パチスロ アナザー ゴッド ハーデス 冥王 召喚。 【ハーデス2】5.9号機の冥王召喚は良台!?予想外に面白いと評価されている理由を考察します

【悲報】凱旋撤去後に「アナザーゴッドハーデス‐冥王召喚‐」を導入する店がガチである…。

5号機のように「番長3」「星矢」などのメガヒット作、「政宗」「まどマギ2」「ギアスR2」「G1優駿倶楽部」などのヒット作があると、どうしてもそうした作品の出来と比較されてしまうわけです。 また通常時は3種類の内部モードが存在しており、それぞれ 役割が異なる。 予想以上の出玉感 5. ですので、挙動が悪い台での深追いには気を付けましょう。 エンディングステージ中の単調すぎる消化作業には賛否ありますが、エンディング中に「これ規制無かったら5000枚出てたのになぁ」というガッカリ感は取り払われています。 0枚純増のART機で、継続システムはゲーム数上乗せ型。 しかし、5. ・消化中に冥王絵柄が揃えば100G以上の上乗せが発生。 ブラックアウトフリーズ 伝統のレバーON時に画面が真っ暗になる、悶絶のブラックアウトフリーズ。

>

アナザーゴッドハーデス冥王召喚

やめどき 新台のアナザーゴッドハーデス2 冥王召喚のやめどきに関しては、GG終了後の前兆がないことと、高確に滞在していないことを確認してからやめということで。 召喚フリーズ演出 召喚フリーズ演出は、3段階目まで発展すればジャッジメント確定です。 ケルベロス・ペルセポネ・ハーデスの3モードと、各モードに通常・高確準備・高確・超高確といった4種の状態があり、高確以上になれば上乗せ発生率が上昇する。 機械割が 設定4~6までがあまり変わらず約104%~106%程と低い機種になりますので、私の場合には初動を見つつも解析値を見て余程良い挙動の台があれば打ってみたいと思っています。 2020年5月18日• スペック解析 基本情報 導入日 2018年12月17日 導入台数 (販売目標) 約15,000台 タイプ ART ART純増 約2. ミリゴシリーズと言えば液晶出目による内部モードや前兆示唆が醍醐味の1つでしたが、今回は5. GG中の上乗せ演出は多数存在しており、尚 履歴アイコンに赤い宝玉があると召喚フリーズが 発生するチャンスだ。

>

アナザーゴッドハーデス2冥王召喚【スロット新台】天井・解析攻略まとめ

【ジャッジオブタナトス(JOT)】 ・HZの上位版CZ ・5G継続 ・リプレイ&黄7&レア役でジャッジメント抽選 ・強MBは確定 ・奇数図柄揃いでジャッジメント(ペルセポネ以上)確定 ・V揃いでアナザーレジェンド確定 死神の門演出成功から突入するCZ。 1k件のビュー• また、状態はステージで示唆している。 2020年1月20日• もちろん今作にも 紫7揃い後のコンボフリーズが搭載されているので、連続して紫7が揃い大きなG数の上乗せをすることも可能です。 ケルベロスモード超高確時・ 成立役別ゲーム数上乗せ抽選 上乗せ ゲーム数 押し順 黄7 共通黄7 1枚役 押し順 リプレイ 10G - - 3. 特殊画面はいずれも高設定示唆パターンとなっており、ハーデスであれば 設定4以上、ペルセポネであれば 設定5以上確定! 全体的に低設定と高設定での出現率に大きな設定差が付けられているため、ジャッジメント終了時には常にチェックしてサンプルを集めておくことをおすすめします。 エリュシオンステージ滞在時・ 成立役別上乗せ告知発生期待値 上乗せ ゲーム数 チャンス 目 中段 リプレイ 右上がり 黄7 10G 37. ホール側も次回作への繋ぎみたいな扱いにすると思われるので あまり期待はできそうにない。 朝一リセット挙動 朝一リセット時には特にこれといった恩恵はありません。 まず、 大量上乗せ時(=完走確定)はゲーム数を表示せずにエンディングステージに移行し、確定役は押し順ナビで潰されます。

>

【悲報】凱旋撤去後に「アナザーゴッドハーデス‐冥王召喚‐」を導入する店がガチである…。

レア役の役割が低くなっているため、エンディング中にレア役を引いた時の残念感が抑えられています。 ・弱ムービー ゲーム数上乗せのチャンス ・強ムービー ゲーム数上乗せ確定 ・カットイン 紫7揃いのチャンス これらはペルセポネの高確ステージでの演出だが もちろんハーデス専用の演出も存在する。 これがそこそこ長持ちするならパチスロ機の未来はまだ明るいといえますが、しかしほとんど5. GG初期状態別 内部モード高確振り分け抽選 GG 初期状態 ALL 通常 K高確 P高確 A 50. とにかく、数年間ホールの顔として稼働に貢献したビッグタイトル「ハーデス」の新作にも関わらず、誰も期待していないという異様な光景でした。 2020年2月17日• ・ゾーンオブペルセポネの平均上乗せゲーム数は約200G。 2020年3月23日• 闇の霧 往復• 液晶出目 状態示唆内容 奇数ハサミ+中奇数 天国準備示唆 Vハサミ+中奇数 天国示唆 484・848 冥界or前兆 液晶出目でのリーチ目 液晶出目による、GG当選(潜伏)確定の演出として、 『リーチ目』が複数存在します。 ・冥王モード中にジャッジメントに当選した場合は必ずハーデスに。

>

アナザーゴッドハーデス冥王召喚

ジャッジメント中の演出• 尚、HZモードはHZ中に昇格する可能性がある。 今回も初代ハーデスと同じく、紫7・冥王・GODのいずれかの確定役が揃う演出です。 ・紫7&冥王絵柄のWライン揃いは150G以上の上乗せが確定。 シェイクフリーズ演出 シェイクフリーズ演出は3桁上乗せ確定となる激熱演出です!! 履歴アイコンの赤宝石 履歴アイコンに赤い宝石があれば、召喚フリーズ発生率がアップします。 ただ、どちらのMBも停止形によっては損をする可能性があるようなので、上記の打ち方で消化することをオススメします。 朝イチの挙動 現在調査中です 5. そもそも本機は5. 9号機はとにかく出ないというイメージを持っている人が多いです。

>

アナザーゴッドハーデス2 冥王召喚 スロット

9号機ということで、有利区間の概念が存在します。 ハーデス2は、バズーカ筐体の迫力を継承しつつこれを増強したZEEG筐体を採用しています。 ・アナザーレジェンドの平均上乗せゲーム数は約510G。 【アナザーゴッドハーデス-冥王召喚-】-設定変更後・ 朝イチ の挙動- 設定変更後1G目のリールガックン アナザーゴッドハーデス冥王召喚は、設定変更後にリールガックンはしません。 2020年7月20日• 8k件のビュー• 2020年9月7日• 【チャンスゾーン】JUDGE OF THANATOSは、ART当選で上乗せ特化ゾーン「JUDGEMENT」へ突入! 機械割は97. ゲーム性は前作の演出に加えて新たなフリーズ演出などが 追加されているが、総合的にみてキツイ台なのは間違いないだろう。 その他はまだ解析待ちなので、新しい情報が入り次第更新していきます。 期待枚数は約2100枚と本機でも強力な出玉トリガーとなっています。

>

アナザーゴッドハーデス冥王召喚

第3停止で図柄一斉停止• また、ポセイドンの不評の一因ともなったごちゃごちゃした過剰に複雑なゲーム性を廃し、 上乗せでゲーム数を伸ばして出玉を増やすというシンプル・王道のゲーム性に特化したのも評価点です。 また、 有利区間を転落させずに120G消化することでGGorジャッジメントタナトス確定といった恩恵あり! 実際にこの恩恵を受けられる機会はかなり少ないと思いますが、有利区間ランプが消灯するまでは様子を見た方がいいことには変わりありませんね。 今回のハーデスは『通常時の奇数揃い』・『ヘルゾーン中の奇数揃い』でのGG当選時には、ジャッジメントからのGGスタートはならないという事。 『通常時の奇数揃い』・『ヘルゾーン中の奇数揃い』以外でのGG当選時には、ジャッジメント経由してGGスタートとなり、そのジャッジメントは『ゾーン・オブ・ペルセポネ』以上が確定する。 これはGODの爆裂性と相性最悪なんですが、ハーデスは無駄引きを感じさせないように工夫が凝らされています。 しかし、今のような時期に発売する機種というのは、ある程度人気が出ない可能性も概ね見込んで発売されるはずなので、良くも悪くも今後のパチスロには期待したいところです。 液晶のクラッシュから発展する衝撃の「全回転フリーズ」も、もちろん継承されている。

>