本ユニシス・サプライ)の全株式を寺田倉庫株式会社(以下、寺田倉庫)に譲渡することを決議しましたので、お知らせします。 取引関係 当社と当該会社との間には、記載すべき取引関係はありません。 と日揮社の資本と技術を基礎に東京電力株式会社の資本参加を得て創立。 本プロジェクトが実現すれば、東南アジア初の CCS実証プロジェクトとなり、アジア地域における CCS事業のモデルになるものと期待しています。

>

会社概要|Kid's internationaltowers.com(キッズユーエスランド)

LAND 1号店オープン 2013年 2月 ユーエスマート株式会社へ社名変更 2015年 2月 株式会社日本産業推進機構と資本業務提携 2019年 5月 株式会社エッジイノベーションの全株式を取得 プレスリリース. 資本関係 当社と当該会社との間には、記載すべき資本関係はありません。 海洋における石油・可燃性天然ガス等のエネルギー資源開発及び金属等鉱物資源開発時の、海洋環境の保全に関する支援を行っています。 資本金100百万円• 官公庁や大手メーカーなどを得意先に抱え、関連会社の吸収合併を逐次実施することで業容を拡大し、平成25年3月期には売上高51億1025万円をあげていた。 今後は、これまでに築き上げてきた実績を活用して、エネルギー・資源の分野で海外での業務展開を進めていきたいと思っています。 こうした背景を受け、当社では、事業の選択と集中を進める一方、日本ユニシス・サプライの継続した発展を図るため、様々な面で高いシナジーが期待できる寺田倉庫に、今般、全株式を譲渡することを決定しました。

>

(株)エヌユーエスほか1社 : 東京商工リサーチ

また、当社の関係者および関係会社と当該会社の関係者および関係会社の間には、特筆すべき取引関係はありません。 補償コンサルタント登録• 所在地東京都品川区東品川二丁目6番10号• 印刷事業を中心に展開し、偽造防止や不正コピー防止機能を備えた機能を持つ「セキュリティ印刷」のほか、ビジネスフォーム、各種ラベル印刷、請求書や給与明細の発行のBPOサービス事業などを手掛けていた。 3 マレーシア:「バイオ燃料を活用した脱炭素交通による都市開発及び再生可能エネルギーの普及による脱炭素都市形成事業」 環境省の「脱炭素社会実現のための都市間連携事業」は、2016年 11月に発効したパリ協定にもとづき、脱炭素社会形成への取組を効果的・効率的に支援するため、日本の自治体が、日本の研究機関、民間企業、大学と連携し、海外都市に適した脱炭素・低炭素技術やサービスの活用、その他脱炭素化に向けた取り組みをより効率的に推進するものです。 事業内容ビジネスフォームの製造と販売、 受託情報処理サービスならびに ソリューションソフトウェアの販売と サービスおよびサプライ商品の販売とサービス。 特別利益の計上本件株式譲渡により、平成23年3月期の連結決算において、関係会社株式売却益として特別利益1,200百万円(概算)の計上を見込んでいます。

>