グレン ドロ ナック 12 年。 グレンドロナックの味や種類/12年・15年・18年・21年・ピーテッドの違いを解説

グレンドロナックの味やおすすめの種類や銘柄/おいしい飲み方/12年・15年・18年・21年・ピーテッド

総評 美味しいシェリー由来のウイスキーですね。 グレンドロナック蒸溜所はちょうどハイランドとスペイサイドの境界線上に位置しており、スペイサイドと捉えることもできますが、現在の区分としてはハイランドに属する見方が強いようです。 2008年にベンリアック・ディスティラリー・カンパニーによって買収されたものの、2016年には米ブラウン・フォーマンによって買収され、現在もブラウン・フォーマンによって運営されています。 テイスティング時 あと3分の2• イトスギの木桶による発酵や、ポットスチルでの3回蒸溜といった伝統的製法から生み出されるまろやかな味わいが特長です。 。 製造をウィリアム・ティーチャズ&サンズ社が行い、販売はアサヒビールが行なっています。

>

グレンドロナック12年・重厚にしてエレガント!ハイランドを代表するシェリー樽熟成の雄

個人的にはやはり現在のシェリーカスク主体のハウススタイルが最も好みでは有りますが、ベンリアックディスティラリーに代わってからの新たな挑戦にも期待が寄せられます。 デヴェロン川の南に位置し、ゲール語で「黒いちごの谷」を意味します。 飲んでみると口当たりは良く、 甘さからほのかな苦味が感じられ、そして樽の香りがふわっと広がります。 製造工程におけるさまざまなこだわりが、グレンドロナックの独創的な味わいを生み出しています。 シェリーカスクファンにはぜひ味わっていただきたいバランスのとれたボトルです。

>

グレンドロナック12年・重厚にしてエレガント!ハイランドを代表するシェリー樽熟成の雄

彼はウイスキーだけでなく、 それを造り出すアラデスのこともすっかり気に入ってしまったのです。 中でも地主の5代目であるゴードン公はグレンドロナックをいたく気に入ります。 熟成にオロロソシェリーの樽と極甘口に仕上がるペドロヒメネスのシェリー樽を使用、これぞグレンドロナックと言う仕上がりに。 コスパ優良. 以降、かの有名なブレンデッドウイスキー「ティーチャーズ」のキーモルトとして使われています。 ウォッシュバックはオレゴンパイン製で、環境を意識した二酸化炭素の回収装置が完備されたもの。

>

グレンドロナック12年

飲んだ後に本当に微かにスパイシーさがあるような気がしましたが、 意識しないと分からない程度まで抑えられています。 甘いだけではなく余韻にビターチョコレートのコクと苦み、クローブのようなスパイシーさも感じます。 名残惜しいのでリピートするかもしれない。 以前はシェリー樽のほかにリフィルのスパニッシュオーク樽も使用していました。 ストレートでじっくり楽しむことはもちろん、ソーダで割っても上品で満足度の高いハイボールが楽しめます。 アバディーンシャーにはたくさんの小川があり、夏は過ごしやすく冬は寒いことで知られています。

>

グレンドロナックの味や種類/12年・15年・18年・21年・ピーテッドの違いを解説

抜栓からの経過 16日• 甘いだけではなく余韻にビターチョコレートのコクと苦み、クローブのようなスパイシーさも感じます。 シェリーの甘さを程よくて嫌な感じはしないですね。 モルトウイスキーの場合、原料となる大麦を発芽させ麦芽にすることで、糖化酵素が活性化します。 そして「トラディショナル」と銘打ち「オーク樽」と「シェリー樽」の両方が使用された12年熟成表記品のリリース。 カスク 不明• シェリー樽由来のバニラやはちみつといった甘い風味と、ドライな香りがグレンドロナックを作り上げています。 グレンドロナック蒸留所 「マッカラン」「グレンファークラス」と並び、シェリー樽熟成のスコッチ・シングルモルトウイスキーと言えばこの「グレンドロナック」を思い浮かべるかたも多いのではないでしょうか。

>

グレンドロナック12年 終売の噂と蒸留所事情、オールシェリーの評価

アバディーンからスペイサイドにかけての地域は多くの古城が存在し、その景観は観光客の目を楽しませています。 2015年以降にリリースされたボトルはオロロソの他にも若干ペドロヒメネスの樽原酒が使用されているようです。 ボディはフルボディで厚くフルーツ系の甘みと共にウッディーでスパイシーな味わいがフィニッシュに向かい広がっていく。 高額ではありますがオフィシャルが出しているシングルカスクシリーズはグレンドロナックの真骨頂を楽しめると思います(1971年、1972年、1993年などは非常に評価が高いです)。 グレンドロナックが好きな方であれば、ハマるボトルとなっているのでぜひお試しください。 グレンドロナック、ザ・マッカランと飲み比べてみるとその違いがハッキリと分かります。 香りは程よいスモーク、パンケーキ、ラズベリー とビターオレンジなど。

>