Imovie スプリット スクリーン。 iMovieの機能がすごい!iPhoneやiPadで初めての動画編集に十分なアプリ

2つの動画をならべて再生する編集方法!iMovieで作ってみた♪|トール|note

そしたら画面をドラッグして移動させたり、ピンチイン・ピンチアウトで画面を拡大縮小しながら調整する。 下の画像をご覧ください。 左下の ハサミマークをタップすると長さを変えたり、余計な箇所をカットすることができるようになります。 でも、撮ったもののスマホの中で誰の目にとまることもなく眠ったまま状態になっている動画がどんどん増えてしまっていませんか? おそらく手ブレが酷い箇所があったり、余計な音声が入っていたり、退屈な場面が意味なくダラダラ続いていたりして、他人に見せたり世間に公開するには「イマイチだなー」といったケースが多いかと思います。 緑色や青色をバックに撮影されたクリップの、背景を簡単に削除できる「グリーン・スクリーン・エフェクト」などが追加されています。

>

MacのiMovieで動画を2つ並べる方法

今回は2本の動画を2画面で表示させるので、まず1本目の動画を読み込んでおきます。 分割されたクリップを選択してそのまま削除することもできるし、それをさらに分割して不要な部分を削除、あるいはドラッグで別の場所に並べ替えることもできる。 このように広がるので、ドラッグにより細かい動きを確認できるようになる。 背景が透明でない画像を使った場合、次の例のように画像が動画から浮いてしまいます。 緑色の音素材をタップすると動画素材と同じように、長さを変えたりボリュームを調整したりできます。

>

iMovieで動画を編集・トリミングする方法【iPhone編】

写真の素材をタップし、ハサミのアイコンがONになっている状態だと 「Ken Burns」のオンオフができるようになります。 後から簡単に変更出来るので安心してください。 ここで抜きたい色をタップしてやれば このように透過させることができるようになります まとめ 今回のアップデートにより、おそらくほとんど全ての方にとって「 動画編集はiMovieでOK」という感じになったのではないかと思います もちろんLumaFusionの方が性能も良く、出来ることも多いというのは変わりないのですが、高機能なソフトにありがちな「何がどこにあるのか分からない」ということになったりもしますし、何よりも無料と有料の差は大きいと思います 色味を細かくいじりたいというハイアマチュアからプロユースの方でもない限り、 今後はiMovieをおススメしていきたいかなと思いました。 希望のモードを選択したら、 [適用] をクリックします。 次に 「ピンチで終了位置を設定」をタップし、終了位置での画像サイズを決めます。 スプリットスクリーンで2本目の動画を読み込む• YouTubeでも紹介していますのでそちらでもご確認ください。

>

MacのためのiMovie: スプリットスクリーンエフェクトを作成する

【目次】 ・アスペクト比の変更方法 ・切り取りと回転 ・黒を適用 アスペクト比を「4:3」に変更 新規プロジェクトを作成する際に、「16:9ワイド」か「4:3」のどちらかを選択するのですが、このアスペクト比を変更する方法を共有致します。 適用できるエフェクトの数やトランジションの数も少なくなり、タイトルメニューから挿入できるエンドロールのテキストアニメーションもiPhone版では搭載されていません。 メイン動画・画像が下になりサブ動画・画像が上になりました。 iMovie Theaterでの共有はできなくなりました。 動画編集を中断して保存する方法 動画編集を途中で中断する場合は左上の「完了」をタップすることで保存されます。

>

【アップデート】iOS版「iMovie」の新バージョン2.2.7公開。グリーン・スクリーン・エフェクト(クロマキー合成)で背景の削除が可能に

この機能を使うと、 画面全体を別クリップで覆う形となります カットアウェイはサブメニュー等ありませんので補足することは特に無いです。 どちらを上にしても下にしても基本的に結果は同じなので、2つのクリップを選択してしまった方が良いでしょう。 現れたパネルからプルダウンで選んで切り替えます。 iMovieアプリ版とカスタムキャストの青背景(ブルースクリーン)を使い 画像・動画の背景を透過する方法などを紹介していきます。 プレビューウィンドウの上にある [ミックスモード] 一覧を開き、 [並べる] を選びます。

>

画面分割🎞スプリットスクリーンをする方法「Movavi]

そうするとポーンとiMovieに素材が読み込まれます。 そうなんです つまり、iMovieが抜くことができるのは、何も緑や青だけではなく、どの色でも抜くことが可能となっているのです 例えばこんな紫色の画像を読み込みます。 美しい映像と魅力的な サウ ンドを持った個人プロジェクトを手間なく制作したいなら、ドラッグ&ドロップで映画の予告編のようなムービーが作れる機能がおすすめです。 音の高さを変えたくなければ画面右の歯車マークをタップします。 結婚式のエンドロール特有の下から上方向に名簿のテキストがスクロールアニメーションするものも、自由度が低く、結婚式のエンドロールでよくある写真を画面の左や右に配置してエンドクレジットのテキストを反対側に配置するというレイアウトを作ることが難しく、工夫した編集を行う必要があります。 画面の分割サイズはあくまでも固定です。 なので、代わりに 2段目レイヤーの編集方法をここで解説しておきます クリップをタップすると表示されるメニューのうち、左の3つ「アクション」、「速度」、「音量」は今まで通りなので特筆すべきことは無いのですが、「 オーバーレイ」と「 フィルタ」は押さえておく必要があります 「 オーバーレイ」を選択すると2段目に重ねたクリップの表現方法を、別の表現に変更することができます。

>

iPhone/iPad版iMovieでスプリットスクリーン機能を使う

下に行くほどデータの容量が大きくなります。 ピクチャインピクチャやクロマキー合成といった機能はwindows環境で無料で利用できるムービーメーカーやフォトといったスライドショー作成も可能なアプリには搭載されていない高度な機能です。 〆 シメ Macで、動画を作ったりDVDに焼く時には、必ずお世話になる標準アプリケーション「iMovie」。 サブ画面は左上か右下が良いでしょう。 シーンを選びながら活用しましょう。 たとえば、iMovieの操作方法を解説するとき、操作画面を映したメイン動画メイン上に、サブ画面(ワイプ)として、解説している人を映すと、自身のアピールにもなりますし、説得力も増します。

>

iMovieの機能がすごい!iPhoneやiPadで初めての動画編集に十分なアプリ

どうも、こんにちは。 iMovieで作った結婚式のプロフィールムービーのサンプルがこちら。 次にメディアから使いたい画像か動画を選択しムービーを作成をクリックします。 それをお伝えしたいと思います。 続いて新規プロジェクトの 「ムービー」をタップ。 そしたら挿入したい動画を選択してサブメニューをタップする。 かなり需要があるんだなあって再確認させてもらえたので、もう少しだけ「深掘りした内容」をお届けしたいと思います。

>