岐阜 新聞 コロナ 予言。 コロナ大流行を30年前に“予言”? 「2020年、人類の半数が伝染病に」

「岐阜新聞」は30年前の記事でズバリ!? コロナ「予言の書」が続々登場の怪

最重視する政策のうち「新型コロナ対策」は年代別では60代以上が最高で40%。 1990年5月2日付の岐阜新聞朝刊3面。 「その頃から分かっていたのにもっと対策すべきだった」との指摘もある。 客の西より来たり 東に至りて止まるあり 木火金水 此の大恥を洗う 客(新型コロナウイルス)が西(アメリカ)より来たり、東(中国武漢研究所)に持ち込まれて留まる ウイルスが漏れて、木火金水(世界中に広がる) (中国政府は慌てて)此の大恥を洗う ここは、 客(新型コロナウイルス)が西(中国湖北省武漢)より来たり、東(日本)に持ち込まれて留まる ウイルスが漏れて、木火金水(世界中に広がる) (日本は今回の対応で)此の大恥を洗う ともとれますね。 12月7日更新)• 現在のコロナ禍とは細部が異なるが、「2020年」「伝染病」「免疫力低下」などのキーワードが現在をほうふつさせる。 <外部リンク> 国外の発生状況• たとえば、『鉄の鳥の攻撃によってアメリカの兄弟は落ちるでしょう。 WHOが予測した報告書をまとめたというもの。

>

新型コロナウイルス感染症【県内の感染動向】

これを受けて、五輪反対派からは、「グレーなままでまんまと逃げおおせた」「こんな黒いオリンピックは中止にすべき!」という批判が持ち上がっていたのだ。 27日の岐阜新聞によると、同紙の1990年5月2日付の朝刊3面の紙面がオンライン上で広まっているという。 男女別では、男性は「景気・雇用」、女性は「新型コロナ対策」が最も多く、次いで男性は「新型コロナ対策」、女性は「教育・子育て支援」。 中国がきっとこう言い出すと予言したでしょ?」と切り込むと、「WHOのテドロス(テドロス・アダノムWHO事務局長=55)が『大したことない。 共同通信もWHOも創価 創価がコロナ茶番の仕掛け人 つまり30年前にはコロナを〝計画〟していたということ。 どれくらいこの「AKIRA」がスゴいのかというのは、日本でもおなじみのスティーブン・スピルバーグ監督が「こんな作品を作りたかった」などと絶賛し、グラミー賞常連の世界的ミュージシャン、カニエ・ウェストが「この映画は俺のクリエイティビティにもっとも影響を与えている」と発言していることからもわかっていただけるのではないか。 それでも、ツイッターでは「放っておけば人類の半数が感染する」「 見出しで 2020年と言い切っているのがすごい」といった声が上がっている。

>

漫画「AKIRA」が新型コロナを予言!?ネット民が震える怖い噂の種明かし

本紙の過去の紙面は県内各地の図書館で閲覧できる。 高須克弥氏 高須クリニック院長の高須克弥氏(75)が7日、ツイッターを更新。 免疫力低下• WHOによると、新型コロナウイルスの世界の感染者数は25日時点で約1558万人。 内城さんは「記事は2020年に感染症が大流行すると予測したものではない。 。 その上で、岐阜新聞が27日に、30年前の「予測」と今年の新型コロナの大流行では細かい部分でさまざまな相違点がある一方、「2020年」「伝染病」「免疫力低下」といったキーワードは共通しており、感染者数も世界人口の半数までいかないものの、すでに200カ国余りで発生しており、今後さらなる拡散が見込まれるなど、大規模な感染であることには相違ないとの見解を示したことを伝えた。

>

コロナ大流行を30年前に“予言”? 「2020年、人類の半数が伝染病に」

県内5圏域で10・20代、30代、40代、50代、60代以上の年代別に人数を割り振り、男女各50人、計100人から回答を得た。 さて、ここにきてにわかにクローズアップされ始めた、「予言」だが、認知心理学に詳しいジャーナリストはこう語る。 上記の地震で富士噴火が起きます。 これまで200件以上の広報コンサルティングやメディアトレーニング(取材対応トレーニング)を行う。 記事の見出しは「2020年、人類の半数が伝染病に」で、「オゾン層破壊、免疫力の低下招く」などの小見出しも見える。

>

「岐阜新聞」は30年前の記事でズバリ!? コロナ「予言の書」が続々登場の怪

記事によれば、劉基は『三国志』にも登場する、明の初代皇帝・朱元璋に仕えた軍師で、風水と方位学を用いた『奇門遁甲』という占いで、未来を予知する能力があったのだとか。 「2020年」は、地球の平均気温が「2020年までにセ氏1. 「一般的に、予言にはポジティブなものより、『地震が起こる』や『火山噴火が……』といったようなネガティブなもの方が多いですが、これは、たとえ外れても、誰も文句を言わないからなんです。 記事を執筆したのは当時、共同通信科学部記者として環境庁(現環境省)と厚生省(現厚生労働省)の取材を担当していた客員論説委員の内城喜貴さん(69)だ。 。 記事の細部も現在のコロナ禍とは異なる。 中国のネット上では この30年前の岐阜新聞に対し、中国のネットユーザーの間では 「的中する部分があるから信じる」という声や 「科学的な根拠はないから信じない」という声もあります。

>

コロナ対策重視 岐阜県知事選、有権者アンケート

世界人口の半数にははるか及ばないが、200カ国以上に広がり、感染拡大が続く。 新型コロナウイルス感染症という伝染病に世界の1600万人が感染した現状況をあたかも予測していたような内容のためだ。 僕がそちらに行けるなら真っ先にその時代の富士を拝みたい。 世界中に新型コロナウイルスを流行らせた戦犯はテドロスと習近平だよ。 新型コロナウイルスの世界的大流行を予測したかのような記事が、30年前の岐阜新聞に「2020年、人類の半数が伝染病に」の見出しで大きく掲載されていたと、会員制交流サイト(SNS)やニュースサイトで話題になっている。

>