熊 日 新聞 ニュース。 日本農業新聞

日本農業新聞

動画は動画投稿サイト「ユーチューブ」の長野県ハンター育成学校公式チャンネル「2020長野県ハンター講座」で公開している。 山に餌がなく、人間の生活圏まで来て探す熊が増えたとみられ、今年度の市内での捕獲頭数は10月末時点で30頭。 その日のうちに周囲に電気柵を立て、ビニールも張り直した。 この他、やってはいけない危険な行動として「大声を出す」「物を投げる」「背中を向けて走って逃げる」「写真を撮ろうと熊に近づく」などを例示した。 2日間で50羽が被害を受けた。 熊に餌場として認識させないため、農場には電気柵を設置するなどの対応を呼び掛ける。 ともに同期間では2015年度以降最多となっている。

>

「迫る牙 検証・熊被害」(中) 味覚え鶏舎に何度も 富山市(日本農業新聞)

動画を撮影・編集した鳥獣対策・ジビエ振興室は「全国的にも珍しい取り組み」とみる。 これまでもタヌキやキツネとみられる被害があったが、数は少なく、施設の破損状況も小さかった。 現場に駆け付けた河上めぐみ代表は「一目で熊と分かった」と振り返る。 市は「地域ぐるみで対応し、熊が近づかない環境づくりを後押したい」(森林政策課)とする。 今度は隣の鶏舎が壊れていた。 そこが人間の生活圏であっても「何度も来る可能性がある」(同省鳥獣保護管理室)。

>

日本農業新聞

恐る恐る中をのぞくと、羽毛が散乱し、複数の鶏が死んでいた。 全国的に熊の目撃や人身被害が多発する中で、遭遇した時の正しい対処方法を啓発することで被害低減につなげる考えだ。 餌に飢えた熊にとって、無防備な農場は簡単に餌が手に入る場所。 人身被害はなかったが、「電気柵だけで安心せず、これからも警戒する必要がある」と河上代表。 。 今後は熊に限らず、農業被害が多いカラスなどの鳥獣害対策の啓発動画を作っていきたい」としている。 住民により具体的な対策を実践してもらおうと、市は自治会向けの補助金の使途を細かく設定。

>

日本農業新聞

同県では4~10月にツキノワグマが1327件目撃され、人身被害も10件発生した。 金網と木材でできた鶏舎で、網の継ぎ目をこじ開けて中に入った痕跡があった。 そんな状況で危険を回避するための正しい行動を紹介する動画を、長野県が作成した。 午前7時。 10月末時点で、ブナは情報提供のあった23都道府県の7割以上、コナラは21都府県の6割以上がそれぞれ凶作だった。

>

日本農業新聞

動画は、熊の生息調査などをするNPO法人信州ツキノワグマ研究会が監修。 現在は敷地内の全5棟の鶏舎に電気柵を設置。 またもや複数の鶏が死んでいた。 熊が人間の生活圏に近づく要因の一つが餌不足だ。 動画を編集した同室の宮嶋拓郎技師は「動画にすることで、いつでも誰でも視覚的に対処法を学べる。

>

「迫る牙 検証・熊被害」(中) 味覚え鶏舎に何度も 富山市(日本農業新聞)

こうした状況と連動するように、全国単位でもドングリの凶作が目立つ。 音を鳴らして作業し、薄暗い時間には近づかないよう従業員に徹底する。 富山市によると、秋の餌となるドングリ(堅果類)は今年、凶作だった。 全国ベースで見ても、熊の捕獲頭数は増えている。 河上代表は「餌に飢え、味を覚えた熊が再び来たのではないか」と推察する。

>

「迫る牙 検証・熊被害」(中) 味覚え鶏舎に何度も 富山市(日本農業新聞)

今年は例年に増して鶏舎周辺で熊を見掛けることが多かった。 以来、被害はない。 年間1桁台で推移する例年に比べて、大きく増えている。 山の中を散策している時に、熊と遭遇した場面を再現した。 今回は鶏だけでなく、鶏舎の中にあった飼料を狙った可能性もある。 公表のある08年以降、最多だった19年の6285頭に次いで2番目に多い。

>

日本農業新聞

静かに立ち止まり、ゆっくり後ずさりをすることをポイントに挙げている。 環境省によると、10月末時点で全国で5770頭が捕獲された。 日本農業新聞. 富山市の農業法人、土遊野(どゆうの)の従業員が山間部に立つビニールハウスの鶏舎へ餌やりに行くと、側面が破けているのを見つけた。 。 。

>