世界 青年 部 総会。 学会創立100周年の2030年へ出発 「世界青年部総会」を盛大に

9月27日 「世界青年部総会」の視聴方法

。 このあたりは学会本部もバランスをどのようにしていくのか悩んでいるのではないかなぁ。 一人一人の生命から「智慧」と「慈悲」を湧き出し、友情を結び、喜びあふれる励ましの絆を築いてきたのが、創価の世界です。 また、サンライズステージの各国・地域の合唱や演奏、ダンスには、物理的な距離を超えた麗しい弟子の団結を感じました。 海外の方が話すととくに違和感なく聞けたのですが、あとで記載するように、日本人が話している部分はやはり少し怖い雰囲気がしました。 学会云々よりも、ただただその事実がすごいと感じて、わたしも素直に感動しました。 わたしも、池田先生に対する知識はまだ殆どもっていないのですが、60年前に自分と同じアラサーだった一人の青年の活動が、ここまでの広がりを見せて、今では国を越えて75万集うようになっている。

>

世界青年部総会への池田先生のメッセージ

。 9月27日(日)午後1時半から• 「創価学会」は正義の組織で、その組織を潰そうとする「悪」がいる。 そして、みんなの誓いも、全部、わが命に刻みつけました。 ガーナ ゴッドフレッド・タナムさん(男子地区リーダー) これまで学会活動も仕事も、全力で取り組めていなかった私ですが、総会を目指して早朝から仕事の準備を始め、活動に励むなど挑戦を重ねました。 今では、多忙でも自分の一念次第で広布にまい進できるとの確信にあふれています。 妙法という生命尊厳の極理を探究し、実践する君たちは、まぎれもなく最も強く明るい「勇気の太陽」であり、最も清く朗らかな「希望の蓮華」であります。

>

学会創立100周年の2030年へ出発 「世界青年部総会」を盛大に

フィナーレは各国の代表4000人の合唱団「ニュー・ヒューマン・レボリューション・コーラス」による世界青年部歌「Eternal Journey with Sensei!~永遠の師弟旅~」の大合唱。 もともと英語って、断言する言葉が多いし、シンプルで力強い言葉が多いので学会の言葉使いに合うのかもしれないですね。 創立100周年へ「世界広宣流布」の遠大なる、新たなる地平が、ここに晴れ晴れと開かれました。 合唱バージョンも掲載しています。 次は私たち池田門下の番です! 使命の地・香港で新たな誓いの前進を開始し、師に続いて世界平和の大道を歩んでまいります。

>

世界青年部総会への池田先生のメッセージ

それが「世界青年部総会」です。 体験ビデオリポート:世界で活躍する学会員のお話。 そんなわけで、少し思うところはありましたが、全体としては非常に良い会合でした。 オリジナルソング This is My Name:今回の総会に向けて作られたオリジナル曲を、プロ歌手含む芸術部を中心に世界各国で歌っている映像• どんな状況でも、先生の弟子らしく歩み続けます。 池田先生との関係もそうですし、若者の参加もそうですけど、客観的には違和感を感じたり、やりすぎだと思うこともあるんですが、中にいる人たちは(自分も含めて)心底楽しんでいたように思います。 地涌の菩薩の自覚で、友への仏法対話に挑戦しました。

>

世界青年部総会の中継に参加した感想(オリジナル曲:This is My Name)

原田会長や日本人幹部のお話は組織や善悪の話が多く、その点は少々違和感を感じました。 正義と悪にフォーカスを当てなくてもよいのでは? さて、ということで感動しまくりの内容だったのですが、違和感を感じるところもあったのでこちらも正直に書いておきたいと思います。 書がしたためられたのは、1985年10月である。 慣れない土地で同志にも会えず、孤独に苦しむ毎日。 私はコロナ禍の中での総会に、人類の変毒為薬の闘争の始まりという意義があると考え、同志と共に小説『新・人間革命』を学び、先生への誓願について語り合ってきました。 。

>

世界青年部総会オリジナルソング「This is My Name」|創価学会公式サイト

午後0時50分(日本時間)から特別企画「サンライズステージ」が配信され、午後1時半から本編「メインステージ」がスタートします。 距離を超え、時差を超えて青春の命を結び合った、みんなの歌声も、演奏も、また体験も、夢も、大拍手を送っておりました。 「師弟の絆」という言葉や「池田門下」という表現には、前述の通り、違和感を感じる自分がいます。 世界各国の老若男女が同じ目的(平和やより良い世界の実現)を志して集っているというのはわかるのですが、 それを「先生」に求めすぎているようにも思いました。 各国間での緊張が高まる昨今の世界情勢の中で、国地域を越えて、老若男女人が同じ歌を笑顔で歌っている。 The choir version of the song is uploaded as well. 師への誓願を心に刻んで信心根本に努力を続けながら、自身の勝利した姿で同志の希望の存在となり、幸福の連帯を拡大していきます。

>