朧 の 志士 たち。 舞台『刀剣乱舞』維伝 朧の志士たち ライブビューイング

【感想】舞台『刀剣乱舞』維伝 〜朧の志士たち〜 東京公演【11/26・4日目夜】

今回の兼さん、とんでもなくかっこよかった。 いつの時代も私たちが求めずにおれない、 自分の存在価値。 「武市先生!佐幕派をまた斬っちゃったき…… 先生の敵は、わしが斬る 誰であろうと全部わしが斬るぜよ」 その文久土佐の街に、自分が全ての始まりだとまだ知らない坂本龍馬が戻ってきます。 。 言葉では言い表せない。 でも本当すごい。

>

舞台『刀剣乱舞』維伝 朧の志士たち 観劇レポート

(先着順ではありません)• — 和田雅成 masanari6 こんな感じで現本丸、そしてもう一つの本丸どちらの刀剣男士にも影響を与えるようなものだということが見て取れると言うか、ひしひしと感じてます。 この空白の作品で、維伝は分岐した別の時間軸なのでは?とした今回の考察のアンサーが示されるのではないかと考えています。 この言葉を聞いたときの、一色洋平さん演じる岡田以蔵の表情が、筆者は忘れられません。 約3年ぶりに鶴丸国永を演じる染谷俊之さん、小烏丸役の玉城裕規さんは過去作から続投。 本丸は陸奥守吉行、和泉守兼定、堀川国広、鶴丸国永、小烏丸の5振りの出陣を決めた。

>

舞台『刀剣乱舞』維伝 朧の志士たち ライブビューイング

あと遡行軍の残骸で罠造るときのセリフも全部使っていた。 今度は原作が色々とアニメや漫画にまで 発展し、情報量が多く、こう原作に忠実に 原作を壊さない様にされる難しさをひしひし と感じます。 対峙する時の政府は歴史の守りとして「 審神者 さにわ」なる者を過去へと派遣する。 慈伝のルートはまんばちゃんにどんぐりを渡すために五虎退に託していたけれど、悲伝三日月に敗北を辿るルートだと、どんぐりは託されていないのでは…? 三日月が義伝の遠足の時「初めてだ」と言っていた(確か)から、義伝のときにループする三日月は遠足に行かない時間軸を通っている可能性があるよねって話。 田村くん こんばんは!! 刀ステ観劇良かったですね〜! 私は年末なのでまだお預けです。 裏でも和服を着ているらしく、あの特徴的な衣装も当然のように着こなすしアがすごい。 「維伝」は原作となる刀剣育成シミュレーションゲーム『刀剣乱舞-ONLINE-』で多くのプレイヤーが参加した人気イベント「 特命調査 文久土佐藩」をベースにしたストーリー。

>

舞台『刀剣乱舞』維伝 朧の志士たち ライブビューイング

堀川国広「この文久土佐に来てから、気になってることがあるんです。 「慈伝」でも片鱗は見せてくれていましたが、ここまでガチの殺陣でアを使いこなすのはむっちゃんだけなのでは。 笑いの取り方が違うなって思うんですよね。 堀川国広はその後も街に感じる違和感を繰り返し口にしており、「文久土佐藩」の街に漂う異様な気配をいち早く感じ取っていました。 — 江戸川 櫻 edgarsakura 今までのがどう、とかではなく純粋に「面白い」。 誰も 真実を知ることはできない「岡田以蔵」という人物を「朧」と「刀剣男士」という2つの存在から迫っていく物語は、「刀ステ」だからこそ描ける人間ドラマではないでしょうか。 歴史改変の阻止が叶わなかった時間軸の成れの果てが、正史と切り離された「放棄された世界」でした。

>

舞台刀剣乱舞 維伝 朧の志士たち 考察その2|みずのり|note

以蔵さんのことは最後までよく分かりませんでしたね 史料も圧倒的に少ないですし、あったとしても「こう……だったのかな?」みたいのが多くてとても不確かでした でも途中で思ったのはですね 「分かった気にならない」方が大事だと思いました どんな人なんだろうな、どんな人だったんだろうなって思っている方がいくばくか真摯なのかなというふうに思いました うん、以蔵さん、ありがとう 死人に口無し、以蔵が刀の時代の終わりに「天誅」に命を散らしたその真意は誰にも分かりません。 言及のあった伏線など ネタバレ要素最大。 仏教ではこの 3つの中で最も強い力を持つのが「心業」、つまり心で何かを思うことだと説かれています。 販売時間は劇場により異なる場合がございますのでご了承ください。 ゲームの特命調査を忠実に追ったセリフとストーリー 陸奥守と肥前、南海先生の3人がそろうメインストーリーのセリフが、ゲーム内の文久土佐藩のイベントの時のセリフをそのまま再現されているんです。

>

舞台『刀剣乱舞』“維伝 朧の志士たち”千秋楽ライブビューイングが2020年1月開催決定! 刀ステオフィシャルファンサイトも本日プレオープン【ビーズログ.com】

声めっちゃ野太いけど(笑) とにかく茶々がすごかった。 半平太は脱藩した龍馬を「天誅」として殺すよう以蔵に指示。 本体が無く思いや逸話から生まれた「偽物」だと。 セットも常に動いていたり、殺陣にスピード感をつける工夫が凝らされていて、そこに適応する役者さんたちの運動神経。 公演パンフレットにて脚本・演出の末満健一さんは「維伝」を「第二章の幕開け」と表現。 「父」ネタは華麗にスルーされていて、もなんだかんだふざけてはいるんですがそのふざけ方が時々ゾッとするようなところもあって。

>

刀ステ「維伝 朧の志士たち」を観てきたよ!感想をとにかくつづりたい

小烏丸・鶴丸があの文久土佐藩で三日月を救う手立てを探していたのに加え、もしかしたら山姥切をも救うことも含まれているのではないかと個人的には思う。 私は周りにそっちの人がいないのでわかりませんが、イメージ通りというか雰囲気のあるオール土佐弁の会話が新鮮で、何かと面白かったです。 ・ショップレビューは、「みんなのお買い物レビュー」の集計を元に表示しておりますが、定期的に更新しているため、リンク先の表示内容と異なる場合がございますのでご了承ください。• 「文久土佐藩」を生み出した人の心。 「 こいつは犬じゃない! ……『人斬り』だ! そうだろう!?」 土佐勤王党・上士の「朧」に「犬畜生が」と罵られた以蔵に肥前が言ったセリフ。 歴史として語られる人々の足跡は、いつの時代も変わらない人間の姿を知る糸口でもあります。 お小夜もかなり動きますが、短刀とはまた違った立ち回りになるのでそれも面白かった。

>