貼付 意味。 【添付】と【貼付】の意味の違いと使い方の例文

漢字「貼付」の読み方と意味・例文・「はりつけ」は間違いか

getElementById closeButtionId ; closeButton. 「てんぷ」と読む人もいれば、「ちょうふ」と読む人もいるのが実情です。 つく」と読みます。 「封筒に切手を貼付する」 出典:デジタル大辞泉(小学館) 糊などを使って貼るという意味で、例文にも「封筒に切手を貼付する」が挙げられています。 例えば、会議資料に追加の資料をクリップで留める場合は、貼り付けていないので「添付」という表現になります。 「 貼付(ちょうふ)」= 貼り付けること。

>

【添付】と【貼付】の意味の違いと使い方の例文

貼付の意味とは まず「貼付」ですが、正式には「ちょうふ」と読みます。 ただ、「貼付薬」のほうが意味が通じやすいためか、病院のホームページ等で薬の種類を紹介する時などには、「貼付薬」と使うケースが多いようです。 貼付にも紙や写真などを貼りつけることという意味があります。 「附」は「付け加えたもの」や「付け加える」を指す漢字で、「届ける」「手渡す」などの意味もあります。 ビジネスシーンでぜひ役立てて下さい。 一方、「添付により物の所有権が消滅する」「付合とは添付の一類型である」「添付により単独所有者となった」などの文中で使われている添付は、「民法における付合・混和・加工の総称」の意味で使われています。 ・指定通りにサンプルを使用した後に添付のアンケート用紙に感想を記入してください。

>

「貼付」何て読む?意味と使い方を類似語とあわせて解説

剥ぐの読み方は「はぐ」です。 また「はりつけ」と呼んでいる人もいるかもしれませんが、その場合は「貼り付け」と送り仮名が必要になります。 たとえば書類に「貼付」するよう明記していたり、医療品などで「貼付する」と表記されているものもあります。 《慣用読みで「てんぷ」とも》 出典: デジタル大辞泉(小学館) 「 貼付」は、「 ちょうふ」と読みます。 「貼付」は「ちょうふ」と読むのが正しいのでしょうか?それとも「てんぷ」と読むのが正しいのでしょうか? 「ちょうふ」「てんぷ」も正しい読み 「貼付」を見て「ちょうふ」と読む人「てんぷ」と読む人がいると思いますが、「ちょうふ」も「てんぷ」もどちらも正しい読み方です。 貼付の意味・読み方 続いて、「貼付」の意味です。 この2つを組み合わせて音読みにした言葉が、「てんぷ」です。

>

「貼付」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

添付の類語 添付の類語・類義語としては、別の物を加えることや別の物が加わることを意味する「添加」、主となるもののそばにつけることや補助として付け加えることを意味する「添える」、書籍や雑誌などの本体に添えられたものを意味する「付録」などがあります。 たとえば「書類に資料を添付する」場合は、「添付」を「貼付」と入れ替えることができます。 例文5. しかしこれは、もともとは「ちょうふ」という読み方が正しいのです。 一方、尊敬語とは、相手の行為を直接、高める敬語形式を言います。 そして使い方の違いを例文でわかりやすく紹介しています。

>

「貼付」の意味・読み方とは?類語「添付」との違いや「貼布」の意味も

添付とは、主たる物に副となる物を添えることを意味し、貼付とは、ある物に別な物をのりやテープなどで貼り付けることを意味します。 読み方は「てんぷ」です。 付合・混和・加工の総称の意味も持っています。 「貼付」は「何かに何かを貼りつける」という場合に使います。 」です。

>

「貼付」の意味・読み方とは?類語「添付」との違いや「貼布」の意味も

慣用読みとは、正統的な読み方ではないものの、習慣化して一般的に広く使われるようになった読み方のことを意味します。 。 要するに、別の独立したデータとして 相手に補足資料を送るということです。 出典:デジタル大辞泉(小学館) 1の例文に「領収書を添付する」が挙げられていますが、本来の意味合いでは「添える(そえる)」と「貼る(はる)」は異なる動作ですので、「貼付」とはニュアンスが異なるようです。 「重複」:(正しい読み)ちょうふく (慣用読み)じゅうふく• 添付と貼付という言葉は、どちらも「てんぷ」と読む言葉ですが、意味は異なります。 添付以外の類語としては、「貼る」という意味では「糊付け」「張付ける」 「くっ付ける」「糊する」「接着」などのほか、「付着」も類語になります。 添付した写真は海外出張の際に撮ったものです 「貼付」の類義語と反対語は? それでは「貼付」の類義語を意義別で紹介しながら反対語についても見てみましょう。

>