ドロマー ガーディアン。 【デュエプレ】ドロマーガーディアンのレシピと回し方【デュエマプレイス】

ドロマーイニシエート簡易メモ|鬼丸|note

過去には《アクア・ベララー》でデッキトップを固定し、《ヴォルグ・サンダー》でのLOや《超覚醒ラスト・ストームXX》による勝ちを目指す超次元型が主流であった。 青はもう少し削れるかもしれない。 1t目の優先度:《ブレイズ・クロー》>《モスキート》>《ポレゴン》• リソース確保をしたら、《無修羅 デジルムカデ》をキャストして相手のクリーチャーを封殺しましょう。 勝った試合は相手のプレイミスと大事故、稀にこっちの激強トリガーのおかげ。 ですが、自分の行動を犠牲にしてまで他のデッキ偽装するのはさすがに辞めましょう、弱いです。 呪文側は殆ど使用しません。

>

ドロマーぷらすネクラガーディアン

ちなみに最高レートは1569でした。 もっともこのカードはドロマーであれば必然的に警戒されるため、デッキに入っていなくとも相手の動きをある程度は制限できる。 3コス4000ブロッカーを入れることも考えたが後攻だと間に合わないのと軽いので余ったマナで出しやすいのが良い。 390• 174• 《鎮圧の使徒サリエス》 4 2マナ3000のイニシエートブロッカーです。 ついでに《アクアン》らサイバーロードも強化できる。

>

【デュエプレ】赤緑速攻【デッキレシピ】【DMPP

中盤 相手の妨害をしたら、今度は自分のバトルゾーンの形成です。 を選ぶはだが、その後する部分はとして扱う。 このデッキにはエンジェルコマンドが4体しか入っていないので回収できるのは結構魅力的ですし、ミストリエス拾えたりするのもめっちゃ強いので出来れば入れたいです。 環境では【イニシエート】、、、などの種族デッキで活躍している。 実際に使用した戦績 マスター帯10連勝が1回と8連勝が1回、4,5連勝複数回。

>

【デュエプレ】赤緑速攻【デッキレシピ】【DMPP

総合戦績:57勝38敗(勝率60. 色の名前忘れた時にでも見直してくれると嬉しいです。 まず グレナビューレから説明すると、5マナ8500でWブレイカーというだけでも十分強いが、最後の盾追加効果がなかなか強くて、トリガーが厚いこのデッキとかなり相性がよさそう。 初手はともかく、3~4ターン目以降は出来れば1枚キープしておきたいカードです。 対抗色とは特定の色の離れている色 順番は上記に書いたように白青黒赤緑となります。 ドラゴンは《フェアリー・ライフ》と《バースト・ショット》を踏んだら負ける。 」とあり、一つの種族を宣言してすべてが上昇するのには違和感があった。

>

《光器ペトローバ》

シータ(青赤緑)• 136• 《モスキート》が殴るのは3マナ溜まってから。 対青緑リーフ ガイアスマッシャーを採用していなければ赤に比べて中盤の押し込み 速攻性 が弱いが序盤から馬力のあるカードが押し寄せてくる。 5.2.少しややこしくなりますが上記の詰めコンボは《》であれば確実に毎ターン行えます。 その場合はアクションを起こさずに殴ることになるがその後のクワキリを、捌けるようなハンドを意識。 とも相性がよく、適当な小型でもを持つを止められるようになる。 でフィーチャーされたの1つで、イラストのモチーフは水生生物となっている。 見て分かる通りドロマーと相性がめちゃくちゃいいです、間違いなく次環境はドロマーの時代が来ると思います。

>

ドロマーイニシエート簡易メモ|鬼丸|note

ボクの《ソニアス》は賢いのかもしれない。 はとを同時にこなすのでかなり便利である。 その為今回はこちらを優先して採用しました。 しかし、これらは現在ほとんど使われない。 のようなが相手だと、たった1枚ので逆転を許してしまうこともありうる。

>

新弾環境デッキTierまとめ。【デュエプレ】

ホーリーメール …最初は入れてなかったが必要だと感じて後から入れたカード。 グレナビューレのシールド追加が有用 守護聖天グレナ・ビューレが場にいるときに、相手がS・トリガーを使った場合、シールドを追加する事ができる。 このデッキは《御嶺》が早く立てば立つほどアドバンテージを確保することができます。 青ブのバウンスが怖かったが、結局あまり当たらなかった。 構築の融通は利かない。

>

【デッキ】ドロマーガーディアン〜除去〜

《タグタップ》のパワー2000は、《汽車男》《サーファー》からの殴り返しを受けるときに地味に重要。 〜光文明〜 サリエス …速攻メタ。 (oror)〈〉• 序盤の展開力に難はありますが、 攻守にバランスの取れた優良デッキと言えるでしょう。 対シータ …相手が5,6マナの時にハンデスで二角を落としに行く。 順番も白青黒赤緑の順番に並んでいます。 ただここは調整枠だと思ってて、速攻が減るなら減らしたい。 一方、終盤に《・スパーク》を握れるのは地味に便利。

>