大阪 都 構想 と は わかり やすく。 大阪都構想とは|政治を分かりやすく解説(政治解説するぞー)|note

【簡単!】大阪都構想とは一体何?メリットとデメリットについてわかりやすく解説!

大阪都構想は、大阪市をなくして特別区を再編することが焦点と挙げられたものの住民自治のあり方等の問題が絡んでくるため、どういうふうに運用すべきであって、町自体が活性化する事もある。 そのアクションをサポートできたらいいなと思って活動してきた」 都構想をめぐる賛成派・反対派の主張はどちらが正しいのか。 「サービスを統一しないと地域によって優劣が出てしまう」 東京では区によってサービスが異なります。 住民投票へ [ ] 特別区設置住民投票の結果 協定書は、に、松井知事と橋下市長により、それぞれ大阪府議会・大阪市議会に提出されたが 、2014年10月27日に、自民党・公明党・民主党・共産党の反対により、協定書は大阪府議会・大阪市議会にてにそれぞれ否決された。 そして、特別区には ワナがあるのです。 高度に自治の問題であるため、地方自治の仕事をやる立場としては府と市が基本的に一致し「あれもできる、これもできる」というのを示すすごく参考になると」好意的。 大阪都構想 まとめ ここまで、読んでいただいた方は、大阪都構想がいかに根拠のない構想なのかがわかっていただけたのではないでしょうか。

>

大阪都構想とは?メリットデメリットと変わることは?わかりやすく解説

より小規模な自治体である特別区による、地域の実情に応じた小回りの利く地域サービスの実現 を達成しようというものである。 政治家として頑張っていただきたい」と静観。 これについても、大都市局は、財政調整によって1. 専門家の一人は「試算をすれば、どうしても賛成、反対というスタンスがにじんでしまう。 各特別区毎に差が生まれる 最後に挙げられるのは特別区毎の収入格差ですね。 横浜や名古屋、大阪を初めとする5大都市は分割する必要があるが現実的には不可能に近いが大都市制度というものを用意する必要はあるが国の法律が絡んでくるため突破口を開いていくために橋下氏の様な人が来る事を歓迎」と好意的。 再編コスト この試算においても、再編コストは財源対策により対応が可能であり、令和15年度までに累計約1600億円の財源活用可能額が得られると、おおさか維新側は主張しているが、野党側はそれはウソで大きな赤字になると主張し、ここでも数字が大きくかけ離れている。 「(都構想の実現によって)道州制という統治機構改革の根底が崩されてしまうことになりかねません。

>

大阪都構想とは|政治を分かりやすく解説(政治解説するぞー)|note

代表の1人を務めている宮坂奈津さんはこう話す。 5年、建設に関する経済効果額:4000億円)や大阪IR(工期:3年、建設に関する経済効果額:1兆2400億円)においても、同様に考えることができる。 ですから、こういう問題提起を市長にしまして、これは市長としっかりと議論をして、どういう方法をとったらいいのかということを大阪市役所と大阪府庁できちんと方向性を出していきたいと思ってます。 大都市制度については戦後から議論されているため、古くて新しい課題だと言われ、政府の地方制度調査会で議論が進められると聞いているのでその推移を見守っていきたい」と述べた。 に にんにくうまい より• 市民を馬鹿にしてます。 失業率も平均より高い。 。

>

大阪都構想をわかりやすく説明します。メリット デメリットは何?!

法定協の設置と協定書の作成 [ ] 国会での法改正と法定協の設置 [ ] 政権時の2012年8月29日、大都市地域における特別区の設置に関する法律(大都市地域特別区設置法) が、民主党・自民党・・・など7会派が共同提出するで可決され、同年9月5日に平成24年法律第80号として公布された。 住民投票での否決、廃案 [ ] 2015年5月17日に行われた住民投票の結果、反対705,585票が賛成694,844票を上回り、わずか0. しかし2020年6月19日の法定協議会の採決直前に自民党府議団が賛成に転じ、反対を貫く自民党市議団との党として調整がつかず、採決において府議は賛成、市議は反対を表明した。 政令指定都市というのは都道府県と同等の行政能力を持ちあらゆる政策を総合的に行っているフル装備の行政機関で知恵も行政能力もあるが行財政制度がおかしなことになり二重行政を徹底して排除していかなければならない。 これでは埒があかないということで、 大阪都構想で権限を一元化することで、行政の意思決定がスピードアップされることが期待されています。 本来割るべき数値を掛けるなど 、データの計算などに複数の誤りが判明したとして、効果額は5128億~1兆1366億円に訂正され、最大で387億円縮減した。

>

大阪都構想

まあ財政の立て直しも理由の1つですから理にかなっているのですが、今より厳しくなるなら賛成はしたくないでしょう。 大阪都構想のメリット2 住民の為に使えるお金が増える• () 「大阪市の橋下市長が辞職されて出直し選挙を通じて都構想の是非を市民に問う姿勢は橋下市長の信念に基づいた決断ではなかろうか。 24区にあるものが4つの特別区になるから、無駄を省く必要があるというわけですね。 特別区のワナ 特別区は、市区町村と同じように一つの独立した自治体として機能できるようになります。 これって食べられるのかな?. もちろん、これらが全て実現できれば素晴らしいと思います。 大阪都構想のメリット4 民間を引き付ける大阪へ• (医師会や各連合など) いわゆる 「既得権益者」が主に反対派に回っているということです。

>

大阪都構想をわかりやすく説明します。メリット デメリットは何?!

また目的税(都市計画税・事業所税)の配分も目的税交付金制度として制度化されています。 専門職が不足し、児童虐待など専門性の高いケースへの対応力が低下する。 その影響は全国規模となり、時間的にも経済的にも官民ともにかなりの負担になります。 4-1• スポンサーリンク 大阪都構想のメリット・デメリットは? 今後変わることは? 大阪市の権限の縮小 大阪市は政令指定都市ということで、今までは行政の大きな権限や予算が与えられてきました。 ひまたんは大阪都構想についての考察をSNSを通じて提供している無料の都構想講座です。

>

ほんまにやばい大阪都構想9つのポイントをわかりやすく解説

ちなみに大阪都構想にかかるコストは1,000億円以上は間違いなく、公務員も増えるのでは?という人もおり、本当にコストが下がるのかは微妙なところです。 しかしながら憲法に地方自治の定めがしっかりと規定されていない事がいけないことだが地方に与えられている与件、条件を無視されることは地域住民にとって決して良いことではないので、地域自らが選択できる仕組みというのは、とても大切では無かろうか。 大事な事は効率的な都道府県と市町村の役割分担をいかにやっている事が大事ではなかろうか。 この構想の目的は、のを廃止して、公選制の区長を置くを設置し、旧市の行政機能・財源のうち、広域行政に関わる部分を大阪府に、地域行政に関わる部分を「特別区」に、それぞれ移譲・統合することである。 大阪都構想は大阪府と大阪市の二重行政を恒久的に解消するために考えられた行政改革構想です。 大阪市が建設したワールドトレードセンタービル(WTC)と大阪府が建設したりんくうゲートタワービル(GTB)。

>