花 より 男子 二 次 小説 つか つく 再会。 新たな道へ 1

新たな道へ 1

「で、どうするつもり??」 「はい、とにかくフランスに行って、彼女を探して、何もかも謝ってきます。 「いやっ、その、やめて下さい。 」 「母さん。 。 稜には、お付き合いを辞めなさいと言ったけど。 」 西田の話しを聞き終えると楓の表情は苦虫をつぶしたようになった 「そう・・・まだハエがたかってるのね・・・ ハエはハエでもまだ牧野さんの方が全然ましだったわね 彼女は司を一人の人間として対等にいてくれたようだし・・・ 西田日本に着いたら司のブラックカードを差し押さえなさい そして中島さんの家族及び親類縁者全てに圧力をかけなさい。 。

>

新たな道へ 6

」 梓は嬉しそうに帰って行った。 」 「母さんも、会ってみたかったし、オッケーしてくれたら嬉しいわ。 」 「それでいいの?」 「、、、、」 「彼女の事、本当に愛してたのか?? このまま、中途半端に気持ちを引きずったまま、先になんて進めないんだぞ。 。 何か、やっぱり君達って凄いんだね、、、。 ちょっと、冷やかしてやるか笑 司は、類達のあとから、カフェに入り、離れた席から様子を見ていた。 キョロキョロしながら、カフェを探していると後ろから、呼ぶ声がした。

>

新たな道へ 6

そしてF4が、パーティーに現れた。 。 相変わらず中島さんという女性を大切になさっているようですが・・・ 彼女に使うお金がかなり高額になりつつあります。 」 「そんなの、最初からわかってるよ。 」 玲人は、頭を下げた。 ごめんね・・・弱い私でごめん・・・ ・・・そして4年経った今も心は凍ったまま・・・ あの頃から動けないでいる・・ <2> 司が牧野のことだけを忘れて4年が経った 牧野は司の家で司に二人の思い出の品であろう品々を司に返した あれからもう4年・・・ 俺達は大学4年になっていた 司は、海って女を牧野と履き違えたまま付き合い続けている 司の母親もかなり妨害したらしいが、牧野の時と違って今度は司自身が 色々策を講じて女のことを護っているらしい 牧野と付き合っていた時は、牧野の方が司の母親と闘っていたのにね・・・ 俺は大学3年頃から花沢物産で仕事を始めたよ・・・ いつも牧野に『寝てばっかり』と言われていたけど 今の俺を見たら、きっとびっくりするね・・・ 総二郎もあきらもそれぞれ自分の進まなくてはいけない道へ 進みだしたよ・・・ ねぇ、牧野・・・今君はどうしてる? 俺は今度牧野に会ったら絶対に離さない・・・ 例え今牧野の隣に誰かいたとしても・・・ その為に今俺は死に物狂いで頑張ってるんだよ・・・ 牧野に会いたい・・・ <3> 真夏の太陽がアスファルトを焦がしていく中 汗を流しながら買い物袋をぶらさげて古ぼけた食堂へ入ると 「ただいまー」と食堂の主人に言いながら2階へ 駆け上がっていく一人の女性がいた ストレートの黒髪を長く伸ばしたその女性は4年前から比べると 蛹から蝶へふ化したように綺麗になっていた しかし、その綺麗な顔は分厚い眼鏡で隠してしまっていた 鍵をポケットから取り出し、ガチャリと開けると、部屋から暑い空気が 漂っていた。

>

花より男子★二次小説 夢 桜 庵

」 「じゃあ、楽しみにしてる。 驚きを隠せず、立ち上がれないでいた。 」 司は、どこかで会った、というよりも、過去の記憶が呼び戻されるような気がしていた。 あの、今からいう話は、 ここだけの話にしてもらえますか?? 誰にも言うまいと思っていた話なので。 「司です。 。

>

L'homme du destin 〜運命の人〜 花より男子二次小説

。 「F4って??何?」 「F4っていうのは、梓のの、と、私の父の西門総二郎、こちらの美作姉妹のの、美作あきら、そして花沢物産社長の花沢類、この4人の学生時代の呼び名なの。 」 「へぇ。 「はい。 」 司は、ぶつかった相手の顔をじっーと見て、立ち止まっていた。

>

L'homme du destin 〜運命の人〜 花より男子二次小説

」 梓は、お辞儀して、挨拶をした。 」 つくしは、返す言葉がなかった。 小説の更新をそろそろ開始しようとしていた前回の日記から一転 家族の病気の事や自分の仕事の事で再び頭を悩ますことが多発して とてもとても執筆を再開できるような状況ではありませんでした。 「君、名前は?」 「はい、佐伯稜です。 「母さん、今日はりきったね!」 「そうよ〜、沢山作ったから、沢山食べてちょうだいね。 その状況に、嬉しさよりも、自分の今の立場や親になるという事が理解出来ず、気付くと、部屋から飛び出してしまっていた。 彼女からの手紙だった。

>

新たな道へ 1

慌てた上のスタッフが出てきて、玲人に謝罪したが、彼女は頭を下げなかった。 数日後、店に行ってみると、彼女は辞めていた、あの一件後、半ば辞めさせられていたのだ。 ありがとう、タマさん」 すっとタマはお茶をテラスにあるテーブルに出した 「タマさんも付き合わない?」 「いいですよ」 そう言って、タマは椿の隣に座った 椿は紅茶を一口飲むと誰に言うとも無くつぶやいた 「つくしちゃんがみんなの前から姿を消して4年ね・・」 「はい。 しばらくは皆様にご迷惑をおかけするかもしれません・・ 大変おこがましいお願いではありますが 温かい目で応援していただければ嬉しいです。 まさか、付き合っているのか?? そういえば、少し前に再会したと言っていた。 でも、なんか、自分の中で、結婚まで吹っ切れないというか。 「えっ??ど、道明寺??」 「はい。

>