リスナー は 接続 記述 子 で リクエスト され た サービス を 現在 認識 し てい ませ ん。 Oracleに接続する際の忘備録

Oracleに接続する際の忘備録

うまく起動できた、、、か??? ステータスもう一度見てみる 0 - Production on 30-12月-2017 01:28:51 Copyright c 1991, 2009, Oracle. tnsnames. インスタンスは起動済みですが、リスナーは起動されていない状態から始めます。 別コンソールから、インスタンス起動前と起動後にネット接続を試みます。 サーバー上のTNSリスナーが実行されています。 - listener. サーバー上では、WindowsファイアウォールのプロセスTNSLSNR. データベース初心者なので焦りました。 実は、リスナー起動前の 13:59:31 にもこのコマンドを実行していますが、インスタンス登録先のリスナーがないにもかかわらず特に エラーにならずに終了しています。 ローカル接続でも失敗するという状況からネットワークの問題である可能性は排除し、データベースの問題を視野に入れアラート・ログの提供を依頼したところ「WAITED TOO LONG FOR A ROW CACHE ENQUEUE LOCK!」というメッセージが出力されていました。

>

Oracle Databaseで接続障害が発生した際の調査手法

上記手順で設定するとlistener. これを監視および確認するための無料ツールの1つは、Oracle Sql開発者です(ただし、これがDBセッションを監視するために使用できる唯一のツールではありません)。 まず、環境変数を設定してデータベースに接続できました(Windows)。 また、特定のクライアントのみ失敗するようなケースではOracle Netの設定ではなく、環境変数の設定が異なっている可能性も考えられるため、envコマンドなどで環境変数の設定も確認します。 クライアント、サーバ双方にトレースの設定を行うことでパケットのやり取りを確認することができます。 インスタンスを先に起動し、リスナーを後から起動する。

>

oracle — ORA

oraに定義したSIDが間違っている• 引き続き startup とすると ORA-24324:サービス・ハンドルが初期化されていません ORA-01041:内部エラーが発生しました。 2015-07-05 14:46:19. logを確認します。 ミドルウエア• チューニング• 単純に接続するだけであればどちらを設定しても問題はなくデフォルトではSIDとサービス名は同じ名前が設定されるためあまり意識する必要はありませんが サービス名を指定して接続するとDB側で様々な統計がサービス単位で収集されチューニング等に役立つ場合があるのでサービス名指定での接続をお勧めします。 の場合でも「 ALTER SYSTEM REGISTER」コマンドを実行すると、インスタンスを即時にリスナーへ登録することができます。 次のエラーが発生しているローカルでアプリケーションが実行されています: ORA-12514:TNS:リスナーは接続記述子で要求されたサービスを現在認識していません 私は正しく解決された TNSPingを使用して接続をテストしましたが、上記と同じエラーで失敗した SQLPlusを接続しようとしました。 これらの情報を確認するために行キャッシュ・ロックを獲得します。

>

DBが起動しているが接続できないときの対処法(ORA

0 - Production on 05-7月 -2015 13:37:45 Copyright c 1997, 2013, Oracle. Oracle Netのトレース機能を使用した接続障害の調査 ご紹介した事例はログの出力や発生時の状況が明確なため原因が特定でき、解決したケースですが、ログ出力のないケースや発生しているエラーから複数の要因が考えられ、解決に至らないケースもあります。 これは一時的な状況である可能性があります。 「WAITED TOO LONG FOR A ROW CACHE ENQUEUE LOCK!」は、その行キャッシュ・ロックの獲得が1000回失敗すると出力されます。 コマンドは正常に終了しました。 他にテストできるものはありますか? 私はこの問題を抱えていました、そして修正は tnsnames. この環境に加えられた変更はわかりません。 出力先は次のいずれかですが、sqlnet. OracleDB起動時に何故か接続できない系トラブルのパート2ですね。 - 接続記述子のSIDパラメータで、リスナーに認識されるインスタンスが指定されていることを確認してください。

>

DBが起動しているが接続できないときの対処法(ORA

listenerがDB側から登録しにきた情報を認識しているかどうかはlsnrctl statusコマンドで確認することができます。 データベース: 11g リリース 2 エラーコード: 詳細: TNS: リスナーは接続記述子で指定されたSIDを現在認識していません 原因: データベースまたは他のサービスとの接続を確立する要求を、リスナーが受信しました。 データベースにログインする際にはユーザの情報を確認しますし、セッションを生成する際にセッションIDを採番することになりますので、内部的にはシーケンスも使用します。 (パラメーターファイルがおかしくなった模様) 対応方法 対応手順は下記の通り。 com クエリのサービス名は、 mydatabaseではなく mydatabase. いずれのクライアントからも接続できないのであれば、この時点ではネットワークやサーバ、データベースの広範囲で原因を考える必要がありますが、特定のクライアントやミドルウェアからのみ接続できないということであれば調査項目を絞ることができます。 しかし、サービス名はどこに保存されているのでしょうか。

>

Oracle Databaseで接続障害が発生した際の調査手法

たとえば、リスナーが起動してからデータベース・インスタンスがリスナーに登録されるまでの間などです。 接続障害が発生している状態でスレッドダンプを取得していただき、スタックトレースを確認したところ、SecureRandom. 次のエラーが発生している場所で、ローカルでアプリケーションが実行されています。 トレース・レベルは現在0です。 0 - Production on 30-12月-2017 01:28:23 Copyright c 1991, 2009, Oracle. このエラーは、アプリケーションがデータベースとのやり取りごとに新しい接続を確立した場合、または接続が正しく閉じられなかった場合に発生する可能性があります。 接続確立後、クライアントとデータベース間の通信が何かしらの理由によって切れてしまった場合にはクライアント側にORA-3113が返ります。 oraで指定しているホスト名の名前解決に問題がないかも確認するためにホスト名指定、IPアドレス指定の両方で確認を行います。 Total System Global Area 838860800 bytes Fixed Size 2929936 bytes Variable Size 608176880 bytes Database Buffers 222298112 bytes Redo Buffers 5455872 bytes データベースがマウントされました。

>

oracle

続く カテゴリー: タグ: 投稿日: 投稿者: 投稿ナビゲーション. この例ではTNS-12520というエラーが発生して接続に失敗したことがわかります。 まとめ• pingが失敗する場合にはOracleのレイヤーではなく、ネットワークの問題である可能性が高いと言えます。 たとえば、リスナーが起動してからデータベース・インスタンスがリスナーに登録されるまでの間などです。 サービス登録の動作を確認する(12cR1) 1. 」 二宮尊徳 今回もOracle Net関連 リスナーは重要 Oracleデータベースはよほどのことがない限り、クライアントからネットワーク経由で接続して使います。 たとえば、listener. 有効なサービス名を調べるには、oracleで次の問合せを使用します。

>