もくと めど。 「目途」は何と読みますか?

「目途(もくと)」とは?意味や使い方を例文付きでわかりやすく解説

ただ三つのうち「目度」は、文学作品の中などでわずかに用例がみられますが、あまり頻度は高くありません。 これは両者を分かりやすく区別するため、というのもありますが、 そもそも文法的な理由があるのです。 ただニュアンス的には「目処(めど)は将来的な見通しのことで 「目途(もくと)」は目標という意味だそうです。 一般的には「めど」が使用されやすい文脈で、安倍首相は「5月14日をもくとに」と述べた。 「 めど 」 は 「 めど 」 だけ です。

>

目処(めど)と目途(もくと)

逆に、「目処」の方は純粋な「和語」なので、 こちらは「めど」と読むのが正しい。 「目途」と「目処」は読み方だけでなく、意味や主に使用されるシーンも異なります。 「めどはぎ」とは、ハギ科の雑草で 「易(えき)」という占いをする時に古くから用いられていました。 しかし、使用する機会があるときは「不適切と捉えられる表現であること」を忘れないようにしましょう。 下記のように、日常生活の中で無理に使おうとすると不自然になってしまう事が分かると思います。 これに対し「しこうきそく」じゃないの?との指摘を複数頂きました。

>

【目途】と【目処】の意味の違いと使い方の例文

目途の「途」という字は、道筋や手段、方法という意味を持つ言葉です。 この「ぜいちく」にめどはぎの茎を用いたことから、 「占い」のことを「めど」と呼ぶようになったのです。 担当のその表情から先が明るいと 見当がつく。 来月末を 目途として売り上げを倍にすることが会議で決定した。 つまり「目途」は「目処」より新しい言葉になります。

>

「目途」は何と読みますか?

また、5月14日を目途に、専門家に感染状況を分析してもらい、 「可能であると判断すれば、緊急事態宣言を解除したいと考えています」と述べました。 「占い」は、 将来を予測して人にアドバイスを与えるものです。 例えば、例文1の文章では、一人暮らしをするための資金の運用について、具体的に考えてあるという意味になります。 れい 3 げつまつ の かんせい を もくと ( めど ) に さぎょう を すすめ て いる。 なお 「目途」は 「もくと」という読み方をする場合もあります。 また「objective」を使った例文としては、次のようなものがあります。 「 medo 」 to 「 mokuto medo 」 ha mattaku onaji ni tsukae masu. 「目」は音読みで「モク・ボク」、訓読みで「め・ま・さかん」と読みます。

>

「言の葉の森」「目途」どう読みますか?

処置,処罰,処女 <注> 連濁:国語で、合成語の語頭の清音が濁音に変わる現象。 例えば、「10月末を目途にシステム導入を開始する」という例文。 現在では、目途を「もくと」と読むことはあまり一般的ではありません。 まとめ いかがでしたでしょうか。 公的な場面でない場合、一般的には「めど」と読まれることも増えています。 「目途」の意味は「目標」「目的」 「目途」とは「目標」「目的」を意味する言葉です。 この意味で、「めど」とはむしろ「目安」という言葉に、イメージが近いといえるかもしれません。

>

「めど」の語源・由来

なので、両者を分かりやすくするために、 あえて読み方が区別されていると考えて下さい。 ……(中略 ・……. どの言葉についても目途と意味は似ていますが、まったく同じ意味ではないので注意してください。 読み方は「めど」で、「復帰の目処がついた」「活動再開の目処が立たない」のように使われます。 【例文3】• 「目処」は特に「見当」を意味する場合が多く、物事の見通しがつく状況で使用されることが多々あります。 目標には期限や期間が設けられることがほとんどです。

>

「目処(めど)」と「目途」は同じ意味?正しい意味や使い方を紹介

何とかスタッフができたから、やっとプロジェクトの立ち上げの 見通しが立った。 「目処・目途・目度」の 意味と正しい使い方、そしてそれぞれの違いや使い分け方について詳しくご紹介しました。 ippou , 「 mokuto ga tsuku 」 「 mokuto ga tatsu 」 toiu iikata ha , watasi ha kii ta koto ga ari mase n. そして2つ目は、「 読み方の違い」です。 1週間後を 目途に資料を完成させる。 「 目処」=「 めど」と読む。

>