アルビオン フィロソフィー。 アルビオンヒストリー|ALBION

インタビュー ― アルビオン 常務取締役 国際事業本部 小林勇介 本部長 ― 海外でも戦える3ブランドの潜在価値を引き出す

コンパクト表面には孔雀の羽を手彫りするという見事な工芸品でした。 創業期の5品のなかでもプライアンは、「乳液のアルビオン」と評価される契機となった重要な商品でした。 ゆとりのある空間なので、のんびりと色々お試しできるのが嬉しい! 「DOMA」の左側には、「PORTRAIT」ゾーンが。 入って中央に位置する 「DOMA」ゾーンには、旬の情報や 最新のアイテムが勢ぞろい! 今の時期に必要な情報が一目で分かる上、 自由に触れて楽しめるのもポイント。 アルビオンのエクサージュとアンフィネスの使い分けについて エクサージュを8年くらいずっとラインで使っているのですが、30代になりエイジングケア目的でアンフィネスを使いたいと思っています。

>

アルビオンのエクサージュとアンフィネスの使い分けについてエクサージュを8...

「まだ見習い期間中ですので、何か不手際があってもご容赦ください」という無言のメッセージとも受け取れます。 アルビオンにおける「気働き」とは、つねにお客様のことを第一に考え、行動する精神をいいます。 ここは話題のポイント&ベースメイクアイテムがズラリと並び、ライトアップされたミラーの前で、思う存分、メイクアップを楽しめます。 もちろん、まだ無名の生まれたばかりの会社にとって、このような「一流店厳選主義」の方針を徹底するのは決して簡単なことではありませんでしたが、アルビオンの想いと商品の魅力をいち早く理解し、育み続けている専門店との熱い絆、信頼関係があったからこそ、現在のアルビオンに続く基礎が築かれたのです。 こうした専門店や美容部員の地道な店頭活動がお客様の支持をいただき、その好感が次々に口伝えで広がっていく。 1997年(平成9年)、スキンケアシリーズ「エクサージュ」がデビュー。 当時、自社で専用の教育施設を所有する化粧品メーカーは限られていましたが、それだけに本社ビルに先立つ初の自社ビル「教育センター」の建設は、アルビオンの教育に懸ける想いの大きさを体現するものでした。

>

商品開発力

アルビオン独自の美容活動は、創業時のマッサージによるフェイシャルサービスまでさかのぼります。 すでにビューティ運が上がるパワースポットと話題で、一足お先に潜入してきました! 場所は、横浜駅西口直結のニュウマン横浜5F。 そして、今回の目玉のひとつである「LAB」。 「ポール&ジョー ボーテ」市場導入。 「気働き」とは、一般的にはよく気がつくとか気が利くといった意味に受け止められ、ホスピタリティ精神(おもてなしの心)にも通じる考え方ですが、当時、この言葉を使うサービス業は他にありませんでした。 創業当時、商品内容は高品質の自信作が出来上がりましたが、次の問題は商品のデザインでした。 」を開設。

>

アルビオンヒストリー|ALBION

「365日いつでも美しくありたい」と願う女性のニーズにお応えし、お店の美容コーナー(美容室)を利用して行う美容活動がさらに活発化しました。 町田は、自ら教育して育てた美容部員に強い自信と誇りを持っていました。 3.私がアルビオンです。 かつて、化粧品メーカー各社は、専門店に新人を送り出す場合、「見習い」バッジをつける習慣がありました。 6月24日に横浜にオープンした『ニュウマン横浜』に、美容好き必見の新スポット『ALBION PHILOSOPHY(アルビオン フィロソフィ)』が誕生。 厚化粧の人の方が普段あまり化粧しない人に比べて肌が汚いのはそういう理由もあるんでしょうね。

>

インタビュー ― アルビオン 常務取締役 国際事業本部 小林勇介 本部長 ― 海外でも戦える3ブランドの潜在価値を引き出す

季節に応じて、エクシア アンフィネス イグニスを使っています。 ここにはアルビオンの研究員が常駐し、 研究員と直接話せるのはもちろんのこと、 乳液づくりや原料の調合などのデモンストレーションも実施。 P&Jの中では、02年から発売している「プライマー」が引き続き好調で、単品だとアルビオンの「薬用スキンコンディショナー エッセンシャル」に次ぐ販売個数になっています。 理想のファンデーションを追求し続けた、アルビオン研究陣の努力と技術力の成果が実を結び、この時期にサマーファンデーションの画期的な新製品が相次ぎました。 香港に「ALBION Cosmetics HK Limited」を開設。 アルビオンは、化粧品づくりを公開するオープンラボやオリジナルのトリートメントサロンを併設した新業態店「ALBION PHILOSOPHY 」を、2020年5月31日に「NEWoMan横浜」(神奈川県横浜市)にオープンする。 英夫も役員として名を連ねたものの、一営業マンとして、まずはアルビオンの商品を扱ってくださるお店の新規開拓という、ゼロからのスタートでした。

>

商品開発力

「新イグニス」を市場導入。 東京農業大学と共同で「スリランカ伝統植物研究所」を開設 セレクトコスメストア「アルビオン ドレッサー」事業開始。 「本当に女性の肌がキレイになる化粧品を、コストなどは関係無く、どんな高級な素材でもいいから、中身もデザインも最高級のものをつくりたい。 厳しい指導をし、どこに出しても恥ずかしくない人材に育てたのだから、見習いなんてとんでもない、という考え方です。 行った時には、「さっぱり」や「しっとり」 など乳液の感触の違いを、 どうやって作り出しているかを研究員の方が説明しながらデモンス トレーションを行ってくれました。

>

インタビュー ― アルビオン 常務取締役 国際事業本部 小林勇介 本部長 ― 海外でも戦える3ブランドの潜在価値を引き出す

肌が弱いのですが、アンフィネスの乳液とクリームが特にお勧め。 台湾に「ALBION Cosmetics Taiwan Co. 事業所内保育所「Kuukids」開設。 2.私は美容部員です。 世界中のアルビオンで、 オープンラボを併設しているのは「ALBION PHILOSOPHY」のみだそう。 顔を撮影した画像から、シミ、 シワなど細かく解析し、今の肌年齢を測定。

>

商品開発力

スキコンは肌荒れが気になったときに使いますが、普段はエクサージュの化粧水を使ってます。 当時の価格で9万円、18金82g(保証書付)。 「赤ちゃんのようなみずみずしい弾力のある肌にする」ことを目指して、色や香りにも母親の胎内に抱かれていた時をイメージした、ひときわなめらかな感触とやさしさを感じさせるという特長を持たせたシリーズとなりました。 ロンドンに「ALBION Cosmetics UK Limited 現:UK Branch 」を開設。 使ってみてぜんぜん違う。 「GATHERING」コーナーは、人と化粧品、美しいモノやコトが集うスペースで、ビューティアドバイザーが肌やお手入れの相談・商品の紹介を行うほか、アルビオンが共感する芸術や文化、作品などの展示イベントやワークショップも随時開催する予定だ。

>