羽柴 秀勝。 羽柴秀勝とは (ハシバヒデカツとは) [単語記事]

羽柴秀勝とは

秀勝は早世してしまったため、嘆いた秀吉は主君である信長の四男である於次丸を養子としてもらいうけ秀勝(於次丸秀勝)を名乗らせ跡取りとして育てます。 , p. の数少ない縁者が短期間で立て続けに亡くなったは、政権崩壊の一因であろう。 なお、同日条には吉田兼見が御次(於次秀勝)の見舞いをしたことに関する記述もある。 長浜に今も伝わるは、天正2年(1574年)に秀吉に男児が誕生したのを祝って始められたとの伝承がある。 同年には大徳寺で行われた、葬儀の喪主を務める。 完子の子孫は代々関白を歴任し、大正天皇の皇后・九条節子は昭和天皇を生んでいる。 【補足2】 秀吉の親族では秀次の血筋を引く真田信繁(幸村)の三男の系統は江戸時代に秀次の旧姓の三好氏を名乗り明治になって真田姓に復帰したそうです。

>

羽柴秀勝 (石松丸)とは

秀吉の一代記である「天正記」では織田秀勝の死去の記述がない。 )も同様に後に羽柴姓。 参考文献 [編集 ]• しかし秀勝が秀吉の最初の子であると推定するにしても、最初の実子であったかは疑問であるという意見もあり 、根拠とする史料は前述の推定以外には存在しないためにこれを明らかにすることはできないという問題がある。 関連項目 関連記事 親記事. 文禄4年()• 於次丸の場合は、養子となり羽柴家の跡継ぎを確保しましたが、小吉の場合、明確に羽柴家の跡取りという立場ではなく、後に秀次が秀吉の養嗣子となりました。 最初の例は、10年()10月のに対するものである。

>

羽柴秀勝の肖像画、名言、年表、子孫を徹底紹介

秀吉は後になって、養子としたやにも同じ名を付けた。 『巻第31』。 (羽柴丹後少将)• 石松丸秀勝 ? ~ ? が領時代に授かったであるが逝したと言われている。 天正15年()• 豊臣完子は、その後、茶々に育てられ、九条幸家に嫁いで、その子孫が大正天皇の貞明皇后となりました。 概略 [編集 ] 秀吉が長浜城主時代にもうけた初めての男児であったという伝承がある。 渡辺世祐 『豊太閤の私的生活』 創元社、1939年、52頁。

>

羽柴秀勝 (石松丸)

『』によるとこの頃より体調が悪化して、途中からに留め置かれた。 秀勝の甲斐支配は8ヶ月あまりであった。 太田浩司 『神になった秀吉』 サンライズ出版、2004年。 いかに自身が関白になったからといって、用はないと毒殺したとは考えにくいと思います。 文禄の役では8000を率いて、 とともに九番隊の大将として朝鮮出兵。 於次丸が養子となった時期ははっきりしないが、石松丸秀勝が亡くなった翌年の天正5年から同6年の間と推定される。

>

羽柴秀勝、3人居た秀吉の「子」

207• 其頃信長の心に叶ひののじる柴田修理亮勝家、丹羽越前守長秀とかやいひしかば、其人の名字を、一字づゝ賜らんとて、丹羽の羽に、柴田の柴をそへ、羽柴筑前守と改給しとなり。 『蜂須賀小六正勝』 雄山閣、1929年、9頁。 記録・遺物 [ ] 滋賀県長浜市妙法寺の羽柴秀勝廟 の妙法寺には羽柴秀勝像とされる稚児姿の六、七の男児 を描いた肖像画が所蔵されていた。 同年7月には関白職に任命されている。 死扱いが流であるが、によっとすり替えられたという説も存在する。 敦賀城主だが、後年の軍記では敦賀城は大谷吉継に与えられたとの異説がある。 秀勝は従四位下・参議に任官。

>

豊臣秀勝。正室は江、小吉秀勝。娘・完子の子孫は大正天皇の貞明皇后

徳富猪一郎 第4巻 民友社〈近世日本国民史〉、1935年。 但し、本当に秀吉の子孫だとする確証は無いようです。 秀吉死後、羽柴宗家2代当主)• 天正12年()のにも参加し、近江草津に陣を布き、木曽川筋攻撃で活躍。 丹波はに与えられた。 他にも天正4年10月14日の銘文と法名「朝覚霊位」と記された供養塔が残っている。

>

織田秀勝 (おだひでかつ)とは【ピクシブ百科事典】

のち征伐で功を巡りの怒りを買って丹波を没収されるが、継嗣なく死没した屋頼の遺領を引き継ぐ。 高台院(北の政所)は大阪の陣で豊臣家が滅亡後に実家の木下家より利次(小早川秀秋の兄の子、北の政所の兄の孫)を養子にして豊臣(羽柴)利次としましたが高台院(北の政所)の死後、利次は幕府をはばかって木下姓に戻して高台院(北の政所)の所領の一部である3000石を継承したそうです。 , p. (羽柴薩摩侍従)• () 、(大日本史料) 、( 毛利家) 、() 、(加賀藩史料)• 外部リンク [編集 ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 勝家は無事に通過した後、すぐに秀勝を送り返したので、秀吉はこれを連れて入京して跡で信長を慰霊した。 夫の死後に再嫁)• (羽柴京極侍従)• 早世)• (大日本古文書 毛利家) 、(島津家文書) 、(『ねねと木下家文書』 ) 、(『ねねと木下家文書』) 、(『ねねと木下家文書』) 、(『ねねと木下家文書』) 、(『ねねと木下家文書』) 、(大日本古文書 毛利家) 、(『ねねと木下家文書』) 、(『ねねと木下家文書』)• 『お江と徳川秀忠101の謎』 PHP研究所、2010年。

>