テレワーク 先駆 者 百 選。 テレワーク時のコミュニケーション課題を解消するメール共有システム『Re:lation』を提供する株式会社インゲージがテレワーク先駆者百選に選定されました

令和2年度「テレワーク先駆者百選 総務大臣賞」が授与されました|キャスターのプレスリリース

テレワーク投資への経営判断がしやすくなったことで、テレワーク環境の整備・改善が加速しました。 。 こうした状況の下、時間や場所を選ばないフレキシブルな働き方であるテレワークが改めて注目されています。 所在地:東京都豊島区西池袋1ー11ー1メトロポリタンプラザビル14F(WeWork) 代表者:吉田 超夫(ヨシダ ノリオ) 設立:2012年12月3日 事業内容:クラウド事業 今後も株式会社ソウルウェアは自社がテレワーク導入の模範になれるよう努めながら邁進して参ります。 さらに、分身ロボット「OriHime」の導入により、地方勤務の社員も本社の業務や研修に参加するなど、時間と場所に捉われない働き方を実現できる環境を整えています。 <製品・サービスによる取り組み> ・ 電子帳簿保存法対応の証憑電子データ管理ツール 「EBM」 HUEシリーズではお客様が安心して会計情報の電子化を進めていただくため、2019年10月に「電子帳簿ソフト法的要件認証」「スキャナ保存法的要件認証」のJIIMA認証を取得いたしました。

>

テレワーク先駆者百選|総務省 令和2年度 テレワークの裾野拡大に関するセミナー・イベント等

アフラック生命保険• [画像2: ] 表彰式後の取組事例発表では、代表取締役の中川が創業以来6年間取り組んできたフルリモートワーク経営の成果と、「セキュリティ」「ファシリティ」「生産管理」の観点からのリモートワーク組織構築のポイントについてお話しました。 テレワーク環境導入やDX推進を背景に、ワークスでサーバーの運用管理を希望するお客様ニーズに対応いたしました。 小川 嘉代子 おがわ かよこ 茨城県 「4人の子育てと仕事の両立は無理っ」のピンチを救った夫婦のテレワーク・リレー• 株式会社キャスターについて 「リモートワークを当たり前にする」をミッションに掲げ、創業時よりフルリモートワークで組織運営。 テレワークで業務を行うことを前提に組織を構築し、業務フローを設計。 jpg ] 評価いただいた点• 私たちニットは、創業当初より、テレワークを前提に事業展開を行い、サービス開始から6年目になりました。

>

テレワーク時のコミュニケーション課題を解消するメール共有システム『Re:lation』を提供する株式会社インゲージがテレワーク先駆者百選に選定されました

【ツールの利活用】 ・チャットツールを活用した情報管理と共有 ・オンライン会議ツールを活用したコミュニケーション、マネジメント ・ツールの活用で常時以上のコミュニケーション回数の増加 ・リモートでの研修 【地方創生への取り組み】 ・今後の介護による離職者抑止の効果(60歳以上社員数 2017年:7人、2020年:21人) ・地方採用を進め地域活性化の取り組み予定(オンライン会議ツールを利用した勤務や出張) 【経営効果】 ・会議や商談進行の見直しによる生産性向上 ・業務分担の見直しによる生産性向上 ・ペーパーレス、経費精算などのデジタル化により生産性向上 ・残業時間削減(前年対比49. 自社開発の生産管理システムにより、社員の業務行動を時間単位で把握し、各社員の生産性を定量化。 今年度も、テレワークの更なる裾野拡大に資する取組として、「テレワーク先駆者百選」等を募集いたします。 URL 5 参考資料. テレワーク先駆者百選は下記の条件を満たし、 十分な実績や成果をあげた企業が選定対象となります。 上田 玲奈 うえだ れいな 大阪府 重度身体障がい者でも責任のある仕事が出来る喜び• 5万円のテレワーク手当を支給しています。 今年度は新たに60団体が選出され、ソウルウェアもテレワークへの取り組みが評価されました。 本製品では電子データをクラウドで管理することで、いつでもどこからでも確認することができ、面倒な紙でのやりとりをせず、インターネット上で業務を完結することができます。

>

テレワーク先駆者百選|総務省 令和2年度 テレワークの裾野拡大に関するセミナー・イベント等

企業のテレワーク普及に貢献しています 株式会社ニット(本社:東京都品川区、代表取締役:秋沢崇夫、以下ニット)は、総務省が行う令和2年度の『テレワーク先駆者百選』を受賞しました。 主な効果として、地方在住のエンジニアを正社員として採用可能になったことや、帰省先でのテレワークの実現、通勤時間の削減により個人の自由時間が月平均30時間増加したことなどが挙げられます。 この文章内に記載されている企業名、 サービス名、 製品名は一般に各企業の登録商標または商標です。 うちの会社も応募できるの? によれば、募集対象は以下の通りです。 700名以上がフルリモートワークを実施し、リモートワークの普及を目指す株式会社キャスター(本社:宮崎県西都市、代表取締役 中川祥太)は、令和2年度「テレワーク先駆者百選 総務大臣賞」を受賞し、11月30日に開催された「『働く、が変わる』テレワークイベント」で総務大臣より表彰されました。 特に紙業務からの脱却が困難な経理業務に注目し、プロジェクトに参加しています。

>

「テレワーク先駆者百選」が発表

零細企業や中小企業向けに働き方改革へ向けたセミナーも開催しています。 勤怠管理・交通費精算クラウド「kincone」や「RepotoneU」シリーズなどの開発・販売を通して多くの企業に業務の効率化、働く時間の幸福度の向上を伝えています。 業務仕分けコンサルティング、テレワークの研修・コンサルティング、コスト最適化サービスも実施。 56倍に。 2016年度からは、「テレワーク先駆者百選」に選定された企業などの中から、他社が模範とすべき優れた取り組みを行っている企業などに対し、最高位の賞として「総務大臣賞」を授与しています。 9時間減少したほか、短時間勤務社員のフルタイム化を実現しました。 主な効果として、2017年から2018年推移における1人あたり時間外労働時間が2. 現在700名以上のリモートワーカーが在籍しています。

>

テレワーク先駆者百選|総務省 令和2年度 テレワークの裾野拡大に関するセミナー・イベント等

総務省は、働き方改革の中でも、テレワークを重要なものと位置付けています。 テレワークを導入する企業を支援し、導入のポイントや働き方の実践例を公開。 宮崎県に本社を置き、雇用の創出に寄与。 主な効果としては、2016年度から2018年度推移における1人あたり年間総労働時間が97時間減少するとともに、同期間の売上金額が599億円増加しました。 所在地:東京都豊島区西池袋1ー11ー1メトロポリタンプラザビル14F(WeWork) 代表者:吉田 超夫(ヨシダ ノリオ) 設立:2012年12月3日 事業内容:クラウド事業 今後も株式会社ソウルウェアは自社がテレワーク導入の模範になれるよう努めながら邁進して参ります。 2020年4月には、全社員に対象を拡大したテレワーク制度を導入しました。 こうすることで、テレワークしていて顔を合わせない社員同士でも始業・終業のタイミングを把握でき、コミュニケーションの向上に役立てている点を評価していただきました。

>