西岡 ナダル。 ナダルのテニス・相手・西岡良仁が話題

西岡がナダルに大健闘も日本は敗退:ATPカップ(テニスネットPro)

グランドスラム全日程生中継!ネット配信も楽しめるWOWOW• 前々週の「ATP250 ケルン」では、今シーズン2度目のツアーベスト8進出を果たしていた。 当時世界ランキング1位のナダルに対して西岡選手は72位。 シングルスでそのナダルと対戦した西岡選手。 予選突破をかけてデビスカップ王者と対戦します。 去年のツアーでは、6歳年上の錦織圭に初めての対戦で勝利。

>

西岡 世界1位ナダルと死闘も惜敗。日本は決勝T目指しダブルスに望みをかける

年末は沖縄で合宿。 今年新設された世界テニス国別対抗戦「ATPカップ」(オーストラリア・ブリスベン、パース、シドニー/1月3~12日/賞金総額1500万ドル/ハードコート)の大会6日目はパース会場でグループBのラウンドロビン「日本対スペイン」が行われ、第2試合のシングルスで西岡良仁(ミキハウス)はラファエル・ナダル(スペイン)に6-7 4 4-6で敗れ、スペインが2連勝を飾った。 この記事が参考になったら是非クリックをお願いします。 西岡は、ウルグアイ戦で世界45位の(ウルグアイ)を6-0、6-1で、ジョージア戦では世界26位の(ジョージア)を6-2、6-3で撃破している。 ナダルは「僕らはこの予選で1試合も負けなかったから、自信を持ってシドニーへ向かおうと思っている」と語った。

>

西岡「不愉快な試合でした」

2ブレークに成功して逆転勝利を収めた。 相手のアンドゥハルは、現在34歳のベテラン。 圧倒的な格上のナダルを相手に試合は敗れたものの、 ナダルのサービスゲームをブレークするなど熱戦を演じて見せました。 どうやら西岡は普通のアスリートとは違う感覚を持っているらしい。 最終ゲームとなった第12ゲームをキープし勝利を手にした。 またダブルス2回戦では、(日本/ザイマックス)/サブリナ・サンタマリア(アメリカ)が(ドイツ)/ラルカ・オラル(ルーマニア)と対戦する。

>

西岡「不愉快な試合でした」

それは「両手を等しく使える」という才能。 ファーストサーブ得点率 ナダル80% 西岡61% プレースタイルはやや似通っている両選手だが、サーブ力という面でまだまだ差があるようだ。 翌日の試合では敗れたが調子の良さはキープできた。 昨年準優勝のマルケタ・ボンドロウソバ(チェコ)はストレートで敗退した。 両者の過去対戦成績はナダルの5勝0敗(2017年「全仏オープン」でのカレーニョ ブスタの途中棄権を含む)。

>

【西岡良仁】試合予定や放送は?ナダル「とても才能がある素晴らしい選手」と称賛する日本期待の星!

格上を破って二回戦に進んだ西岡が上位進出への正念場を迎えた。 西岡選手も目指すべきはそこであろう。 試合は日本時間24時頃に開始予定。 ワイルドカードで出場の世界70位(アメリカ)と9度目の対戦に挑む。 ニューヨーク・オープンとデルレイビーチ・オープンは 準々決勝以降はオンデマンド限定でライブ配信。 この日、シングルス第1試合で世界ランク119位のは同10位のにストレートで敗れた。

>

【西岡良仁】試合予定や放送は?ナダル「とても才能がある素晴らしい選手」と称賛する日本期待の星!

欠場した錦織圭に代わり西岡選手がエースとして出場した日本代表は、 ラファエル・ナダルを擁するスペイン代表と対戦。 シドニーでプレー出来るように頑張ります!ナダル選手との対戦とても楽しみです! 明日はテレビ朝日でも放送あるのかな?会ったらいいですね!是非観てください! — YOSHIHITO NISHIOKA yoshihitotennis まとめ. 試合の翌朝、時刻は朝4時50分。 第1試合は添田豪(GODAI)がロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)に2-6 4-6で敗れ、スペインが先勝していた。 上位4シードは1回戦免除のため、ズベレフは2回戦からの登場。 なお、各組2位の中で最も成績の良い2ヵ国も決勝トーナメント進出できるが、そのために現時点でも日本はスペインから1試合は勝利を挙げる必要がある。 第1セットが大事だった。

>

西岡良仁がじわじわ相手を追いつめ逆転。「ATP1000 パリ」で本戦初勝利飾る

第2セットも王者ナダルに対してパッシングショットを決めるなどで会場を沸かせるも、熱戦の末に力尽きた。 西岡が先にブレークする好スタートを切ったが、四大大会19勝を誇るナダルに逆転を許し、タイブレークの末に第1セットを落とす。 相手は世界ランク29位と勢いある若手。 10ポイント先取のマッチタイブレークでリードしたが、終盤でポイントを連取されて1時間55分で敗れた。 今年6月に56位以内に入っていれば出場権を得られるため、今からポイントを稼いでおきたい。 リハビリ期間中に始めたユーチューバーとしての活動。

>

西岡良仁がストレート勝ち、ナダルも順当勝ち…全仏1回戦 : その他 : スポーツ : ニュース : 読売新聞オンライン

2017年といえばナダル選手が復活を遂げ、全豪では同じく復活したフェデラー選手と決勝を争ったのが記憶に新しい。 1位通過を決めたスペインはナダルを休めても良いのだが、なんとナダルが出場する。 母も運動好きだった。 【YouTube】錦織との衝撃的な出会い【添田】が秘話を明かす。 体を動かさない本当の意味でのオフは2週間ほどしかなかった。 スペインには敗れてしまったが、ダブルスに勝てばまだ2位通過の可能性が残る中、日本は添田がマクラクラン勉と出場。 その大事な第1試合。

>