東京 都 防災 ホームページ 休業 要請。 新型コロナウイルス感染症を乗り越えるためのロードマップ~「新しい日常」が定着した社会の構築に向けて~|東京都防災ホームページ

新型コロナウイルス感染症(COVID

また、要請の対象外となった床面積の合計が1,000平方メートル以下の施設や事業者に対しても、営業を自粛するよう引き続き協力を求めており、床面積の合計が100平方メートル以下の場合において営業を継続する場合には、適切な感染防止対策を施すよう呼びかけている。 ガイドラインを遵守のうえ「感染防止徹底宣言ステッカー」を要請期間中に申請した対象店舗において顧客が見やすい場所に提示していること。 営業時間の固定を要請しているものではありません。 新型コロナウイルス感染症の予防・検査・医療に関するご相談については、これまでどおり、以下の番号で受け付けます。 実際、多くの公立学校が、(準備期間を経て)6月1日から再開されました。 大型連休を迎えるにあたり、東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県からの呼びかけ(東京都政策企画局ホームページ)• このうち100平方メートル以下の施設については、営業を継続する場合、適切な感染防止対策の徹底を依頼するとしています。

>

「うちは休業の対象?」緊急事態宣言で都に問い合わせ相次ぐ

改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づき、11日から基本的に休業を要請する施設として、「遊興施設」「運動・遊戯施設」「劇場等」、床面積の合計が1,000平方メートルを超える「大学、学習塾等」「集会・展示施設」「商業施設」などの6カテゴリを挙げていた。 1.感染拡大防止協力金とは? 「 感染拡大防止協力金」とは、コロナウイルスの感染拡大防止に協力した事業者に対して休業補償として、東京都から支給されるものです。 今回は5回目となります。 他方で、 改めて感染拡大が進む場合には、 ステップを戻して、休業の再要請などが行われることになります。 電話 0570-550-571(新型コロナコールセンター) 関連情報 問い合わせ先 (緊急事態措置等に係るコールセンターに関すること) 総務局総合防災部防災管理課 電話 03-5388-2549 (感染拡大防止協力金に係るコールセンターに関すること) 産業労働局総務部企画計理課 電話 03-5320-4578. 酒類の提供を行う飲食店またはカラオケ店であり、必要な許認可等を取得のうえ運営していること•。 朝5時から夜10時までの間での営業を要請するものです。 利用の多いページ( / / / / ) 最新情報 休業要請緩和のステップ0~3、暮らしや働き方の「新しい日常」、学校の段階的再開、モニタリング指標等の説明(東京都防災ホームページ) 感染防止対策を実施している事業者が取得できるステッカーの申込方法、作成フォーム、注意事項等(東京都防災ホームページ) 都が保有するデータをグラフ等の形式でホームページ上で提供(東京都政策企画局) 報道発表情報の履歴(東京都防災ホームページ) 新型コロナ感染症 回復した方からのメッセージを募集・公表• ホームセンターが休業を要請する業態や施設の対象外となったことについて、この店を含め都内などでホームセンター事業を行う、DCMホールディングスの難波健一広報室長は「社会的なインフラとしての役割を果たしつつ利用客と従業員の安全を守らなければならないという重大な責任を感じ、身の引き締まる思いです。

>

新型コロナウイルス感染症を乗り越えるためのロードマップ~「新しい日常」が定着した社会の構築に向けて~|東京都防災ホームページ

当面は、オンライン学習などの家庭学習と学校を組み合わせ、登校頻度や在校時間、登校する生徒数などを調整する予定です。 それでも再要請の目安を上回った場合などは、必要な外出自粛・休業を再要請し、感染拡大防止を徹底します。 ですので、この時間外に「テイクアウト」のみで営業していた飲食店は、休業要請に準じていたと判断されるので支給対象となります。 「九都県市首脳会議緊急メッセージ」及び「1都4県知事共同メッセージ」(東京都政策企画局ホームページ) 都と国の新型コロナうウイルス対策の概要、都の対応、専門家との意見交換会発言要約、経済情勢ヒアリングメモ、クラスター東京緊急対策班による都における現状分析・推計 今年の神奈川には海水浴場が開設されていません(神奈川県ホームページ) 「新型コロナウイルス感染症」に関する知事からのメッセージ 等 , , 関連資料・関係局・関係機関 COVID-19 resources from external agencies• 6 その他• 郵送または持参 詳細は東京都の専用ポータルサイトで公表予定 【参照】 (5)必要書類 今回、初めて申請する方 今回、初めて申請する場合は、次のような書類が必要です。 また床面積の合計が1000平方メートル以下の施設については、都は法律によらず、施設の使用停止および催物の開催の停止について協力を依頼するとしています。 郵送または持参 詳細は東京都の専用ポータルサイトで公表予定 【参照】 (5)必要書類 今回、初めて申請する方 今回、初めて申請する場合は、次のような書類が必要です。

>

営業時間短縮の要請(11月28日から12月17日まで)について(Q&A)|東京都防災ホームページ

本人確認書類(写し)• 記 1 内容• 感染症入院重点医療機関の指定 【重症度】重症・重篤、中等症等 【患者特性】認知症、小児・周産期、透析、精神、神経難病等 暮らしや働き方の「新しい日常」 暮らしの中や働く場で、感染拡大を防止するため、取り組んでいただきたいことをまとめた「新しい日常」を、日々の暮らしの中で実践をお願いします。 (東京都政策企画局ホームページ) 都内の医療現場のための物資の購入等に活用するため、寄附金の口座を開設(東京都福祉保健局ホームページ) 各局の更新情報の履歴 等(東京都防災ホームページ) 都民利用施設・都主催イベントに関する情報を随時更新(東京都政策企画局ホームページ) よくある質問 毎日、発表されている患者数はどのように決まっていますか? 重症者とはどのような方々ですか? 等(東京都福祉保健局) ステッカーによる感染拡大防止の効果 ステッカーの実効性を高める取組 等(東京都防災ホームページ) 外出自粛要請(都民向け):食料品の買い物、出勤は制限されますか? 事業者向け:対象施設一覧 等(東京都防災ホームページ) どのような症状ですか?どのように感染しますか?濃厚接触とは?マスクの使い方、検査について、患者になった時 等(東京都福祉保健局) マスク等の購入、キャンセル料、不審なメール、通信販売に関するトラブル 等(東京都生活文化局 東京くらしWEB) 厚生労働省• 東京アラートを発動中です。 写真 東京都防災ホームページより 東京都が、新型コロナウイルス感染症拡大防止のために休業要請した施設の一覧を、東京都防災ホームページで公開した。 1 概要• Q.休業要請は受けていないものの、感染拡大阻止のために休業した店舗への支給は? A.今回の協力金は、休業要請に応えた事業者に支給されるものです。 新型コロナウイルスの感染拡大(コロナ禍)により、企業や個人事業主が大きなダメージを受けています。

>

東京アラート発動で休業要請緩和や学校再開はどうなる?【ポイントまとめ】

) 対象 科学館 対象 記念館 対象 水族館 対象 動物園 対象 植物園 対象 商業施設 ペットショップ(ペットフード売り場を除く) 対象 【床面積の合計が1,000平方メートル超の施設】 施設の使用停止及び催物の開催の停止を要請(=休業要請) 【床面積の合計が1,000平方メートル以下の施設】 施設の使用停止及び催物の開催の停止について協力を依頼(特措法によらない協力の依頼)。 指標 緩和の目安 再要請の目安 1 新規陽性者数 1日20人未満 1日50人 2 新規陽性者における接触歴等不明率 50%未満 50% 3 週単位の陽性者増加比 1未満 2 4 重症患者数 5 入院患者数 6 PCR検査の陽性率 7 受診相談窓口における相談件数 現在の状況は、こちらからご覧ください。 顧客リストやアプリの活用などによる来場者の把握 各施設別のガイドライン• 例えば、酒類の提供を午後6時で終了したとしても、営業時間は午後10時までの間とするようお願いいたします。 さらに、営業しているからと言って不要不急の外出はするべきではないとされており、そのあたり、新型コロナウイルスの感染者を増やさないひとりひとりの協力が必要だ。 11月28日より前から営業活動を行っていることがわかる書類(写し)• マスク着用の徹底 等 施設環境整備• (出所:) 今後も、 感染再拡大の傾向に歯止めがかからなかった場合には、再度の休業要請や学校休校に踏み込まざるを得ない状況も、十分に想定されます。 営業の形態や名称の如何を問わず、要請の対象期間中において、客に酒類の提供を行っている23区及び多摩地域の各市町村の飲食店の皆様に対し、営業時間を朝5時から夜10時までの間とするようお願いするものです。 「新しい日常」の定着に向けた多面的なサポートを推進 都民・事業者のセーフティネットの充実、感染症防止と経済社会活動との両立、社会構造の変革などの取組を通じて、「新しい日常」が定着した社会を構築していきます。

>

時間短縮に係る感染拡大防止協力金実施概要(第648報)|東京都

2020年08月07日 東京都新型コロナウイルス感染症対策本部 「営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金」の実施概要をお知らせします!(第648報) 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、都の要請に応じて、営業時間の短縮に全面的にご協力いただける中小の事業者の皆様に対する協力金につきまして、以下のとおりお知らせいたします。 ガイドラインを遵守のうえ「感染防止徹底宣言ステッカー」を要請期間中に申請した対象店舗において顧客が見やすい場所に提示していること。 営業時間短縮の状況がわかる書類• 中小企業基本法第2条に定める、中小企業または個人事業主• ・東京都総合防災部が公開したリスト 自分の業種は休業要請が出ているだろうか? これから必利用する必要がある店は休業するのだろうか? 確認したい人は、東京都総合防災部が公開した休業要請をする施設や店などのリストを掲載するので確認してみてほしい。 (出所:) 「東京アラート」の休業要請緩和や学校再開への影響は? では、 今回発動された「東京アラート」と東京都の「ロードマップ」は、どのような 関係にあるのでしょうか? 東京都では、次の 7つの指標に基づいて、日々、 新型コロナウイルスの感染の状況をモニタリングしています。 このうち100平方メートル以下の施設については、営業を継続する場合、適切な感染防止対策の徹底を依頼するとしています。 タッチパネル等不特定多数が触れる場所の清掃・消毒 等 感染者発生時に向けた対応• したがって、酒類の提供を伴う飲食店における営業時間について、夜10時までとすることを要請しております。

>

対象施設一覧【令和2年5月25日をもって緊急事態措置終了】|東京都防災ホームページ

ですので、この時間外に「テイクアウト」のみで営業していた飲食店は、休業要請に準じていたと判断されるので支給対象となります。 Q.テイクアウトサービスを行っていた飲食店は支給対象外? A.第1弾・第2段において、飲食店にはAM5:00~PM8:00という営業時間の制限がありましたが、これは「店内飲食」に関する制限です。 Q.休業対象となる施設と契約をしていたフリーランスは支給対象となりますか? A.休業要請を受けているのは、その施設の運営をしている事業者となりますので、その事業者と何らかの業務契約をしていたフリーランスの方は支給対象外です。 休業要請の緩和・再要請を判断する際に用いるモニタリング指標 休業要請の緩和や再要請を判断する際に用いるモニタリング指標として、「感染(疫学的)状況」、「医療提供体制」、「モニタリング(監視体制)」の3つの観点から、7つの指標を設定しました。 11月28日より前から営業活動を行っていることがわかる書類(写し)• 東京都は4月10日、政府が発令した緊急事態宣言に伴い、施設や店舗の休業要請について詳細を定例記者会見で発表。 診断基準、鑑別疾患、医療者の準備や対応、行政との連携 等• 支払金口座振替依頼書 前回の申請と同じ店舗・施設で申請する方 過去すでに申請されたことのある方で、支給決定通知が届いており、以前と同じ店舗・施設で申請する場合は、書類が簡略化されます(詳細は後日、公表予定)。

>