23 階 の 笑い。 【インタビュー】「23階の笑い」小手伸也 三谷幸喜演出の舞台で「全力で恩返しをするときがきた」

シス・カンパニー公演 『23階の笑い』│エンタステージ

また、舞台写真と、演出・上演台本:三谷幸喜のコメントが到着した。 本作の作者ニール・サイモンは、長きに亘り全世界で愛されてきた喜劇作家だが、日本では、脚本家・三谷幸喜の原点を知る上で欠かせない存在として知られているコメディ界の巨星。 それからまた7年…。 彼は、テレビ局から番組を1時間に縮小、予算削減を告げられ、挙げ句の果ては作家の誰かをクビにしろと…。 その最後を、温かな笑いで見送れる作品だ。

>

シス・カンパニー公演 ニール・サイモン×三谷幸喜「23階の笑い」12月5日開幕!

アメリカではすでにテレビは家庭の中心にあり、テレビ局間の競争が過熱していったが、1940年代〜1970年代のアメリカは消費者の時代、消費主義によって形成されたアメリカの市場は、都市部から郊外へと拡大していったのである。 ニール・サイモンといえば、その作品だけでなく、脚本家・三谷幸喜の原点を知る上で欠かせない存在として語られることが多い喜劇界の巨星。 先行予約で、すでにチケットをお求めのお客様、11月22日の一般前売でお買い求め予定のお客様におきましては、上記の件をご了承下さいますよう、よろしくお願いいたします。 さんざん笑った後にちょっぴりしんみりして、最後は温かい気持ちで帰ることが出来る、 まるで僕が書いたような作品になっています。 なので、ぜひ次回は、僕の真骨頂と言いますか、「小手伸也」のパブリックイメージとして定着しているような役柄で使ってもらえたらと思っていました。 三谷作品常連のベテランあり、初めての参加となる面々あり、全員が稽古期間中も常時マスクを身に着け、キャスト・スタッフ一丸となって本作を練り上げてきた。

>

「23階の笑い」(ニジュウサンカイノワライ)

英語が不自由なロシア人チーフ、質より量の女好き、14歳から現職の天才、辛口のヘビースモーカー、男勝りの女性作家、遅刻常習犯の変人。 Contents• 作品に自伝的要素を盛り込むニール・サイモンらしく、この作品にも、彼が実際に大物コメディアン、シド・シーザーの下で放送作家・コメディ作家として下積みの時期を過ごしていた体験がリアルに描かれている。 座席番号はチケット発券後に券面にてご確認ください。 特に僕のところは、すべて錦織さんの演出によるもの。 このメンバーが、ニューヨーク摩天楼の「23階」に集結し、三谷幸喜と共にステキな時間をお届けする。

>

瀬戸康史舞台「23階の笑い」チケット先行は?上演日程や劇場は?松岡茉優キャストは?

その闘いの中心は、生放送のコメディーショーだった。 出きるかぎりの対策を講じて、皆様を劇場でお待ち申し上げております。 本作は原作者のニール・サイモンが1950年代、放送作家として実際に参加していた米・NBCの90分バラエティ番組「ユア・ショウ・オブ・ショウズ」の舞台裏を描いたコメディ作品。 -最初に脚本を読んだとき、どんなところに魅力を感じましたか。 今後もご本人確認を行うことがございます。 作品を観たことはあっても、笑ったことはないという人。

>

SIS company inc. Web / produce / シス・カンパニー公演 23階の笑い

最初に読んだ脚本は、三谷さんが上演台本に書き直す前のものだったので、翻訳劇ならではの言い回しや、その応酬に、正直、難しそうだなと思いました。 その敬愛の念が強いがゆえに、2013年上演の『ロスト・イン・ヨンカーズ』まで、ニール・サイモン戯曲演出に踏み切れなかったという三谷だったが、この度、その2作目の演出作として7年ぶりに本作に取り組んだ。 訛りは、初演時は難しくて仕方なかったですが、今は訛りたくて訛りたくて!稽古に入ってから、普段の喋りも訛っていたんじゃないかというくらい、楽しんで訛っている感じです。 公演情報詳細・注意事項 公演内容 「笑い」の喜び、「笑い」の涙、「笑い」のほろ苦さを教えてくれるニール・サイモンの世界。 また自分が出ていないシーンを見ているのもとても勉強になりました。 出演は 瀬戸康史、松岡茉優、吉原光夫、小手伸也、鈴木浩介、梶原膳、青木さやか、山崎一、浅野和之といった芝居巧者たち。 マックスと23階の仲間たちは、このピンチをどうやって切り抜けるのか?!彼らに未来はあるのだろうか? 【演出・上演台本: 三谷幸喜 コメント】 ニール・サイモンの名前は知っていても、作品は観たことがないという人。

>

三谷幸喜「後悔はさせません!」『23階の笑い』舞台写真&初日コメント到着

稽古期間中も常時マスクを身に着け、キャスト・スタッフ一丸となって感染防止対策をしながら作り上げられたという本作。 出演は 瀬戸康史、松岡茉優、吉原光夫、小手伸也、鈴木浩介、梶原善、青木さやか、山崎一、浅野和之と三谷作品常連のベテランあり、初めての顔合わせありと多彩な顔触れがそろった。 作品を観たことはあっても、笑ったことはないという人。 後悔はさせません! 【公演日程】 2020年12月5日(土)~12月27日(日) 世田谷パブリックシアター 【作】 ニール・サイモン 【演出・上演台本】 三谷幸喜 【翻訳】 徐賀世子 【出演】 瀬戸康史 松岡茉優 吉原光夫 小手伸也 鈴木浩介 梶原善 青木さやか 山崎一 浅野和之 【当日券】 全ステージ、開演1時間前より劇場正面にて販売いたします。 ふぉ〜ゆ〜が頑張ったおかげで、『ラ・ラ・ランド』みたいなシーンになっています。 三谷幸喜コメント ニール・サイモンの名前は知っていても、作品は観たことがないという人。 2017年4月27日 木 、演出:錦織一清、主演:ふぉ〜ゆ〜による同作が東京・博品館劇場で開幕した。

>