肝炎 医療 費 助成。 国・北海道による医療助成(特定疾患、肝炎等)/札幌市

滋賀県肝炎治療特別促進事業|滋賀県ホームページ

(2)地方税法上、患者(受給者)及びその配偶者と相互に扶養関係にない者(市町村民税課税の際、患者(受給者)及びその配偶者が除外対象者の被扶養者とされておらず、かつ、除外対象者が患者(受給者)あるいはその配偶者の被扶養者とされていないこと)• 【治療開始日の例】 (1)氏名・住所・医療保険・医療機関の変更 次の場合には,必要な書類を揃えてに速やかに申請してください。 ただし、健康保険から支給される高額療養費・付加給付金に該当する金額については、東京都から助成されません。 また、肝炎治療受給者証の申請に係る診断書並びに意見書については、現行の様式をそのまま使用するものとします。 「肝炎治療受給者証交付申請書」(所定の様式)• 郵送の場合は、保健所に書類が到達した日を受付日とします。 核酸アナログ製剤治療の更新申請が簡素化されました(令和元年6月) 令和元年6月25日以降の核酸アナログ製剤治療の更新申請においては,診断書,更新診断書又は更新確認書が提出された認定後,2回目までの更新について,これらの代わりに治療内容が分かる書類(お薬手帳等の写し)の提出のみでの手続きが可能となりました。 死亡その他の理由により肝炎治療に係る医療の必要がなくなったとき• ) 支給申請書に添付する療養証明書は、医療機関及び調剤薬局の方にそれぞれ記入していただくものです。 治療を受ける際は、必ず被保険者証等と併せ、「肝炎治療受給者証」及び「肝炎治療自己負担限度月額管理票」を医療機関・薬局の窓口に提示してください。

>

島根県:肝炎治療医療費助成事業について(トップ / 医療・福祉 / 健康・医療 / 健康 / 疾病療養支援 / 肝炎医療費助成事業)

) 助成期間は、お住まいの地域の健康福祉事務所等が申請書を受理した月の初日から最大1年間で、治療期間に即した期間です。 令和元年8月22日から,インターフェロンフリー治療薬「マヴィレット配合錠(一般名:グレカプレビル水和物/ピブレンタスビル配合剤)」が,12歳以上の小児のC型慢性肝炎及びC型代償性肝硬変についても保険適用となり,本事業の医療費助成の対象となりました。 関係者支援• 申請から受給者証が届くまでに一定期間がかかります。 平成30年8月17日、肝炎医療費助成制度チラシを更新しました。 世帯全員の市町村民税の課税年額を証明する書類」の提出を省略できませんのでご留意ください。 平成31年2月26日から、本事業におけるC型慢性肝炎またはC型代償性肝硬変におけるインターフェロンフリー治療としてエプクルーサ配合錠(一般名:ソホスブビル/ベルパタスビル配合剤)が医療費助成の対象となるとともに、新たにC型非代償性肝硬変におけるインターフェロンフリー治療を医療費助成の対象として、同薬剤が該当することになりました。

>

山梨県/山梨県肝炎治療費助成事業について

インターフェロン治療 新規・再治療・再認定• 申請書類は保健所でお配りしています(ホームページからダウンロードも可能です。 世帯全員の市町村民税課税(非課税)証明書等、世帯全員の市町村民税の課税年額を証明する書類 (市町村役場で、申請時点での最新の証明書を発行してもらってください。 なお,受給者証の有効期間は,転入の日からお持ちの他県の受給者証の有効期限までとなります。 インターフェロンフリー治療については,薬剤により異なります。 世帯全員の市町村民税(所得割)課税年額を証明する書類(転入前と世帯の構成が変わる場合) 病院・診療所の方用 治療実施医療機関として登録するためには,宮城県との覚書を締結する必要があります。 返納 治癒等で受給者証を使用しなくなったときや、県外に転出したときは、住所地の保健所等で「 」に受給者証の原本を添付し、返納してください。

>

肝炎治療費助成制度について/茨城県

払い戻しの請求をする場合は、まずご加入の医療保険者に高額療養費制度・付加給付制度の該当になるかどうかをご確認いただき、その後に請求していただきますようお願いいたします。 治療当日に受給者証の提示を忘れた場合は、一旦窓口で全額お支払いしていただいた後、「7. その他• (管理票の記入例を貼付しています。 セログループ1のC型慢性肝炎に対するインターフェロンフリー治療(エルバスビル及びグラゾプレビル水和物による治療)が肝炎治療費助成の対象になりました。 平成29年3月24日 インターフェロンフリー治療において、「セログループ1(ジェノタイプ1)又はセログループ2(ジェノタイプ2)の、 いずれにも該当しない患者」に対するソバルディ錠及びリバビリンとの併用療法による治療が助成対象となりました。 病気・治療についての相談• 平成29年2月15日 C型肝炎セログループ1(ジェノタイプ1)の「 インターフェロンフリー治療( ダクラタスビル塩酸塩・アスナプレビル・ ベクラブビル塩酸塩配合錠(薬剤名は「 ジメンシー配合錠」です。 B型ウイルス性肝炎に対して行われるインターフェロン治療及び核酸アナログ製剤治療、C型ウイルス性肝炎に対して行われるインターフェロン治療及びインターフェロンフリー治療で、保険適用となっているものが対象となります。 肝炎治療受給者証交付申請書(様式1号) 被保険者証の写し、住民票(本人分のみ)、転入前の受給者証の写し 8 【核酸アナログ製剤治療の更新手続きを行う場合】 上記「」欄をご覧ください。

>

肝炎治療費助成の申請手続について|徳島県ホームページ

(医療機関・薬局をそれぞれ利用された場合、請求書は2枚になります。 【平成29年6月16日】• 「世帯調書」(所定の様式、「世帯」とは、住民票上の世帯です。 なお、申告の方法は、「市町村民税世帯合算対象除外申告書」(前項「5 申請に必要な書類は」)に基づきます。 問い合わせ先一覧<県保健所> 各保健所 所在 電話番号 中央保健所 宮崎市霧島1-1-2 0985-28-2111 日南保健所 日南市吾田西1-5-10 0987-23-3141 都城保健所 都城市上川東3-14-3 0986-23-4504 小林保健所 小林市大字堤3020-13 0984-23-3118 高鍋保健所 高鍋町大字蚊口浦5120-1 0983-22-1330 日向保健所 日向市北町2-16 0982-52-5101 延岡保健所 延岡市大貫町1-2840 0982-33-5373 高千穂保健所 高千穂町大字三田井1086-1 0982-72-2168 関連するページへのリンク• 申請手続について 申請先• (C)その他、何らかの理由により、有効期間内に、助成対象となる保険診療を受けた際の自己負担分を医療機関に支払った場合• 認定方法 審査は県が設置する審査会において、下記認定基準に基づいて審査をします。 電話:0192-27-9913 所在地:釜石市、大槌町• 申請者及び申請者と同一の世帯に属する者の市町村民税年額(所得割)を証明する書類 発行:各市町村 (乳幼児や義務教育期間の年齢にある者は省略可) 申請書様式等• このため、本助成制度を利用しないで健康保険のみを利用した場合でも実質的な自己負担額が次表に示す本助成制度における自己負担の月額限度額(1万又は2万円)を超えない場合があります。 国民健康保険等各種医療保険に加入している方 他の法令の規定により国又は地方公共団体の負担による医療に関する給付を受けている方は対象となりません。 オムビタスビル水和物・パリタプレビル水和物・リトナビル配合剤及びリバビリン(レベトールカプセル200ミリグラムに限る)併用療法による治療 5か月• 対象となる医療について B型及びC型肝炎ウイルスの除去を目的として行う抗ウイルス治療(インターフェロン治療、インターフェロンフリー治療、核酸アナログ製剤治療)及びこの治療を行うために必要な治療で、保険適用となっているものが対象となる。

>

山梨県/山梨県肝炎治療費助成事業について

なお、自己負担限度額管理票がいっぱいになり、書き込めなくなった場合は受給者証送付時に付いている空の票をコピーし、下の管理票が見えるように貼り付けて使用してください。 お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。 及び除外者の被保険者証の写し 平成30年7月からマイナンバーを活用して申請すると、3,4の書類を省略することができます。 会議について• 3 診断書等の作成 申請に必要な書類のうち,次の診断書・申請書は,県が指定する医療機関で作成する必要があります。 上記については、再治療の場合、肝疾患診療連携拠点病院に常勤する日本肝臓学会肝臓専門医又は肝疾患診療連携拠点病院に常勤する日本肝臓学会肝臓専門医の判断を踏まえた上で、日本肝臓学会肝臓専門医が「診断書」を作成すること。 該当する方は,必要書類を揃えてに申請してください。

>

肝炎治療に係る医療費助成のお知らせ|青森県庁ウェブサイト Aomori Prefectural Government

助成期間(受給者証の有効期間)について 助成の開始日は、原則として、申請書を受理した日の属する月の初日からとなります。 更新診断書(様式第5号その2)• 課税年額の世帯合算から除外できる世帯員について 世帯の市町村民税(所得割)課税年額が235,000円以上で自己負担限度額(月額)が2万円になる方について、地方税法上及び医療保険上の扶養関係にない方を、世帯の市町村民税額の合算対象から除外できます。 申請場所及び担当窓口• 国民健康保険や組合健康保険など、公的医療保険に加入している方 助成の内容 C型ウイルス性肝炎に対するインターフェロン治療及びインターフェロンフリー治療並びにB型ウイルス性肝炎に対するインターフェロン治療及び核酸アナログ製剤治療にかかる保険診療の患者負担額の合計から、下記の月額自己負担限度額を除いた金額を助成します(健康保険から支給される高額療養費等は助成額には含まれません。 申請手続き(新規・更新・再治療) 以下の内容に関する申請ができます。 医療・福祉の制度やサービス• a これまでの治療において、ペグインターフェロン及びリバビリン併用療法48週を行い、36週までにHCV-RNAが陰性化したが再燃した方で、今回の治療において、「HCV-RNAが36週までに陰性化した症例」に該当する場合。 ただし、次の場合は医療費等を一旦支払うことになります。 令和元年8月 31日までに保健所へ申請し,認定を受けた場合は,保険適用日の平成31年(2019年2月26日)まで 遡って助成を受けることができます。

>