Word 目次 の 作り方。 【Word】目次の作り方(目次を自動で作成)

目次の作成と更新

」と目次の作成を敬遠していた方もいらっしゃるかと思います。 カーソルを合わせ、ホームタブの「スタイル」から「見出し1」を右クリック。 目次の作り方 では「 具体的にどうすれば目次が作れるのか?」ということを解説していきます。 また 、手動作成目次は 、とても難しいわけではありません。 これでやっと目次を作成するための下準備が整いました。

>

目次を自動で作成する:Word(ワード)2013基本講座

【フィールドに追加】ボタンをクリックします。 「自動」の場合は本文で見出しを作成すれば、操作一つで自動的に目次のページを作れるのでお勧めです。 卒論における引用文献の示し方というと、Wordに組み込まれているスタイルでは「IEEE」が該当します。 図2:スタイル(1) まずは、1ページ目に表題を作ってみます。 1-3. 文字列の一部を削除した例です。 注意点としては、 章には「見出し2」を、節には「見出し3」を設定するようにしましょう。

>

卒論の目次の書き方ってどうしてる?Wordで作成する時の見本や便利な機能も紹介!

目次が更新されました。 【OK】ボタンをクリックします。 「 参考資料」タブの「 目次の更新」ボタンをクリックしてください。 目次を自動で作成する方法 目次を自動で作成するためには、まず目次を作成するページを確保します。 ここでは、部と章を表示したいので、「アウトラインレベル」を「2」にしてみます。 この[見出し1]とか[見出し2]は、Wordで最初から用意されているスタイル名のことです。

>

Wordでの目次の作り方!追加、更新、編集方法 [ワード(Word)の使い方] All About

しかし、目次は自動ではページが切り替わりません。 目次のフォントを変更する方法 まずは、先ほどの目次の部分で変更したい箇所を選択します。 図1:目次のイメージ 目次を作成するのは一見、大変そうに見えますが、実はとても簡単です。 また手動設定の場合、ページ数も手動で入力する必要があります。 エレガント• また、セッションを設定すれば、現在のページからページ番号を振ることもできます。 目次の削除 目次を削除するには目次を選択し、[目次]から「目次の削除」を選択します。

>

目次の作成と更新

アウトラインレベルの変更」で紹介するように変更することもできますが、最初からレベルを細かく設定したい場合は、「1-3. 今回は内容を変更しているので、「目次をすべて更新する」を選択し、OKをクリックすると目次が更新されます。 アウトラインレベルの変更 一度設定したアウトラインレベルの変更は、[参考資料]タブの[テキストの追加]から簡単に変更できます。 つまり、 目次で使いたい場所にアウトラインレベルだけ設定すればよいのです。 目次のみを簡単に作成したい場合は手動で作成する方が簡単ですが、手動の場合は不便な点もあるので注意が必要です。 文書の階層構造が一覧として表示されています。

>

目次を作りつつ段落番号を振る方法

1」のようになっているためこのまま。 この手順でそれぞれの見出しレベルに合わせて適切に文書全体に設定しましょう。 一つは、 1. アウトラインを意識した文書を作成する習慣をつけておけば、報告書などを素早く見やすい体裁で作成することができます。 出てきた[段落]ダイアログボックスで、[アウトライン レベル]の場所を見ます。 そうすると自動で目次を作成することができるのです。

>