あ ませ ひみ か 予言。 20年前以上に新型コロナを予言していた“バルカン半島のノストラダムス”

【予言】2020以降は甚大な災害や事件が!?ジョセフティティルの最新予言

オカルト板では、2016年4月15日、16日に何かあるのではないかと話題に…。 次々に予言を的中させる松原さんの、他の予言をもう一度見直してみることで今後の未来を先読みできるのではないでしょうか。 1月には、パプリカを食べながら、歌いながら、この段階では、みんなオリンピックのことを思っていたはずです。 サグラダ・ファミリアには、あちらこちらに暗号のようなものがあります。 南海地震は2040までの早い時期に起きる。 この予言がされたのは少なくとも2019年1月より前なので、この時点ではまさか中東に雪が降ると考える人はいないでしょう。 スピリチュアルな真実を語ることもできなくなる。

>

高い的中率を誇る「ジーンディクソンの予言」

この予言は直接、日本とは関係ないようですが、もし身近に関係ある人がいたら教えてあげるとイイかも知れませんね。 インフルエンザで、亡くなる方は、たくさんいます。 3.スターリンの死亡する日 ソビエト連邦の第2代最高指導者のスターリン。 日本の参戦を予言• まとめ これまで、「ファティマの予言」についてお話してきましたが、第一の予言・第二の予言は成就されています。 7年間は地獄のような状態になると言われており、これによって人口が3分の1にまで減ると言われています。

>

インド神童が予言した次の災厄、アビギャ・アナンド(Abhigya Anand)くんについて

そして東京オリンピックについての予言は無いようですが…まだまだ新型コロナウイルスが終息しないので、中止もあり得るかもしれませんね。 カナダの予言者ブレア・ロバートソン、陰陽自然学の開祖・飯田亨氏、スピリチュアル界では有名な松原照子氏。 予言はいつくかに分かれていますので、順番に内容と詳細についてチェックしていきましょう。 これを全てを満たしているのが、食べる漢方とも言われるカレーです。 そして、良くないものが多いです。

>

2062年から来た未来人とは?未来には何が起こる?

誘拐された赤ちゃんや子供たちに対する性的虐待、そして殺害して内臓を取り出した。 ペンシルバニア、ニュージャージーなどの東海岸でも大変動が生じる。 実際の死者の原因は別の肺炎だったりします。 IOC 国際オリンピック委員会が、2020東京オリンピックの延期を決定した瞬間を見たでしょうか。 「女性の首相は誕生するか?」 一度も誕生したことはない。

>

松原照子さんの地震予言に驚愕!自然災害は2021年に起きる!?

ハズれたらハズれたでいいんじゃないでしょうか。 次は2016年の4月15日に移動すると残して去りました。 銀行は既に破綻が始まっているので信頼できない。 」と答えたというもの。 問題はその3つ目の予言。 中国で今現在爆発的に流行している新型コロナウィルス。 焼肉は地獄絵図に似ていますね… 畜産も、動物の体に合わない飼料や遺伝子組み換え飼料、ホルモン剤や抗生剤など、おかしなものをあげたり、不衛生な環境で飼育したりするのは、せめて止めて欲しいものです。

>

2020年完全版!予言者たちの内容を検証すると驚くべきことが見えてきた(災害編)|チエタビ

その教会の名前は、サグラダ・ファミリアです。 残念なことに良くない予言ばかりですが、今後の彼らの発言に耳を傾けるきっかけになればと思います。 『祖国愛』日本文化協会、1956年。 そして2016年4月14日に発生したのが熊本地震。 中澤は、この「予言」の原型をのが(昭和3年)に著した本『』の一節であると指摘した。 ホピ族に伝えられる予言を刻んだ【予言の岩】 Sponsored Link ホピ族の予言とは? 【精神性と物質性の分離】 【物質文明の発展】 【数多くの人々同士の戦い】 【第一次世界大戦】 【第二次世界大戦】 【第三時世界大戦】 【物質文明の破壊と消滅】 【最終的には現実世界の精神世界との融合 】 予言を見てみると、第二次世界大戦までは的中していますよね。 この年の特徴は、辛く苦しい出来事が起こり、その後に人との結び付きが強くなり互いに協力する年になります。

>

ファティマ第三の予言の内容とは!?その驚愕の真実に迫る!

ジーンディクソン効果とは? 高い的中率を誇るジーンディクソンの予言だが、実ははずれた予言も多いという意見もある。 これはビットコインのことではない。 その罰によって、多くの人々が亡くなる そして、生き残った人々が亡くなった人を羨ましがるようなほどの苦痛や苦難があるというもの。 行政の対応が分かれて、東京都知事が「帰省はお控えいただきたい」と意見する一方で、安倍総理は記者からの質問に対して、国民のお盆の帰省自粛は特に求めませんでした。 むしろ意味がなくなる。 「ヒロシマ」、「ナガサキ」といった言葉が予言に書かれていたわけでもありません。 日にちこそ13ではありませんが「聖痕」という痛みを負い「天使」からの教えも同じです。

>