ライト エース ワゴン。 ライトエースワゴン(トヨタ)の燃費

トヨタ ライトエース ワゴン のタイヤサイズ

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 E-YR21G 1998cc 4 5MT FR 8名 10. キープコンセプトではあったが上級グレードに限りフロントが装備されるなど、安全性が強化される。 。 尚、従来のレバーを上下に動かすタイプではなく、前後に動かすタイプのイージーコラムシフトとなったが、MTは従来通り、フロアシフトであった。 新たに、盗難防止システム(システム)を全車に標準装備された。 ミュージックプレイヤー接続可• 当サイトでは、個々のタイヤサイズのご相談には、応じておりません。

>

ライトエースワゴン(トヨタ)の中古パーツ|新車・中古車のカー用品・中古パーツなら【グーネットパーツ】

アナタもここで紹介した「エースたち」を、どうかいつまでも覚えておいていただきたい。 1998年• これによりライトエースは50年の歴史に幕が下ろされた。 こちらも先代には設定のあった3人乗り、4WD、ディーゼル、1t積みモデルなどは廃止された。 )を追加。 GXLに、を標準装備にしたGXLリミテッドを追加。

>

ライトエースワゴン(トヨタ)の中古車

センターデフロック• 全車に運転席エアバッグ、ABSを標準装備化。 歴代ライトエースを振り返ってみよう。 リフトアップ• 2L 直列4気筒OHVと、2. 後席モニター オーディオ• LEDヘッドランプ• ルーフレール• 購入しないとしても、寝心地の良いベッドスペースを作る際にシートアレンジをどうするのが良いか、収納スペースを狭い室内空間で如何に確保するか、といった点は参考になるのではないでしょうか。 ワンオーナー• HDDナビ• ETC• 登録済未使用車• 革シート• 革シート• Bluetooth接続• 1996年10月• アイドリングストップ• なお、バン全車には表皮・パッド・基材を一体成型した成型天井を採用し、室内の質感を向上した。 ローダウン• ランフラットタイヤ• 販売期間中に消費税率が変更された車種で、消費税率変更前の価格が表示される場合があります。 基本的には、車体からのはみ出し、車体との接触、規定以上の速度メーターの誤差 外径差 が無く、 耐荷重 ロードインデックス が規定内であれば、使用可能な 適合 タイヤサイズとなります。 盗難防止装置• 同時に、RV志向のフィールドツアラーや中位グレードのAXLをラインアップに加えた。

>

トヨタ エンジンオイル容量 検索

以降、ワゴンを中心に走行安定性や乗り心地の向上のため、サスペンションやステアリングの改良が加えられつつ、代を重ねていく。 5万円以下• セカンドシートには回転対面機構を、サードシートにはスペースアップを装備し、フルフラット機構も組み込む。 12月 ワゴンを中心としたマイナーチェンジを実施。 6kg・m)の2機種を設定する。 ノアとヴォクシーは2007年6月に2代目にモデルチェンジしたが、タウンエースとライトエースのバン・トラックは7月にオーダーストップとなっており、半年後の新型発表までは存在しなかった。

>

トヨタ・ライトエース

後部座席を折りたたんで荷室にする使い方をメインに想定して設計されているため、座席は非常にコンパクトになり、金具などのはみ出しも少ない。 共通ボディの姉妹車として、取り扱う販売店が異なる。 0 FXV ツインムーンルーフ ディーゼルターボ 4WD• MTを4速から5速に変更。 最近は安全装備を標準装備したクルマが増えていますが、メーカーや車種により内容に違いがありますから、しっかり検討しましょう。 「DX」にはパワードアロックを追加。 本国仕様ではリアゲートは横開き式であるが、日本向け仕様は従来モデル同様に跳ね上げ式となっている。 全周囲カメラ カーナビ• バン・トラックのガソリン車を平成13年排出ガス規制(識別記号GK)及び平成12年車外騒音規制に適合、並びに5K型エンジンを廃止。

>

ライトエースワゴン(1989年9月~1996年10月)

バックカメラ• 左ハンドル ミッション/駆動系/乗車人数• 価格は販売当時のメーカー希望小売価格で参考価格です。 CDナビ• 上級グレードには、加速度検出センサーとショックアブソーバーの減衰力を制御するTEMS、車速に応じた操舵フィーリングとするPPS(プログレッシブパワーステアリング)を採用する。 4WDはフルタイム式に変更。 ミドルルーフとハイルーフ仕様、スカイライトルーフ、ツインムーンルーフを設定する。 全車にリア席や、先代モデルには標準装備品であったリアアンダーミラー、バックドア下端ハンドルなどを追加。

>