ホンダ nc750。 Honda

NC750S(ホンダ)の中古バイク・新車バイク

日本国内では2014年1月14日に正式発表され、S・Xが同月24日に、インテグラが同年2月7日に発売された。 オートマバイクのように運転することが出来るこの機構を搭載している車両が徐々に増えてきていますが、NCシリーズを借りる際、広報車はデュアルクラッチトランスミッション搭載車両である事からもホンダ的にはNCシリーズに関しては「デュアルクラッチ推し」であると考えられます。 トランクの鍵穴を左に回せばシートが開き、これまた何だか不思議な光景。 石川県• 何をどうカスタムしても、NC750Lの印象が消えない、あの強烈なインパクトはライダーの心に残っています。 アクセルを開けると、加速感はとてもダイレクトなもので、弾けるように車体が押し出される。 愛媛県• 栃木県• 2月12日発表、同月24日発売でNC750S ABS非装着車のみに200台限定で特別カラーが追加された。 全車瞬間ならびに平均値を表示する燃費計を搭載。

>

NC750X DCT(ホンダ)のバイクを探すなら【グーバイク】

愛知県• 型式名2BL-RC88。 同年12月の第42回に市販予定車として日本国内で発表。 探す 地域から探す• 通常だとタンクがある部分は収納スペースになっており、なんとフルフェイスヘルメットも入ってしまうほどの懐の広さ! 容量も22Lなので、ビッグスクーター並の収納力はツアラーバイクとしては最高の装備です。 仕様: L• CB750の教習車と比較したら全然扱いやすいと思いました。 シートに厚さがあるからだと思いますがツーリング向きのバイクだと思いました。 最高出力は40kw(54PS)と控えめだが、低中速に振った出力特性のため、街中での走行フィーリングはキビキビとして小気味がいい。 足つき性:かなり良い。

>

スペック・サイズ

カラーリングを以下の2パターンへ変更• NC750S 2016年2月19日発売。 また、エンジンは大きく前傾してマウントされており、安定したコーナリングと楽な取り回しを実現しています。 タンデムグリップ:荷掛けフックとしても優秀 タンデムグリップは非常に掴みやすく、しっかり握り込めるのでタンデムも安定します。 長所 分回し気味で走るVTRと左程変わらない燃費。 X・Sに設定される6速搭載車は仕様もオプションで選択できるが、の 搭載車 はABSを標準装備する。 目立たないスペースに収納されていてその分収納できる荷物は多いので、ETC専用スペースはかなり嬉しいスペースです。

>

NC750X DCT(ホンダ)のバイクを探すなら【グーバイク】

教習装備として大型エンジンガード・マフラーガード・専用センタースタンド ・ラゲッジスペース横側のパッドなどを追加。 秋田県• マニュアルトランスミッション搭載車にギアポジションインジゲータを搭載。 さらに同年4月14日発表、同月21日発売で車載器ならびにグリップヒーターを標準装備とした「E Package」をインテグラならびにS・XのDCT搭載車のみに受注生産で追加。 最初のうちは左手や左足(当然シフトペダルもないが、オプションになるが足でシフト操作ができるペダルが用意されている)が空を切っていたが、すぐに慣れた。 三重県• RC42型CB750教習車仕様と比較すると25kg軽量だが、全長で35mm、ホイールベースで15mm長い。

>

Honda

とは言えNINJA250SLとの比較なので参考になるかは分かりませんが… 短所 ・たまにギア抜けします。 宮崎県• ただし各モデル毎のチューニングはストローク量変化で対応させる。 坂道などに駐車する場合は、そのままだと、下がってきてしまい転倒してしまう可能性がありますが、パーキングブレーキが搭載されていますのでご安心あれ。 【168cm】 それぞれの車両に乗車してみると、やっぱりNC750Sの方が余裕です。 その排気量をアップする形でNC750Xが登場したのが2014年。

>

Honda

探す バイクライフから探す• ただ、タンクバックが使えないことです。 航続距離が長いバイク• 足つきチェック ライダー身長182cm. こだわり• 標準装備されているトルクコントロール HSTC は、滑りやすい路面状況でスリップの軽減が期待でき、不整地走行だけでなく、雨や路面温度が低いときにも有効。 液晶メーターパネルは表示面積拡大ならびに色可変タイプへ変更。 セカンドバイクに最適な一台• 重視されている低中速域では大型バイクらしい豊なトルクを感じることが出来ますが、ガンガン回せるエンジンではない為、適切なタイミングで早めにシフトアップしてくれるデュアルクラッチとの相性は抜群と言えるのです。 購入動機 大きすぎず、トルクのあるバイクに乗りたかったため。 調整機構のないシンプルな正立式だが、非常に減衰の効いた動きで、ブレーキやコーナリング時の車体制御に貢献している。

>

スペック・サイズ

5 最大トルク回転数(rpm) 4000 燃料供給方式 フューエルインジェクション 燃料タンク容量 L 14 燃料(種類) レギュラーガソリン 満タン時航続距離(概算・参考値) 518. 排気量が上がることで、エンジンの特性に変化があったのかというと、答えは「ノー」。 ブレーキは前後ともシングルを搭載するが、前輪は直径320㎜の大口径により制動力を確保する。 型式名2BL-RC90。 前述の通り、教習車に選ばれるだけあって完成度は高く、誰でも素直に乗ることができるのは大きな魅力です。 早くから教習車に採用される案が出ていたようですが、道路交通法によって、大型自動二輪の教習車は700cc以上なければならないという決まりがあります。 常にライダー優先の走行環境を整えてくれるバイクです。 0mmとして排気量を745ccに拡大したRC67E型エンジンを搭載するNC750Lがに開発された。

>