スノーピーク クーラー ボックス。 スノーピークのソフトクーラー18をレビュー~本当はシアトルスポーツが欲しかったのは内緒です・・・~

YETI, GRIZZLY, スノーピーク, ORCA, RTIC, アイスランド 頑丈で保冷力の高いクーラーボックス6選

寒くなると氷の需要が減り、そんでもちょこっと氷が必要なそんな時、 小さめの発砲ケースに氷を入れてクーラーに忍ばせ持ち出してましたが、 クーラーの収納力が極端に落ちます!! 何かないのか?? っと思っていた矢先に CANP HACKでサーモスの真空断熱アイスコンテナ!! 要は氷用の魔法ビンの紹介があり!! お求め安い1,600円という価格にポチっと!! ご本人様を眺めてみますと、、、、、、、、。 でもそんな事は間違っても言えず、数日後にはスノーピークのソフトクーラーボックスが家に届きました。 使用しない時には折り畳む事ができる、ハードタイプのクーラーボックスでは実現できない利便性を誇るのがソフトタイプクーラーボックス最大の魅力。 また機能性を飛躍的に向上させてくれる濡らしたくない品を確保できるバスケットや、蓋の開け閉めに邪魔にならないサイドに取り付け可能なドリンクホルダーも付属。 キャンプ用クーラーボックスのサイズの目安は? 出典: 4人家族の一般的なクーラーボックスのサイズの目安は、1泊2日で30~50Lサイズで2泊3日ならソフトクーラーを合わせて使用することで、安心できます。 この春からキャンプを始めようと思っている方がテントを選ぶのと同じ位悩むであろうクーラボックス、クーラバッグ選び。 4L) 保冷力抜群。

>

スチールベルトクーラーだけじゃない 6つのおしゃれなクーラーボックス

実際、使用しているのですが、とっても便利で手放せませんね。 発泡スチロール 気泡を混ぜた合成樹脂で安価な断熱材としてお馴染みの発泡スチロールも、クーラーボックスの構成材料として採用されることの多い素材です。 最低限の外気との接触を高い気密性により実現するため、最大限の保冷力を実現できるのがハードタイプの最大のメリットです。 1泊2日のキャンプなら40QTで、十分すぎる程の容量。 まずは、我が家の氷専用クーラーはスノーピークのソフトクーラー38!! ソフトクーラーですから保冷力には不安があります!! なので、専用発砲ケース?? って思うほどピッタリサイズの35Lの発砲ケースを ソフトクーラーにビルトイン~~~!! 製氷機の氷を8分目まで詰め込んで!! ロゴスの氷点下パックを2つ乗っけて、 被せた蓋に乗せたブロンズソリステはアイスピックの代わりとなります!! 食品を詰めたクーラーには1Lのペットボトルを凍られ2本も入れて ロゴスの氷点下パックの大きいサイズを2枚 これで食品の保冷は2泊3日なら乗り越えられます!! そんじゃ~~こんなに大量の氷はなにに使うの、、、、、、、、、、?? オヤジのバケツに応援の ポチ!!お願いします!! にほんブログ村 我が家の保冷剤!! な~~んか最近、保冷力が低下してます!! 我が家の保冷剤は、ロゴスの氷点下パック GT のXLサイズと 同じくロゴスの倍速凍結 長時間保冷 氷点下パックです!! 記憶によると、、、、、、、、、 一番古いものは7年が経過しているはず、、、、、、、、、 新しいものでも4年は使っているはずです!! 基本的に保冷剤の保冷時間には限界があります!! 我が家ではペットボトルに水を入れて凍らせたものを主力の保冷剤とし そのペットボトルの氷の解けるのを助ける役目が 保冷剤と認識しています!! そして、飲み物などは前日から冷蔵または冷凍したうえで 出撃当日クーラーに入れて持ち出します!! くれぐれも当日常温の物をクーラーに押し込み 現地到着までに保冷剤で冷やそうは、保冷能力を低下させるだけですよ~~!! あたり前のことですが、、、、、、、、!! オヤジのバケツに応援の ポチ!!お願いします!! にほんブログ村. 45L:2Lのペットボトル約8本、350mlの缶で約60本• 一般的なクーラーボックスは、ほとんどの製品に採用されているポピュラーな材料となっています。 運動会前に絶対に買っておきたかったのがソフトクーラーボックスです。 サブクーラー必要です。

>

どこまで行くのか 我がキャンプ:クーラーボックス

充填式断熱フォームと厚みの外壁で、庫内の冷気を閉じ込めます。 真空断熱パネル 真空断熱パネルはクーラーボックスの構成材料としては、最も断熱効果が高い構成材料となっています。  スノーピーク ソフトクーラー18Lと28Lの比較 以前ブログでも何回か書いていますが、 個人的にはスノーピーク ソフトクーラー18Lの方はメインで使うというより、キャンプの時はサブ的な役割で使い、キャンプ以外の旅行やお出かけの時に18Lだけ持ち歩くスタイルをオススメしています。 でも、冬キャンでは必要ないので使用しません。 ダイワ DAIWA クーラーボックスプロバイザーHD• 注意点としては、ハードタイプに比べると保冷力が圧倒的に劣るため長時間の保冷には期待できない点が最大のデメリット。 6リットル 高さ15cm 横幅25cm で入らないもの>• 回転整形という特殊な製法で作られたクーラーボックスは非常に頑丈で、熊でも壊せないということが証明されています。 今の所おしゃれで、高性能なクーラーボックスは知りませんね。

>

どこまで行くのか 我がキャンプ:クーラーボックス

2Lペットボトル 縦・横向き共に収納不可• 私は20QTというサイズを使っているのですが、その理由に、「持ち手のデザインに惚れた」というのがあります。 更に持ち運びには最適な軽さから、移動の際に必要な場所さえ確保できれば手軽に利用できるのも発泡スチロールの魅力です。 普段はコンパクトに畳めますし、便利です。 ファミリーキャンプ用におすすめのクーラーボックス グループキャンプやファミリーキャンプなど、容量が出来るだけ大きいクーラーボックスをお求めの方にうってつけな大容量クーラーボックスを最後に紹介していきましょう。 50L:2Lのペットボトル約14本、350mlの缶で約70本 キャンプ用クーラーボックスの選び方に関する知識を紹介したところで、目的ごとのオススメのクーラーボックスの詳細を解説していきます。 大きいクーラーボックスがあってプラス、ソフトクーラーボックスというのが理想ではないでしょうか。 。

>

YETI, GRIZZLY, スノーピーク, ORCA, RTIC, アイスランド 頑丈で保冷力の高いクーラーボックス6選

底部分は摩擦度を調整できるリバーシブルラバーを採用しているので、荷下ろしや使用時など用途に応じて使い分けができるのもポイントでしょう。 スノーピークの幕を使用されているファミリーキャンパーは、コールマンのスチールベルトクーラーをよく見かけるように感じます。 未使用時には、折りたたんでコンパクトに収納できる柔らかい素材のクーラーボックス。 また別売りのアクセサリーパーツが豊富で、ミリタリーデザインのワイルドなルックスとツールポケットの搭載を行う事ができます。 「ハードロッククーラーもかなり分厚く、イエティと同じ断熱材の分厚さ」 イエティのクーラーボックスもハードロッククーラーも断熱材の分厚さはほぼ一緒で、厚さが5cmあります。

>

どこまで行くのか 我がキャンプ:クーラーボックス

もし便利な使い方あれば教えて欲しいです(笑) 最後に、これも何回も言っていますが、 ソフトクーラーやクーラボックスは気温が暖かくなってくると品薄になるという状況が数年続いていて、今年はキャンプ人口も更に増えていると言われていますので、欲しいものがすぐに手に入らないという状態になる可能性が高いです。 更に大多数は軽い製品が多いので、ソロキャンプなど少人数で買い出しに使用する時だけ利用したい方にピッタリの製品となっています。 強度の高い特殊な樹脂板の間を真空にすることにより、最高機能の断熱効果を実現しているクーラーボックスが殆ど。 本日は以前ご紹介したスノーピークのソフトクーラーの18Lと38Lの2つについてもう少し詳しく書いていきたいと思います。 中身がなくなったら、折りたたんでしまえばかさばらないから、とても便利です。 冷却力が強すぎるためクーラーボックス内では、ビールなどの炭酸水から離して食材の近くで使用することをオススメ致します。

>

キャンプ用クーラーボックスのおすすめ13選!サイズの目安や選び方も紹介!|山行こ

なのでスノーピークファンとしてはハズせないキャンプギアの一つだと思います。 スノーピークと同じく通常の使用であれば「永久保証」が約束されています。 あれ、ぴったり入りません。 ボトルオープナーが正面左右に取り付けられており、夜の晩酌で栓抜きの忘れ物や紛失により瓶ビールが開ける事ができない心配も皆無。 元々うちのハードクーラーボックスの保冷力が悪いのですが、せめて希望としては2日〜3日は氷は残っていてもらいたいものです。

>