Jr 四国 運休。 きっぷの払い戻し

JR四国、6月13日から一部を除き運休・減車を取りやめ 全列車運転再開は7月1日予定

今後、東海地震や南海トラフ巨大地震が懸念されるが、壊滅的な被害を受ける可能性が高いため、長期間にわたり鉄道が復旧できない事であろう。 発売を見合わせるのは、4月25日以降の黒潮エクスプレス号、4月1日以降の吉野川エクスプレス号、4月21日以降のなんごくエクスプレス号、4月25日以降の関空リムジン。 なお計画運休は、計画運休する日が終了すれば翌日以降通常通り運行するか?と言うと必ずしもそうではない。 「テツの大原則」には反するが、抑止中であったとしても、次の駅まで最徐行(15km/h以下)で進み、ここでお客を降ろす対応を考えなかったのか? 規定違反にはなるものの、これくらいの柔軟な発想は欲しい。 会社ごとに見事に基準が違っている。 JR四国は3月17日、新型コロナウイルス感染拡大の影響により利用率が対前年比で大幅に減少しているとして、列車の減便などを実施すると発表した。 このため、特急「いしづち」は、下り高松~多度津駅間、上り宇多津~高松駅間のみ運転し、高松方面から松山方面へ向かう場合は多度津駅で、松山方面から高松方面は宇多津駅で、乗り換えが必要です。

>

徳島駅発の最終列車が当面運休 JR四国、10月1日から|徳島の話題,経済|徳島ニュース|徳島新聞

少なくても専門知識がない営業専門の駅員には出来ない事だ。 これが京急のような考えだったら、即刻運転再開するだろう。 2012年8月と古い情報になるが、基本的な事は2020年になっても変わっていないはずなので、これを参考に書かせてもらう。 だから雨が降っていなくても抑止(運転見合わせ)継続なっているのは、元々降っている雨量が多すぎるためなかなか運転再開が出来ないのである😩 過去の事故を見ると晴れているのに運行した所線路が崩れて、それを知らずに走ってきた列車が脱線転覆するような事も起きているが、これは天気は回復していても、地盤に水が大量に浸み込んだ状態のままになっており地盤が緩くなっているので線路や土砂が崩れやすい。 2日(水)15時4分• 2020年11月20日(金)• 雨による運転規制はJR西日本がやっている事は、これで正しい事。

>

JR四国、4月29日以降の特急・普通列車の運休・運転区間変更予定を発表

点検すべき路線や距離が多すぎて、関係者の数が不足したため、JR大阪環状線では正午ごろまで、JR京都・神戸線系統では夕方頃まで運転再開出来なかった😫 影響人数は50万人以上、運休本数は1000本以上、特急は全て運休と、歴史的な輸送障害であった😰 実は今まで(2015年5月まで)JR西日本は「時間雨量」しか基準として存在しなかった。 静鉄の大雨運休基準は「1時間に50ミリ以上」である。 【地震後は線路点検を徒歩で行う】 一般の人は専用の線路を補修する車両で行うと思われているようだが、それを使うと危険が伴うためそれでやることは出来ない😖 原則的に徒歩による確認で、確認の結果安全が認められれば運転再開となる 当然、抑止(運転見合わせ)区間が長いと徒歩で点検しているため時間もかかる。 これによると下記の通りである。 すなわち複数の数字があるため全てを出すのは、情報が莫大になるため難しいと言うか出来ない😫と私は見る。

>

JR四国 マリンライナー運休の可能性示唆【香川】(OHK岡山放送)

この点検作業はかなり時間がかかる。 2020年10月2日(金)• 2020年9月24日(木). 「翌日は初発から必ず動く」と言う約束は出来ないのだ。 2020年10月30日(金)• この点検作業が手間取る事も多いのが特徴。 2020年11月10日(火)• [高徳線] うずしお11号 高松11:05発 徳島12:15着 うずしお17号 高松14:12発 徳島15:20着 うずしお8号 徳島 9:23発 高松10:31着 うずしお14号 徳島12:24発 高松13:31着 [徳島線] 剣山5号 徳島12:01発 阿波池田13:16着 剣山7号 徳島15:01発 阿波池田16:16着 剣山8号 阿波池田13:33発 徳島14:45着 剣山10号 阿波池田16:32発 徳島17:45着 また同期間中予讃線の一部の特急「しおかぜ」「いしづち」は宇多津・多度津駅での分割・併結を行わない。 バス等による代行輸送は行わない。 JR東日本等の一部鉄道会社では、「ガル」「カイン」と称する特殊な値を使って地震による運転見合わせする・しないを決めている事もある。 【なぜ新幹線は大雨でも簡単に運休しないのか?】 一方で東海道新幹線をはじめとした新幹線も「大雨でも簡単に止まらない」事で知られている。

>

JR四国に関する鉄道公式ニュースリリース

高松方面から松山方面への利用者は多度津駅で、松山方面から高松方面への利用者は宇多津駅で乗り換える必要がある。 例えば、大和路線(天王寺以東)では線路点検が終わり安全に列車運転が出来る状況であるが、直通先の大阪環状線ではまだ線路点検が終わっていない。 05 ;border-color:rgba 30,115,190,. むしろこの方が被害としては甚大で、2019年10月の台風でJR東日本長野新幹線車両センターが水没したような大規模な被害に相当する。 阪急、近鉄、京阪等の在阪私鉄の具体的な基準値は知らないが、恐らく上記の【簡単なパターン】であろう。 1日(火)14時26分• その際には「雨が基準値に達したため」と案内するが、そもそも「基準値って何よ?」と思うだろう。 《佐藤正樹(キハユニ工房)》. JRは通勤と通学の時間帯を除いて利用の少ない列車の減便を検討しており、「今後の状況により運休が拡大する可能性はある」としている。 2020年11月18日(水)• 例えば阪急では、雨による抑止は滅多にないと言う。

>

徳島駅発の最終列車が当面運休 JR四国、10月1日から|徳島の話題,経済|徳島ニュース|徳島新聞

距離が長ければ、長いほど時間がかかる。 この事は前々日の段階で予告が出され、前日の段階で正式決定。 後術するが1985年には国鉄能登線(現在事故が起きた区間は利用者減少により廃線)で、大雨で大量に水分が含んでいて地盤が緩んでいる状態で列車が通ったら、線路が崩壊して脱線転覆る事故が起きている。 主な列車の1日あたりの運転本数は、特急で平日の運行本数が通常205本のところ、5月16日 土 以降は130本に減少し、運転率は63パーセント % となります。 以後特にJRグループでは雨に対する基準が厳しくなった。 恐らく京王も「実行雨量」を導入しているのであろう(あくまでも私の推測、実態がわかる方がいたら指摘されたい)。 この列車は浜松駅の段階で熱海行きと案内したが、お客が乗った段階で運休が決定。

>

徳島駅発の最終列車が当面運休 JR四国、10月1日から|徳島の話題,経済|徳島ニュース|徳島新聞

それに対して前者は雨が降り始めてから合計で何ミリ降っているか?を示すものである。 また、列車の最終便の運休は、2021年春以降も続き、マリンライナーなど他の列車にも広がる可能性を示唆しました。 2020年10月27日(火)• 線路や架線等の鉄道施設の点検は、どうしても専門知識が必要だ。 私の記憶の範囲では、このような前例は聴いた事がない。 津波や放射能汚染で立ち入り検査さえも出来ず、原発の廃炉作業が段階的に進み、放射能汚染のリスクも低くなった時点でようやく立ち入り検査を実施。

>

【雨・風・地震・計画運休】運転見合わせ(抑止)で使用する「基準値」の具体的な数字はいくつか?

鉄道チャンネル編集部. 私鉄側では何も被災していなかったが、JR側では運行出来ないほどの大被害になっている可能性はあり得る。 大雨の場合、前述の「連続雨量」も関係してくるため翌日が晴れていても、運転再開出来ない事も多い。 JR四国は16日、新型コロナウイルス感染拡大による利用客の減少を受け、10月1日から当面の間、牟岐線と徳島線でそれぞれ徳島駅を午後11時39分に出発する最終列車を運休すると発表した。 私も以前聞いた話だが、静岡鉄道は「大雨でも簡単には止まらない」事で知られている。 これはご存知の通り、新幹線は原則高架橋なので、地面に直接線路が敷かれていない。 恐らく京急で言う「震度5強以上」で実施する詳しい点検や確認を震度5弱の時点で始めてしまうのであろう。

>