リサ バティ アシュ ヴィリ。 リサ・バティアシヴィリ: 日々、感想・報告

LOHACO

ライナーノーツなどをお読みになりたい方は国内盤のご購入をお勧めします。 ASCENT20LEの高域特性の優秀さが、 よりバティアシヴィリのヴァイオリンの音色を、 美しく聞かせてくれているようです。 後半のドヴォルザークの交響曲第6 番は、スラヴの民謡の香りがするエネルギーに満ちた作品。 ブラームス:、:ピアノとヴァイオリンのための3つのロマンス(2013年1月、ドイツ・グラモフォン、UCCG1610)• 最初のうち…どこかフォーレのような…趣のある情景が魅力にも感じられて、 すると続いて、夫であるロベルト・シューマンのような響きも聞こえてきて、 時代としては、ブラームスとも共通であり、よい企画である。 『ベルリン・フィル ヨーロッパ・コンサート2007』:(Euroarts、2055998) 外部リンク [ ]• 1995年、シベリウス・コンクールに史上最年少の16歳で出場し2位入賞、2001年にはBBCが立ち上げた「New Generation Artists」の初代メンバーに選出され、BBCプロムスでのデビューはBBC Music Magazineで「本年最も傑出した存在」と称賛されました。

>

美貌の実力派ヴァイオリニスト、リサ・バティアシュヴィリ(LISA BATIASHVILI)がチャイコフスキー&シベリウスの協奏曲をリリース

クリスティアン・ティーレマン指揮シュターツカペレ・ドレスデンと協演。 尚、なぜかリンクされていませんが、国内盤も売っています。 先日 先日、ドイツの指揮者クナッパーツブッシュ研究会Kna-clubのオフ会「ハンス・クナッパーツブッシュ 知人からクナッパーツブッシュの古いLPの板起しCDRが届き、 それを聞いているうちになんだ 続けてハンス・クナッパーツブッシュの録音。 使用楽器 [ ] 貸与の1709年製「」 ディスコグラフィー [ ] CD [ ]• しかしなかなかCD化は実現しません。 2012年6月にドレスデンのルーカス教会で収録。 またHMVの方には一日も早く国内盤をリンクして頂きたいです。 カップリングは、サカリ・オラモ(Sakari Oramo)指揮フィンランド放送交響楽団と2007年に録音した(SICC-886)から、9年ぶりの再録音となったシベリウスのヴァイオリン協奏曲です。

>

リサ・バティアシュヴィリ/時の谺

さっそく聴いてみると,最初のブラームスのヴァイオリン協奏曲では,ティ ーレマン指揮のドレスデン・シュターツカペレによる,豊潤で落ち着いた味わ いの響きが素晴らしく,バティアシヴィリのヴァイオリン・ソロも衒いのない オーソドックスなもので,ストラディヴァリウスの「ヨアヒム」から,伸びや かで美しいソノリティを引き出しています。 の録音は、私はいくつか持っているが、もう随分前に手に入れた、パーヴォ・ルンドとヨーロッパ室内による全集と、オスモ・ヴァンスカとラハティによる全集が宝物のような存在となっている。 「あまりにも多くのヴァイオリニストがこの作品を演奏し、あまりにも多くの解釈が私の頭の中にあるから」という理由でチャイコフスキーの協奏曲を意識的に避けてきたというバティアシュヴィリ。 世界中の主要オーケストラへの客演、ソロ、室内楽でも活躍中。 今回の豪華共演は現代楽壇のドン、バレンボイム指揮シュターツカペレ・ベルリン! 待望のチャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲との豪華すぎるカップリングはシベリウス。

>

リサ・バティアシヴィリ 4: 日々、感想・報告

これはかなり凄い演奏だ。 現代音楽の古典ともいえるショスタコーヴィチの傑作とラフマニノフの美しいヴォカリーズ。 冬の朝に、コートの襟を立てて、当然、前のボタンも全部締めるくらいの引き締まった感じが近い。 彼女のやる気を引き出したのは、「あなたとチャイコフスキーを演奏したい。 まずは、リサと同じくグルジア出身のピアニスト、カティア・ブニアティシュヴィリとの共演で、シューベルト、フランク(+ドビュッシー)というプログラム。 (2013年7月22日/ヴェルビエ音楽祭にてライブ収録) <リサ・バティアシュヴィリ 2014年 来日公演> 2014年2月13日 木 19:00 サントリーホール 指揮: アラン・ギルバート ヴァイオリン: リサ・バティアシュヴィリ オーケストラ: ニューヨーク・フィルハーモニック ベートーヴェン : オペラ「フィデリオ」序曲 op. そのため,全曲をハイレゾで聴き通すのは辛く,この感想も主にCDを聴い てのものなのですが,ハイレゾだからといって必ずしも十分に満足できる音で 聴けるとは限らないのは悩ましいところです。

>

リサ・バティアシュヴィリ

そして後半はクララ・シューマンの3つのロマンスで ピアノはアリス・紗良・オットが弾いている。 今年はイヤーなので(とはいってももう12月・・・)、をたくさん聴いた。 一言で言うと、「厳しさ」。 この他、夫であるフランソワ・ルルーのCDにもヴァイオリニストとして参加している。 同曲の名盤はいっぱいありますから。

>

美貌の実力派ヴァイオリニスト、リサ・バティアシュヴィリ(LISA BATIASHVILI)がチャイコフスキー&シベリウスの協奏曲をリリース

おやっ,と思いましたが,これはブゾーニのカデンツァを弾いていました。 シベリウスのヴァイオリン協奏曲は、情熱的で郷土色の強い曲調により、広く愛好されている傑作です。 しかも新譜のチャイコフスキーとフィルアップされている新しい録音ではなく、 前にSONYから出た2006年の録音です。 競演しているのはブラームスの協奏曲が,ティーレマン指揮のドレスデン・ シュターツカペレ,シューマンのロマンスが,アリス・紗良・オットです。 前述のように「新鮮」とか「鮮烈」という言葉がよく似合います。

>

リサ・バティアシュヴィリ/『シティ・ライツ』

1枚はパトリツィア・コパチンスカヤ盤、 もう1枚はリサ・バティアシヴィリ盤です。 ヴァイオリン協奏曲は、濃厚なスラヴの香り漂う旋律、そして華麗な表現技巧など、聴きどころ満載の楽曲。 バレンボイムのゆったりと巨大な存在があり、そこで バティアシヴィリが緻密に切れ味よい演奏を聞かせて、 非常に細やかで豊かな描き込みながら、極めて正確、 驚異の鮮やかさですっかり引き込まれてしまった。 :、:6つの小品(2008年12月3日、Sony、SICC887)• オーディオ機器の試聴会によく使われる音楽に、 リヒャルト・シュトラウスの 「ツァラトゥス 小生が最近はまっていることは、 30~40数年前のカセットテープに録音した音源の復活です。 ハンス・クナッパーツブッシ 今回、またまたアンプを変えました。 リサ・バティアシヴィリ/時の谺(こだま) DGへの移籍第1弾は20世紀の作品集 才色兼備のヴァイオリニスト、リサ・バティアシヴィリ移籍第1弾。

>

リサ・バティアシュヴィリによるヴァイオリン協奏曲

なお,この録音も96kHz/24bitのハイレゾでも発売になりましたので, こちらも聴いてみましたが,自然で広がりのある空間が再現され,ヴァイオリ ン・ソロもさらに緻密で演奏の細かいところまで聴き取れるようになり,さす がにハイレゾは違うなと思いましたが,反面,特にヴァイオリン・ソロの高域 がキツくて聴き疲れがし,再生方法をいろいろ変えてみたりしたのですが,な かなか改善しませんでした。 ソビエト連邦で政治的事件や抑圧によって大きな影響を受けた作曲家たちに焦点を当てた選曲。 最近、とが全集を発売したが私まだ手に入れていない。 バティアシヴィリは、 サイトによっては「バティアシュヴィリ」でしたが、 最近は「バティアシヴィリ」と表記されることもあります。 ティーレマンの起伏の大きい表現に合わせ、バティアシヴィリもより表現豊かに しかし基本となっている細部まで緻密に音楽を突き詰めていく姿勢は変わらず、 やはり圧倒的な名演であることは間違いないであろう。 2003年にはにおいてレナード・バーンスタイン賞を受賞。 DG 00289 479 6038. 注文内容確認画面で、合計獲得予定特典を必ずご確認ください。

>