忸怩 たる 意味。 「忸怩たる」とはどのような意味?例文を交えて正しい使い方を覚えよう

「忸怩・忸怩たる」の意味と使い方・語源・読み方・類語|思い

では「このような事態を招き、内心忸怩たるものがある」「力及ばず、忸怩たる思いだ」を用例としてあげていますね。 忸怩たるは「恥ずかしい」という意味ですが、ビジネスシーンにおいては「恥ずかしい」=「悔しい」「情けない」気持ちを相手に伝えるには最適であり、ネガティブな感情を表現するのによく用いられる言葉であります。 まとめ いかがでしたでしょうか? 「忸怩たる思い」の 詳しい意味と正しい使い方、そして類語や例文、誤用について詳しくご紹介しました。 その2つが組み合わさり 「恥じる」様子を強調した言葉となりました。 そして、上記の例文のように、「忸怩」は政治家の会見やビジネスの謝罪場面などで用いられることが多い言葉です。 「忸怩たる思いにかられております」• abashedは恥じ入る、状況が飲めずに決まりの悪いという意味があります。 」 「先日の私の行動を、忸怩として非礼を謝罪いたします。

>

「忸怩(じくじ)」とは?意味や使い方を例文付きでわかりやすく解説

「慚愧」を使う時は「慚愧の念」や「慚愧に堪えない」といった熟語として使われることが一般的です。 まったく忸怩たる思いでがまんならない。 また「彼女の家に入ると玄関は広く堂々としていた」という風に、物の様子を表す時にも使います。 イメージとしては、照れるという意味の恥ずかしさとは違い、深く反省するという意味の恥ずかしさになります。 忸怩たるの語源はとても恥ずかしい 忸怩たるの語源ですが、忸怩の忸は恥じ入る、怩の方が恥ずかしい思いという意味の漢字です。 マラソン大会で完走しないと時間を割いて練習に付き合ってくれた友人に申し訳なくて顔向けできない。

>

「忸怩たる思い」の意味・読み方・使い方と例文

例文の他に忸怩たる思いの別表現として「内心忸怩たるものがある」も上げておきましょう。 ただし、そこまでではない場合は「忸怩」か「自己嫌悪」の片方を使用するのでも問題はありません。 いずれにしても本来なら事前に防ぎたい事態です。 プライベートな場面で用いるのは誤用 それぞれの誤用について詳しく見ていきましょう。 「忸怩たる思い」の誤用 「忸怩たる思い」の誤用は軽く恥じている場合に使う時と他人の行動に対して恥ずかしい思いをしている場合があります。

>

忸怩たる(じくじたる)の意味と使い方とは?忸怩たる思いの例文と誤用も

たとえば、人道に外れた行いをしてしまった時、常識はずれで思慮なき行動をしてしまった時、また守るべきルールや規則を堂々と破ってしまった時など、不正やミスを反省し、深く恥じ入る気持ちを表現するときに使います。 今回初めてこの言葉を聞いた方もいらっしゃるかもしれません。 古風な言葉である「忸怩たる思い」に同じように古風な言葉である「ございます」を重ねて使うので、日常で使うことは少ない言葉になります。 。 触れるという語感から「深く突っ込むのではなく、最初の部分だけさらっと触れる」と捉えられることが多いようですね。 曖昧な表現はトラブルのもと 例を挙げて説明します。 この文章では玄関が広くて立派だったことを表しています。

>

「忸怩・忸怩たる」の意味と使い方・語源・読み方・類語|思い

心の中が情けない気持ちで溢れ、相手に対して顔向けできないような「恥の気持ち」で埋もれている状況で「忸怩たる思い」という表現を使うと、「この人は過去の言動を振り返り、本当に深く反省している」と周囲に伝えることもできるでしょう。 引用元: 英和辞典 Weblio辞書 忸怩たるの英語表現・例文の3つ目はThat is shamefulです。 どんな言葉なのか 忸怩たる思い(じくじたるおもい)とは 自分の言ったこと、やったことを、 とても恥ずかしく思う、深く恥じ入る、という意味です。 あわせて押さえておきましょう。 自分の管理不足や至らなさを恥じている時に使えるでしょう。

>

忸怩たる思いの意味とは?語源や類語と使い方や誤用の例文も

私は正しいのになぜ私が移動させられるんだ。 「不始末を起こしてしまい、忸怩たる思いでございます。 誇るの誇は、名誉や自慢という意味の漢字です。 他者の言動に対して使うものではありません。 そのような場面では「忸怩たる思いでございます。 それこそ「忸怩たる思いを抱いてくださいませ」という感じですよね、、、 「忸怩たる思い」は「自分自身の言動を恥じ入る」ことだけを表す言葉ですので間違えないように注意しいましょう。

>

「忸怩」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

「慚愧」 「慚愧」は自分だけでなく身内の行った犯罪や不道徳な行いを深く恥じ入り反省するという意味を持ちます。 ですが、実はビジネスシーンでは「忸怩」や「忸怩たる思い」という言葉は、「慙愧に堪えない」や「不徳の致すところ」などと並んで、謝罪を行う場合には昔から使われている言葉です。 ・きまりが悪い ここまでにあげた例文・類語としてはかなりライトな部類に入ります。 彼の動作、行儀は立派で大物ようだということを表現しています。 領主の季孫は、町長である宓子に、町に実った麦を敵に渡さないため、刈り取るよう命じました。 また、耳は音読みでジとも読めるので、単に読み方に合わせただけという説もあります。 どこの誰だかわからない…勝手にイメージを膨らませているだけ 今回、取り上げてしまった、どちらのどなた様だか、どのようなお方だか、わからない方。

>

「忸怩たる思い」の意味・読み方・使い方と例文

という意味になります。 堂々の堂は広い、大きい、立派な御殿、という意味の漢字です。 まあ「じくじたる思い」という文字の雰囲気から想像すると、 「じくじく」「ぐじぐじ」「うじうじ」 などを連想しやすいですし、 そうなると、上記のような意味と考えてしましそうです。 」なんて思いながらスルーしちゃえたかもしれませんけどね。 忸怩たるは、自分のした行動や発言に対して恥ずかしさや反省も気持ちがあることを表現しています。 例文としては次のようなものが挙げられます。

>